スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんしょくとは

Category : 市井の人
漢字に変換すると、『転職』・『天職』・『展色』とも。
それぞれの意味を、あえて検索してみました。

転職:結果的に運良くそうなった、昨年の私で御座います。

天職:正しくその字の通りです。
天から授かった職業という意味があります。本人に適性があり、なお且つ本人が意欲を持って取り組むことのできる職業のこと。と一般的には定義されています。

:材を末尾に加えると、絵の具・塗料などで、顔料を 均等に分散・付着させる媒体となる液状成分。油絵の具におけるボイル油など。


ある日の朝礼での一コマをご紹介。

とある営業がスピーチで、

『今は数字が未達で、悪い暗い表情になる時があります。』
『でも私はサッシが好きです。』
『明るい表情でサッシを語れるよう頑張ります。』
    ↓
『きっと天職と思える時期がきます。』と、上長のフォローがありました。
    ↓
『最後にはきっと、今までの苦労が実を結びます。』


ここからはネットで『天職』を検索した中からの抜粋です。

天職とは、仕事の現場でいろんな思いを抱きながら自分を鍛え、仕事を通じて繰ろうと喜びを味わい、「これぞ天職だ」と実感できること。天職を見つけられた人は、そういった実感を味わった人、境地にたどり着いた人で、そういう人が「天職」という言葉を結構使います。天職とは天命に従った職業でもある。いや、職業に限らないといった方が良いかも知れない。

 天職、それは、自分自身を最も輝かせる生き方のできる職業。才能や魅力をいかんなく発揮して、一番喜びを感じることの出来る職業。そしてそれが人の役に立ち、人からも喜ばれる生き方の出来る職業。

◆天職とは苦悩する仕事
 天職を別の言葉に置き換えてみると、「天職とは、苦悩する仕事」と言えます。苦労や苦悩が伴わない仕事は、決して天職とは呼べません。

◆天職を突き進んでいる人
 素晴らしいキャリアを築いている人には共通点があります。それは、「情熱を持って仕事を行っている」ということです。天職を見つけてその道に進んでいる人は、みな一様にして熱いです。周りを巻き込むエネルギーがあります。だからこそ、いい仕事をして結果的にキャリアを高めているわけです。

◆天職探し
 天職を探したい人は、不安と不満のどちらか、あるいは両方を持っている人でしょう。「やりたいことに挑戦したい・・・でも、不安だ」あるいは安定していても「毎日同じ事の繰り返しで単純でつまらない・・・不満だ」と感じてしまう。

 天職とは「己の損得を超えた大きな何かに貢献する」そんな仕事です。つまり、「己の損得を超えた大きなものを見つける」ことが天職を見つけるということになります。

 同じパン屋さんでも、「利益を出すために安い材料を使って口当たりの良い添加物を加えて、手っ取り早く繁盛すれば良い」と考える人と、「材料は多少高くても、食べる人の健康を考えて作り方も工夫して、流行には乗ってないが安心して食べてもらえるパンを作りたい。利益は少ないけど経営はやっていけるから大丈夫だ」と考える人とでは、全く異なります。天職は言わずと知れた後者です。

 天職を探して転職を繰り返している方は、一度「己の損得を超えた大きなものを見つける」ことをお勧めします。「己の損得を超えて大きな何かに貢献している仕事」と思えば、そう思う気持ちがあれば、どんな職業や仕事でも天職となり得るのです。


天職と転職ではまったく意味合いが違います。

私自身は天職という言葉を自分に当てはめて考えた事はありませんでしたが、今回 改めて仕事そのものを考えるきっかけになりました。

仕事を通して社会貢献とか立派な事は思いません。
自分の中で誰かの役に立ちたいという、人間本来の気持ちは多少なりとも持っています。

その為には、成功や失敗の経験を積み重ね・評価され、自分に自信が持てるようになってからでしょうか?

評価は他人 という言葉があります。
継続性のある一所懸命の姿を、回りの協力者は見ています。

『石の上にも三年』と言う言葉が古くから残って、今でも使われているのは 勤勉な日本人の国民性だからかと。

天職に巡り合えるには早い人で3~5年、長い人で10~30年はかかるでしょう。
それまでは、本人の考え方と行動があるのみです。


水面に映る桜はここまでの枝ぶりになるのは、おそく20年以上にはなっているでしょう。
この桜のように、誰からも綺麗・立派と言われるまでには時間がかかります。

水面に映る桜のように


今日 初の出勤を迎えるであろう多くの新入社員と、ある若者へのエールを込めて 本日の投稿としました。

Comment

honeycamiyaさん 有難う御座います。

若者へ贈ったつたない私の仕事を通した人生観でありました。
失礼をお詫び致します。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。