NETで要点読書

Category : 市井の人
最近はゆっくりと読書をする機会が減りましたが、休日はNETで 気になるワード入力から本を検索しています。
便利なもので、気になる書籍の要点がNETで投稿されており、読書代わりにさせてもらっています。

本日は下記の部分からまったくの流用でありますが、時には良いかなと思い投稿しました。


『「あたりまえ」からはじめなさい』(千田琢哉著、星海社新書)は、

「あたりまえ」からはじめなさい

文字どおり「あたりまえ」なことの重要性を説いた書籍です。たとえば「あいさつをしましょう」「ありがとうと言いましょう」「時間を守りましょう」などなど。どれも、拍子抜けするほど「あたりまえすぎる」かもしれません。しかし、著者は言います。


断言してもいい。
あたりまえのことを、
あたりまえにできるようになるだけで、
あなたは突出できる

【成功する人がやっている10の「あたりまえ」】

1.まず自分から与える(190ページ)

もらうことを「あたりまえだ」と思っているうちは貧しいままで、豊かな人ほど与えていると著者は言います。それでもますます豊かになっていくのは、まわりに感謝しているからだとも。


2.才能がなければ進路変更する(194ページ)

「努力で何とかなると思って不幸になっている」人がたくさんいるのだそう。だからこそ、1%の才能がなければさっさと進路変更するべきだといいます。たしかに割り切りは重要ですね。


3.人生を楽しむ(199ページ)

「毎朝、遠足当日のような気分で目を覚まそう」と著者は訴えますが、それはなかなか難しいですよね。でも、こうも言っています。「もし目覚めるのが苦痛なら、ワクワクしながら目を覚ますにはどうすればいいかを考えよう」と。


4.自分を好きになる(203ページ)

成功者は成功したから自分を好きになったのではなく、もともと好きだった自分をいっそう輝かせるために果敢に挑戦しただけ。なるほど、そうかもしれません。


5.他人や環境のせいにしない(207ページ)

起こった結果だけが事実なのだから、まず受け入れて、原因は自分にもあると気づくこと。人のせいにするのは簡単ですが、本当にこの考え方は重要ですね。

さらに続きます。

6.もらい過ぎないようにする(211ページ)

分不相応にお金をもらい過ぎたら、どこかでバランスを取るために誰かにお金を奪われるのだとか。もらい過ぎないということは、過去にしがみつかないということだといいます。


7.続ける(215ページ)
一発大逆転は「やり続けた人」にこそ訪れるものだから、今から続けられることを探すのではなく、続けてきたことを思い出してみることが大切。


8.視野を広くする(219ページ)

人生で落ち込まない人はいないのだから、落ち込んだら俯瞰する。それが効果的だそうです。なるほど。


9.あたりまえのことはひとつもないと気づく(222ページ)

あらゆる問題は、感謝を忘れていることから発生する。仕事の悩みも、仕事があることを感謝するのを忘れているから発生する。失恋にしても同じこと。生きていることの奇跡を思い出せば、あたりまえのことなどひとつもないことに気づくそうです。


10.すぐ動く(227ページ)

「今日から」では遅すぎる。「今、この瞬間から」動くべきだといいます。自分に無駄な猶予を与えないということですね。


壁にぶつかったとき、この本はきっと初心に立ち戻らせてくれるはず。


私の感想は、『感謝の心・継続性・自己責任と自分次第・高望みしない』等の再認識です。

仕事だけでなく、家族や趣味の蕎麦打ち仲間との接し方にも 相通じる部分があります。

特に気になったのは、『落ち込んだら俯瞰する。
人生 幾つになっても失敗があります。
それを次があるさと片付けず、その時点で第三者の目線から 何故そうなったのか考え・分析してみる。

私の場合は子供の頃からの、慌てんぼうとチェックが苦手な性格が ほとんどの原因でありました。(笑)

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ