スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残る伝統と文化

Category : 秋田・東北
先週末に秋田県湯沢市の実家に帰省した際に、兄から聞いたのは7月3~4日(木・金)に東京神田に出張との事。

聞くと湯沢市の商工会関連からの依頼で、 第12回 神田・秋田湯沢絵どうろうまつり (神田駅西口商店街振興組合 主催)  に、湯沢市の特産品の川連漆器の生産者としてPRに行くようです。
(その内容は、千代田区観光協会さんのHPから。)

更に調べると、神田・秋田湯沢絵どうろうまつり は 【神田駅西口商店街振興組合 主催】 である事が分かりました。

何で秋田の田舎の 湯沢市 と 千代田区神田 で ? 関連が思い浮かべません。。。

まずは【湯沢絵どうろうまつり】は、

秋田、湯沢市を治めた佐竹南家が京より姫を迎えた折に、 あまりの静けさに、灯篭に日本画を書き京を懐かんだことが始まりとされています。 (湯沢市HPより借用)

七夕絵どうろうまつり

この 絵どうろうまつり 高校時代は部活動の帰りに、自転車で走りながら眺めていました。
開催日は 関東と違い田舎は旧暦ですから、毎年8月の5~7日の3日間 です。

秋田雄勝道の駅「小町の郷」には、正面玄関に絵どうろうを展示しています。

道の駅雄勝

--------------------------------------------------------------------------------

その昔 佐竹家の上屋敷が神田にあったことが、湯沢市と神田を結びつける接点でした。
秋田(久保田)藩の藩主は佐竹氏で、室町時代以来の常陸守護の家柄であったが、関ヶ原の戦いにおける挙動を咎められて出羽国(後の羽後国)秋田へ移封されたんです。

湯沢市役所の住所は、  秋田県湯沢市佐竹町1番1号 と 佐竹 の名前が残っています。
奥羽 羽後の国の住民にとって、京都や関東に近い常陸の文化は 畏敬と尊敬の念で あったんでしょう。

兄の従事する地場産業の 川連漆器 は、そんな歴史の中で800年も伝統が継承されてきたんです。


今夜のNHKのゴールデン番組は、『NHKスペシャル シリーズ故宮 第1回「流転の至宝」』でした。
漆器作りの家に生まれ育った私は、造詣や物造りが好きです。
自分では何も出来ませんが、興味があり録画しました。

仕事の都合もありますが、行けるようなら 兄の応援も兼ね 約40年振りに 絵どうろう に再開したいと思っています。


この投稿はいつもの予約投稿でして、休日も早起きの私はブラジルvsチリ戦をTV観戦しながら作成しました。(笑)
両チームの激闘は素晴らしく延長戦でも決着がつかず、最後はPK戦で開催国ブラジルの勝利。
最高レベルの技術をベースに、国の代表として誇りを持って闘っている選手達は、最後に精根尽き果てていました。
そんなプレーを感動しながら観戦しました。

今はコロンビアvsウルグアイ戦を放送しています。
PANの催促の声が一階から聞こえてきましたので、そろそろ散歩に行くとしましょう。
スポンサーサイト

東京のゲリラ豪雨と雹

Category : 市井の人
梅雨も本格的でまだまだ続きそうです。

気象庁のHP 2014年 梅雨明け速報 を見ると、まだ沖縄しか梅雨明けしていません。
関東甲信地区は例年は7月21日が梅雨明けで、昨年は7月6日だったようですから、後1~3週間で折畳み傘を毎日持って通勤するのが終わります。

そんな毎日ですが、通勤途中の楽しみは 割烹あづまさん の紫陽花です。

良く手入れされており、咲き始めの一ヶ月以上前から 眺めています。

割烹あづまさんの紫陽花

こちらも楽しみですね。
同じく通勤途中の里芋は 太陽と雨の自然からの恵みで、日々生長しているのが分かります。

2014年6月通勤途中の里芋の生長


そんな中で火曜日24日は、車で支店訪問をしておりました。
14:00頃 調布市の支店で落雷の光と轟音。窓ガラスを叩く雨の強い事。車の運転も危ないような視界になりました。
一時間ほど様子を見て支店を出発し、調布市~三鷹市~武蔵野市~練馬区へと移動です。

雨脚がまだ強い 15:00過ぎの調布市深大寺付近の道路です。
歩道が何故か白いのでビックリ。

20140624豪雨でした

とっさに この時期何故? と思った雪国出身の私でした。

後でTVで見ると 24日午後2時半ごろのゲリラ豪雨と、東京・多摩地区(調布市・三鷹市)などで降った雹でした。
通行止めや車が冠水してしまった様子が放送されていました。

そう言えば私が通った道路もやや冠水し、低速運転の箇所が何箇所かありましたから。

異常気象が多くなりましたが、急な天候の変化に対応する用意は欠かせません。
それにしてもアスファルトに覆われた東京は水はけが悪く、急な豪雨には予想外の状況になります。
結果論で 今回は私は被害はありませんでしたが、そういう時はあまり動かないのが得策なんだと感じた次第です。

2014年6月の秋田のご馳走

Category : 秋田・東北
今回 秋田と岩手の北東北で食べた物をご紹介したいと思います。(前半は携帯撮影なのでピンズレはご勘弁を)

深夜に自宅を出発したので、世界遺産中尊寺に近い岩手県前沢SAに到着したのは朝方の7時前でした。

岩手前沢SAでは

まずは SAのレストランの7時開店を待って、朝食にさせてもらいました。
前沢と言えば  です。朝からガッツリこちらにさせてもらいました。

岩手前沢SA前沢牛の牛丼でした


お次は秋田県湯沢市で一番有名な麺屋さん。マスコミにも良く登場しています。

秋田県湯沢市で一番有名な麺屋さん

日本三大うどんに列せられる、稲庭饂飩の冷やでした。

稲庭饂飩でした

6月の普通の日曜日でしたが、田舎の町には珍しく行列待ちの大混雑でした。


今回の道中で一番美味しかったのは、実家で頂戴したこちらの煮付けで御座います。
東北名産の 根曲がり竹(チシマザサ) が主役です。

根曲がり竹の煮付け

聞くと前日に岩手の県境に近い 東成瀬村の山 から、兄が採ってきたばかりのようで兄嫁が用意してくれていました。

お土産に根曲がり竹の缶詰もお土産に頂戴し、兄夫婦の気遣いに二重の感謝であります。


ご近所さんや会社用のお土産目的で寄ったのは、定番の道の駅十文字でした。
自宅用に購入したのは、山菜の山ウドとわらびです。

道の駅十文字で購入

貼ってあったのは、山ウドの穂先の調理方法の説明でした。

山ウド穂先の調理方法の説明

よくよく見ると、手書きのレシピです。 翌日 天婦羅で頂戴し、美味しく頂きました。

ちょっと脱線しますが、こちらと一緒に味わっております。(娘に感謝です。)

2014年の父の日に


三回忌を兼ねた墓参りでかつ強行軍で帰省したので、食事と休憩以外は観光地には何処にも寄りませんでした。
しかし 田舎の出身者の私としては、兄夫婦からのご馳走や地元の山菜で故郷の味を楽しめたのと、田舎の風景を振り返れたのが一番のご馳走だったと思います。

往復1,100㌔の運転でしたが一人で行くのとは違い、家族と一緒でしたから精神的は疲労は少ない道中でした。

この投稿が予約時間に公開される頃は、コロンビア戦の後半が終了間際のはずです。
通勤電車の中で携帯画面から情報を入手し、声を出さないよう応援したいと思っています。

2014年6月の秋田

Category : 秋田・東北
週末に秋田の実家に駆け足で帰省してきました。

父が亡くなって早二年となり、三回忌の法事は命日である27日金曜日に行うとの事。
関東でしたらサラリーマンが多いですから前もって休日に行う事が多いと思いますが、田舎の事ですから致し方ありません。
家族揃って行こうとすると平日では無理があるので、その前に行ってきた次第です。

家族三人なので起伏とカーブの多い一般道は避け、東北道~秋田道の高速道を選びました。
岩手の北上から横手経由の片道550㌔コースで、運転は頑張ってお父さんである私の係りです。

梅雨時ですから途中の北関東から南東北まではほぼ雨で、北東北の岩手に入ると雨も上がり、秋田は終日曇り空でお天道様に感謝です。

深夜に出発したので朝方に到着し、実家に寄って簡単に挨拶してから まずは墓参りです。
それから実家に戻り仏壇に手を掌わせてから、やっと腰を下ろして落ち着きました。

亡き父母が好きだった実家の山々です。曇り空の東山の景色は緑一色。

201406秋田の東山


西山方面は前景の田んぼは、一ヶ月前に田植えが終わったような感じでした。

201406秋田の西山

一年振りの秋田はずっと変わらない、何処にでもある日本の田園風景のままです。
そこでは何十年と変わらず、農家さんや地域の人の毎日の営みが行われています。

実家の兄夫婦は60代。
弟の私が言うのも何ですが、長男夫婦として祖先の供養を大事にしてもらっています。

信仰とか行事と大袈裟な事でなく、日本の日々の暮らしの一コマとして、子供や孫に受け継がれるだろうと改めて思った2014年6月の秋田でした。

満天☆青空レストランに登場

Category : 地元吉川市
土曜日夕食時の我が家のTVチャンネルは決まっていて、同じ番組を家族全員でほぼ見ています。

18:00からの テレ朝【人生の楽園】 と 18:30からの 日テレ【満天☆青空レストラン】です。

共通点は
①ドラマではなくノンフィクションの内容で、タレントでない普通(市井)の人が登場する。
②全国各地の各地の名産品や観光地の紹介も楽しいが、関わる人物が自分の仕事に誇りや自信を持っているのが、自分自身に置き換える事で『もしかしたら。自分も。。。』と励まされる事もある。
③それぞれの【案内人】西田俊之&菊池桃子と【MC】宮川大輔が、程よい味で脇役に徹し、主役の一般の人を邪魔しない。

どちらも親近感が沸く番組なので、今の仕事は隔週土曜日休みの為、奇数土曜日に関しては録画予約をしています。

さて今週土曜日21日の 満天☆青空レストラン 埼玉編 です。(先週の予約案内で分かりました。)

取材地は 地元吉川市 でした。

番組の内容は、吉川市の名産、実は高級な「なまず」をメイン食材に紹介し、ゲストは武井壮だそうで 吉川市と言えばご存知 北斗ファミリーも番組に乱入のよう。

吉川市の公式イメージキャラクターは『なまりん』。なまずを食べる食文化が残っています。
私は秋田の子供時代に、自分で捕ったのを亡き母に調理し食べましたから違和感はありません。

イメージキャラクターは『なまりん』。

地元が夕方のゴールデンタイムに紹介されるのは嬉しいものです。(今回は仕事なので録画予約を)


また 6月29日(日)には、よしかわマルシェ&朝顔市が開催されます。

よしかわマルシェ

もしかしたら なまりん に会えるかもしれませんよ。

地元 吉川の紹介投稿でした。

老舗【玉河】で一息

Category : 立川市・東久留米市
昨日のコートジボアール戦は、日本全国で応援したかと思いますが惜しかったですね。

連休で時間があったので、やっとまとめる事が出来ました。お酒関係は二ヶ月ぶりの投稿ですね。

仕事が早めに終わった日は、得意な 自分へのお疲れ会の名目 で外飲みも時々です。
寄ったのは立川駅近くの『玉河(たまがわ)』で、地元の居酒屋さんでは老舗の大型店です。

玉河とお通し


こ洒落た店ではないので、年齢層は私前後が多いような。
玉河① 玉河②


寄ったのは確か二回目だったので、まずは無難な居酒屋メニュー定番のポテサラからです。

玉河ポテサラ


メインはこちらでした。

玉河の刺身

こうなれば泡系からこちらに変更です。

泡系からこちらに変更

一緒したのは私より30代以上年齢差がある職場の新人営業のN君でした。
彼のお父さんは私より若干年下のようですが、玉河のようなお父さん達の店に彼が合わしてくれました。
そうそう同席してくれた事にも感謝しないといけませんね。

会話は仕事や趣味の話しで私の体験談が多かったような。
仕事は『聞く事が大事』と最初に言ったのが効いたのか、私の話すのが多かったと思います。

お代は本来なら私がお誘いしたので、全て出すのが道理ですが彼も一応社会人です。
割り勘ならぬ、年齢構成分負担と言う事で二割ほどN君に負担してもらいました。
因みに彼は一杯。(今どきの若者の傾向で、彼もあまり飲まない?飲めない?)私は四杯でしたから当然ですかね。


自分へのご褒美で小一時間ほどの寄り道でしたが、時には家族への感謝の気持ちで、も買って帰ります。

玉河の後は

お店定番のシュークリームではなく、ショート系を四個購入させてもらいました。
一個が各々大きかったので食べ終わるのには、確か三日間かかりました。

家族からは有難いけど、大きいから半分にするので二個が丁度との声でありました。。。

花の色で応援

Category : 市井の人
芝桜の後の前庭はラベンダーが主役でした。
梅雨の長雨ですっかりダメになり、カットししましたからすっかりはげ坊主になりました。

2014ラベンダーはげ坊主

玄関先の色味が寂しくなりましたから、そこでいつものトマト農園で購入したのは、紅白の日日草にブルーのペチュニアです。

紅白の日日草にブルーのペチュニア

気持ちは10:00キックオフの、ワールドカップ初戦に日の丸を背負う侍ブルーの応援ですから。

bnr_image_01.jpg

頑張ろう東北


さて 植え替えしていると、柚子の木の近くに影が。。。

柚子の木の近くに影が

揚羽蝶が柚子に産卵していました。1㍍くらいに私が近づいても逃げません。

揚羽蝶が産卵していました

そういえばこの柚子坊君が巣立つまで見守りました。

そういえば子の粉が巣立つまで見守りました。

もしかしたら、成長して戻ってきたのかとも。淡い自己満足ですかね。


そして苺の親株からランナーが出て子株・孫株と成長してきました。

苺の親株からランナーが出て子株・孫株と成長してきました。

生あるものは単純・純粋に、次の子孫を残そうとしています。

沖縄沖の赤い国旗の国とのトラブルや、戦後70年近く護ってきた憲法の行く末問題 と気になる事があります。
戦前・戦中経験をしてきた父母をから、当時の大変さを聞いて育った私としては、国と国との争いはスポーツだけの世界で終わって欲しいと願っています。

前職の同窓会

Category : 市井の人
6月のとある日に、昔の上司への『感謝の会』がありまして都内に行きました。

会場は銀座のお店で、結婚式の2次会や貸切パーティに使用されるようなインテリアでした。

20140609銀座にて

料理は黒豚の和風出し汁しゃぶしゃぶ(HPより借用)等

黒豚を使用した美彩しゃぶしゃぶ和風出し汁

さてこの投稿はお酒や料理が主役では無いので、画像はここまでにしておきます。

私が前職時代の10~18年前の40代に、一緒に仕事をした多くの仲間が集まりました。
私は退職者ですが、現役メインの参加者の会に声を掛けてもらって まずは感謝です。

このブログの存在を知っている参加者が何人かいて、『最近の投稿は少なくなったね。』とか『チェックして元気な様子を確認しているんですよ。』と、見てもらっている事も感謝です。

さて 主役の元上司は18歳で九州より上京してから、約50年近く無事勤め上げた方で、最後は副社長~顧問とサラリーマン人生をまっとうされました。

主役は会社が創業して間もなく中小企業に近い時代に入社し、上場企業に規模拡大する歴史をつぶさに体験されました。
その間に統轄支店長として10年近い単身赴任や、時には不遇の時代もあったようです。
色々な事を経験された方でしたので、リーダーとして厳しさと甘さを使い分ける両面を持っていました。

部下に対する指示の基本は、『信頼して任せる。責任は俺が取る。』と言う大将タイプだったと思います。
当時の部下の私の仕事は、統轄支店の戦略スタッフとして千人規模の組織の方針策定や、ライン長への戦略指導がメインでした。
部下にノビノビ仕事をさせ、威圧的でなく若い社員や女性にも優しい方でした。
反面 行動・実践しない部下には、厳しい評価・判断をしました。(当たり前ですけど。)
だから部下や周りからの評価は色々とあったようです。

この日の会話は近況報告や昔話と、主役を軸とした同窓会のような内容でした。
集まったメンバーは不定期に会っている仲間もいれば、何年ぶりに再会した元同僚もいました。
皆の様子から多くの元気をもらってきました。
そして後輩達の多くが、前職の会社でそれなりの肩書で内容の濃い仕事をしているのは嬉しい限りです。

前職を離れ現職になってから2年近くなりましたが、この会に参加して自分の当時の仕事を振り返り、今の仕事への糧になりました。

今は何時もの早起きで、ゴルフとワールドカップを交互にチャンネルチェンジしながらこの投稿を作成しています。
当分は寝不足で体調不良にならないよう、コントロールしないといけませんね。

2014入梅

Category : 市井の人
入梅しても雨に負けない花はご存知 紫陽花 です。
通勤途中やPANとの散歩の最中に、多くの紫陽花を見掛け楽しんでいます。

201406紫陽花

とある所に、ツルの木にこんな物がぶら下がっていました。

201406あけび

携帯カメラなのでピンズレですが、子供の頃に山で見掛けたあけびの小さな果実です。

こちらは同じ場所で、昨年の11月初めの頃に撮影。

201311あけび

子供時代から50年近く経ってから懐かしいのを見つけるのも、散歩や徒歩通勤の賜物と思っています。
うっとおしい長雨は当面続きますが、少しでも楽しみを持ちながら季節を楽しみたいですね。

花ゆず2014年5~6月

Category : 市井の人
一昨日から入梅した関東は昨夜の気温が21℃と、真夏日の先週が嘘だったように春に逆戻りしました。
気温の変化にも負けず頑張っている、我が家の生り物に本日は登場してもらいます。

2011年1月に家内が購入してきた実付きの花ゆずは、5シーズン目に入りました。

花ゆずでした。


2シーズン目の2011年6月には、小振りながら新芽が頑張っています。

201106花ゆず

9月にはある程度の大きさまでに成長し、

201109花ゆず

11月には最終的に確か4個を収穫出来ました。

今年で2シーズン目の花ゆず

さぁこれからと思った3~4シーズン目は、開花した花が結実前段階で落ち収穫ゼロでした。
「桃栗三年柿八年」の後に、「梅は酸いとて十三年」「柚子は九年でなりかかる」「柚子は九年の花盛り」「柚子の大馬鹿十八年」と昔から言われていますから。

今年の状況はと言えば、5月24日時点で小さな実が付いています。

2014花柚子の実

一週間後はこんな感じにちょっとは小粒と言える大きさになり、現在10個強はあります。

201406柚子

そして今年も彼らがやってきました。

201406柚子坊

柚子の葉を食べて成長するので、通常は産み付けられた卵の段階で駆除しています。
流石にこの大きさになると駆除を止め、孵化するまで応援しないといけませんね。
柚子坊君はこの姿で三日ほど若い葉を食べ、巣だっていきました。

『何事も成し遂げれるまで年月がかかる。』の例えは分かっていても、今シーズンの柚子はどうかなぁとこれからも毎日楽しみにしています。

今日は第一土曜日なので出社ですから、防水対策は充分にして出発します。

201406ラベンダーと沈丁花

Category : 市井の人
急に気温が上昇し、週末は半袖モードになりました。

二週間前にアップした我が家のラベンダーも、時期的に満開になりました。

201406ラベンダー①

ちょっとアップでご紹介します。

2014ラベンダー②

2014ラベンダー③

これから日中は蜂が蜜を吸いに集まるでしょう。

さて ラベンダー後方の低木は初めて紹介しますが、ご近所さんから引越しして間もなく頂戴しました。

201406沈丁花①

名前を直ぐに忘れてしまっていましたが、ジンチョウゲ(沈丁花) でジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木だそうです。

2月末ないし3月に花を咲かせることから、春の季語としてよく歌われています。

ユーミンの 春よ、来い[歌詞]  にも登場。

淡き光立つ にわか雨
いとし面影の沈丁花
溢るる涙の蕾から
ひとつ ひとつ香り始める

この歌を聴いて、いつも沈丁花の名前を思い出します。(笑い)
毎春咲きますから、来春の開花時にはアップしてみたいと思います。

201406沈丁花②

今日はこれから蕎麦打ちの補習日ですから、半袖ポロ姿で打ってきましょう。
喉越しが良いように長芋を用意して、とろろ蕎麦にしようと思っています。
プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。