多摩地区の麺

Category : 東村山市近辺
ランチ場所を探して調布・府中や東久留米・小平から八王子までの東京多摩地区を走行すると、街道筋は駐車場のあるラーメン屋さんが多いと思います。

地域的に客層は私のような肉体労働者?の比率が高いせでしょうか。

今回もご他聞に漏れず、寄ったのは東京多摩地区・埼玉県を中心に10の店舗を展開している、【南京亭東大和新青梅街道店】。

南京亭東大和新青梅街道店


お仲間は、南京亭タンメン&豚肉丼。

南京亭タンメン&豚肉丼

私はつい ラーメン&炒飯 でした。

南京亭ラーメン&炒飯


セット物ですから、高カロリー&予算オーバーが心配ですね。


ご心配なく、どちらもミニ&ミニのサイズですから。

ミニサイズのラーメン

武蔵野うどん の地区なので、地元のうどん屋さんをいつかご紹介しましょう。


35年来の仲間と

Category : 市井の人
35年来の仲間である入社同期の集まりが、土曜日の夕方からサラリーマンのメッカ神田でありました。

昭和53年に入社同期した50数名は、企業で定年まで勤め上げるのが少なくなった昨今 現在までL社に在籍しているのは3割弱となりました。
この現象は大手・中小の規模に関係なく、終身雇用制が変化した最近では一般的ですね。

世帯主ともなると本人の事情だけでなく、家族(父母や奥さん・子供)の都合や仕事の内容や立場の変化等 色々と諸事情がありますから。

この日は関東在住の11人が集まりました。
内 同じ会社に残った現役は5名で、残り6人は既に退職したメンバーです。

中には入社の時以来で35年振りに会った仲間もいましたが、お互いの共通体験である直ぐに入社研修時の思い出話しから打ち解けましたね。

会社を離れても青春時代に『同じ釜の飯を食った仲間』の絆は深く、もはや見るからに中年で口数が少ない世代のはずなのに、この時とばかりに会話は弾みます。

もしかしたら、家族との会話が少ないのでは・・・?とつい思ったほど。

各自の近況報告を隣同士でバラバラにし始め、聞いている聞いていない状態になりました。
幹事役がし切って一人一人が1分間スピーチ方式となり、やっとお互いの状況が分かりました。

共通点は流石に大人で、多少はあっても現役・OB共にL社への不満や悪口等は言わない点。
こういう事が長続きの一つと思います。
誰もがL社が上場企業にまで成長したプロセスの一役を担ったという、誇りやら愛社精神も残っていますから。

年末年始で忙しい時期を避け、毎年11月に集合で決まりました。

永久幹事役のI田さん、
『今回 有難う御座いました。来年以降も宜しくお願い致します。』

最後に恒例の集合写真。(私はいつものカメラマンでしか当然入っていません。)

集合写真20121124 ヘアスタイルで年齢は隠せませんね。

さてお店は 上海厨房 神田東口店

ちょっとは料理の紹介をしましょう。

楽しい会話の邪魔となるので、前菜と

上海厨房前菜

メインの 北京ダック くらいしか撮影しておりません。

上海厨房北京ダック

土曜のせいもあり、飲み放題食べ放題で何とお値段は2680円ほどだったような。

ビジネス街なのでウィークデイなら混雑するのが普通ですが、他に来客はなく最初から最後まで私達で貸切状態。
お店にとっては良かったのか悪かったのか分かりませんが、満足のひと時となりました。

結果的に二次会のカラオケボックス代のほうが高くつきました。
神田駅近くという事で、場所代なんでしょうね。


旬と煮物系

Category : 蕎麦打ち
連休最終日は天気が良く、お出掛けの方も多かったのでは。

蕎麦打ち会は会員と生徒さんで30名近く集まり、皆さん新蕎麦が楽しみなんですね。


まずは相澤さんと西脇さんの料理は、旬の食材をメインにした煮物系。

相澤さんと西脇さんの料理は煮物系

和テイストに白ワインテイストと、それぞれ違った味わいでした。

西脇さんのもう一品は林檎とサツマイモの黒砂糖煮。

林檎とサツマイモの黒砂糖煮

最低限の調味料で素材を生かした、お子さんのおやつにも良さそうな優しいお味でした。

時期的に佐藤忠さんと上條プロの差し入れもありましたね。

佐藤忠さんと上條プロの差し入れもありました。


今回も高橋さんのお蕎麦をご紹介しましょう。

高橋さんのお蕎麦

約30人で500㌘の二八を九鉢分打って、大人の取り合いのような状況で(笑い)あっと言う間に完食でした。
やはり 新蕎麦ならではの香りと甘さは、国産ならでは美味しさですね。


最後に 来週は24名の生徒さん対象の、『そば打ち体験講座』。

吉川市 市民活動サポートセンターブログ にも紹介されています。

市民活動サポートセンターブログ蕎麦打ち

蕎麦打ち会のメンバー、気合を入れて臨みましょう。


蕎麦打ち男

Category : 蕎麦打ち
前回、蕎麦打ち体験教室の申し込みが即定員オーバーとお知らせしました。
どうやら団塊世代の申し込みが多そうです。

たまたま最近読んだのは、残間里江子『それでいいのか蕎麦打ち男』。

それでいいのか蕎麦打ち男

趣味ではじめた蕎麦打ち男はいつか仕事をやめて蕎麦屋を開きたいなどといいだす。しかし上野藪蕎麦の当主は、「蕎麦打ちがうまくても駄目、汁もつくる、天ぷらも揚げる、デザートもつくる。みんなできなくてはならない」と。蕎麦打ち男ではなくても、その気があればまったく未経験でも本気で商売としてやっていく気さえあれば一月の養成講座で蕎麦屋が開けるという。要はやる気であると。資金計画から、厨房の設計設備、仕入先の知識、種々の蕎麦の作り方、簡単な一品料理の作り方、すべてが必要と。趣味の世界は社会との繋がりがない。商売の世界は社会の中にある。その違いである。


「蕎麦打ち」、「NPO」、「陶芸」、「世界遺産巡り」という、団塊の男たちの“逃げ込み場”。「ヨン様の追っかけ」、「孫転がし」という、団塊の女たちの“逃げ込み場”。
 そんなものに興じている場合ではない、主役に踊りでる最後のチャンスではないか、というのが本書のテーマだ。

2005年に発刊された当時、「団塊」と呼ばれた700万人が一挙に定年を迎える状況で。日本の高齢化社会が本格的に到来。
団塊世代に喝を入れる辛口エッセイ。 でした。。。
 

団塊世代の後塵を拝する私としては、団塊世代の方もそうですが、その前の戦中~戦後世代の知り合いも沢山います。

諸先輩が元気でそして継続的に家を留守にする姿を、将来(定年後ですが)見習おうと思っています。

私自身 素人蕎麦打ちを15年近く継続してきて感じる事は、技術論を抜きにして 蕎麦打ちを含めた趣味への取り組み方に色々なタイプの方がいるなという点でしょうか。

会員で実際にプロになった方は【北浦和 寶】の上條店主のように一名いますが、会員として入会され素人蕎麦をされる方は様々のようですね。

蕎麦打ち以外に農地豊富な吉川ならではの家庭農園や、ハイキング・グランドゴルフ(本格ゴルフも)と多趣味で股間を有効活用されている方。
蕎麦打ちを極めようとして、打ち方や材料を独自に研鑽されている方。
蕎麦打ちくらいしか趣味がなさそうな方。(失礼ながら。。。)
入会したものの、蕎麦打ち以上に他の趣味が楽しくなったようで退会された方。
個人での生き方が長くかったり自己主張が強くて、組織的な会の運営に付いてこれなかった方など。。。

そして健康を害し、残念ながら継続出来なかった方。

企業利益第一目標でルールで縛られていた会社時代と違い、定年後は社会や近所のルールを守りながら何をするのも個人の自由です。

そんな中で 私自身が今後も気を付けたい事は。

日頃のストレスからなのか自分の事だけを話して、相手の話を聞かない。
そして全員が集中しないといけない時に、動いたり話したり。
相手が飽きるだろう蕎麦薀蓄を長く語ったり、極端な例では孫子の自慢話。

振り返ると 誰もが子供の頃によくお母さんに言われただろう、
『人様には迷惑を掛けないように!!』とまったく同じでした。

独り言でした。。。


鮭の日

Category : 蕎麦打ち
先週末に新潟で 酒のヒラセさんに寄って この時期恒例の、
日酒造季節限定酒 の【ゆく年くる年】の案内を入手しました。

2012ゆく年くる年

蕎麦打ち会の皆さん、次回(11/25)まで申し込み受付しますよ。

その際に無理言って、鮭の回帰で有名な新潟県村上市産の〆張鶴の酒粕も頂戴していました。

そして本日 11月11日 は鮭の日なんだそうです。
:村上市が1987(昭和62)年に、大阪市中央卸売市場「鮭の日委員会」が1992(平成4)年に制定。
これらとは別に築地市場「北洋物産会」も制定。
「鮭」の旁の「圭」を分解すると「十一十一」になることから。


本日の蕎麦打ち会にて料理当番でしたので、せっかくなので酒粕と鮭を使ったレシピにしよう。。。
『さけ』で語呂合わせも意味もありましたが、季節の旬も考えましたよ。

鮭の酒粕煮にしました。(予算の関係で鮭は小さな一切れでしたけど。)

鮭の酒粕煮

もう一品も酒粕を使い、生サーモン漬けにしました。

生サーモン漬け


八下田さんのニラ・ベーコン炒め は、毎回料理上手の声が。

八下田さんのニラ・ベーコン炒め


当然 新蕎麦も美味しく、久し振りの高橋さん蕎麦に感激でした。

久し振りの高橋さん蕎麦に感激


吉川市民活動サポートセンター主催、12月2日(日)の『そば打ち体験講座』。
今月初めに広報に掲載された途端に、24名の申し込み定員に達したようです。

12月2日(日)の『そば打ち体験講座』

団塊世代の蕎麦打ち人気を反映しているようです。

蕎麦打ち会例会投稿ですが、酒の内容がメインになってしまいました。
奥様方ご安心下さい。
会員の平均年齢アップに伴い、申し込み本数も減少傾向ですから。


谷川岳ロープウェー

Category : 新潟
谷川岳ロープウェイ へ
は一度は行った方が多いのでは。

谷川岳ロープウェィロゴ

会社名は谷川岳ロープウェー㈱なんだそうです。


先週末猿ヶ京温泉に宿泊した翌朝、早めの時間帯に初めて行ってきました。
お陰様でまだ渋滞もなく、駐車もロープウェイ乗車もすんなりでしたね。

谷川岳ロープウェー①

谷川岳ロープウェー②

谷川岳ロープウェー③

谷川岳ロープウェー④

谷川岳の頂上は生憎の雲で見えませんでしたが、それなりの山の様子でした。
谷川岳ロープウェー⑤

麓ではまだまだ紅葉が綺麗でしたが、標高千㍍を超えるあたりから雪があり、1,319㍍の天神平駅はすっかり冬山モードでした。

防寒着で登山靴スタイルの方もいれば、ちょっと上着を羽織った方まで色々でしたが、天神平駅には無料のゴム長貸し出しで誰でもが雪道を歩けます。

車とロープウェイで簡単に『日本百名山』の中腹まで行けるのが人気の一つなんでしょうね。
ちなみに下山した昼前には、麓の駅ではTDL並みの行列が出来ていました。

谷川岳ロープウェイ のHPでは毎日画像を更新しており、本日は寒そうなガス模様の雨時々雪のようでした。

20121110-今日の天神平

これからはスキーシーズンに入るのでしょうが、晩秋の紅葉から初冬への変わり目の時期に行く事が出来ました。 

2012紅葉

Category : 新潟
今シーズンの本格的な紅葉見物は無理かと思っていましたが、急遽 先週末の連休に家族で新潟~群馬へ行ってきました。

新潟の義母への感謝と紅葉見物を兼ねて、新潟県内の主要温泉地(湯沢・六日町・十日町)を検索すると

宿泊予定日が祝日なのでそこそこのお宿の空き状況は無しで一旦諦めましたが。。。


お隣の群馬を検索してみて、猿ヶ京温泉 の【湯豆のやど本伝】を予約出来ました。

埼玉~群馬~新潟~群馬と500㌔程ドライブして、本伝さんに到着しました。

本伝到着正面

玄関先の紅葉が迎えてくれ、

本伝玄関先の紅葉

庭の紅葉も綺麗でしたね。

本伝庭紅葉

夕食の前菜も落ち葉と紅葉色の盛り付けが季節感タップリ。

本伝料理前菜も紅葉色

和牛の朴葉焼きも温泉宿泊ならではでした。

本伝朴葉焼き


館内は古き昭和を感じる懐かしい木製建具に鍵とレトロな感じで、

本伝レトロ

インテリアも和風な手作り風で、決して豪華ではないけど落ち着きました。

本伝インテリア

驚いたのはピカピカに磨かれた廊下だけでなく、あまり目の届かないであろう建具の桟や鴨居等に埃がありません。

全18室の小さなお宿なので、毎日のお手入れがされているんでしょうね。

ネットでもそこそこ評価の高いお宿で、たまたま夫婦の誕生日でもあり満足した休日になりました。


宿泊の翌朝は朝の散歩がお決まりで、近くの三国路与謝野晶子紀行文学館に寄りました。

与謝野晶子紀行文学館ロゴ 与謝野晶子紀行文学館外観

与謝野晶子紀行文学館紅葉
白壁に紅葉は映えますね。


ほんのちょっとで赤谷湖にかかる赤い水管橋に行けます。

赤谷湖にかかる赤い水管橋下の紅葉①


橋から眼下の紅葉にも満足。

赤谷湖にかかる赤い水管橋下の紅葉②

朝の六時台なのに、もうカヌーが湖面に浮かんでいました。
赤谷湖にかかる赤い水管橋下の紅葉③

散歩のお陰で程よくお腹も空き、朝食も美味しく頂戴して自慢の自家製「本伝みそ」を使った味噌汁はお代わりさせてもらいました。

出発しようと車を見ると、ウィンドウには朴葉が落ちていましたね。
ウィンドウには朴葉

前日食べた朴葉焼きを思い出し、地産のお宿と改めて嬉しく思いました。


そば打ち体験講座

Category : ボランティア活動
麺好きの吉川市民の皆様 そば打ち体験をしてみませんか?

失敗の少ないうどん打ちと違い、そば打ちは上手く繋がらずバラバラになって難しいというイメージがありますよね。

そういう不安や失敗経験がある方でもご安心下さい。
出来上がりは保障させてもらいます。。。

小学児童さんから年配の方まで、幅広い年代の皆さんへの指導経験がありますし。

吉川市民活動サポートセンター主催で、12月2日(日)開催の『そば打ち体験講座』です。

12月2日『そば打ち体験講座』

ボランティアなので色々と特典があります。
◎北海道産の 香り・味良い 新蕎麦の予定。
◎費用は実費の2,100円と半額。(他では3~4,000円ですよ)
◎生徒さん二人に講師は一人の予定。(他では生徒さん五人程)

【問合せ・お申し込み】
吉川市市民活動サポートセンター 
℡ 048-984-1888 ※開室時間 10時~17時


会員の皆さん
参加された生徒さんがたが、笑顔でお帰りになれるよう頑張りましょう。


生徒さん満面の笑み

Category : 蕎麦打ち
一ヶ月ぶりの蕎麦打ち定例会でした。(前回は秋田と奥入瀬で欠席)

生徒さんは出始めた新蕎麦で腕試しです。

中でも生徒の古川さんは満面の笑みですね。

生徒の古川さん満面の笑みでした

理由は切り終わった残りが真っ直ぐで、この段階になったのは初めてとの事。

切り終わりが真っ直ぐで

確かに残りはほぼ平行になっており、無駄の無い上出来な切り方でした。
慣れない素人は最後まで真っ直ぐに切れないのが普通なんですよ。

意識を持って取り組んだ事がこういう結果になったんだと思います。
教える立場としては嬉しい事ですね。

本人曰く、延しの段階で角だしが今一つだったのがまだまだ課題との事で、こういう気持ちがあればまだまだ上達するでしょうね。


メンバーも負けじと、『別名:天婦羅名人小松庵』こと小松さんの蕎麦。

小松庵の蕎麦

細めなので微妙な茹で加減で、プロ並みの出来上がりになります。


料理は当番のお二人ともご自宅で下拵えしてきたようで、その力の入れようには参りました。 

まずは料理上手の 梅澤さんの里芋ウィンナー炒め に、

梅澤さんの里芋ウィンナー炒め


中華のプロ 佐藤さんの大根と豚バラ煮 でした。

佐藤さんの大根と豚バラ煮

大根(米ぬかで下茹で)・豚バラ(下拵え)と柔らかくする為前日から仕込んだようで、仕上がりは柔らかかったですね。


さて 10月27日(土)に同じく佐藤さんが、吉川市民活動サポートセンター主催の『ギョウザ作り体験講座』にて講師として活躍しました。
30人を超える参加者で大盛況だったようです。

翌日 早速アンケートの集計が出来たようで拝見しました。

あて先は『炎の中国料理人佐藤様』となっており、かなりの高評価でした。

炎の中国料理人佐藤さん

ご自分の培った技術を多くの市民にボランティアで教え、生徒さんに喜んでもらえ素晴らしいですね。

蕎麦打ち会員も体験講座の先生になりますよ。

次回に12月2日開催予定の『そば打ち体験講座』をご紹介したいと思います。


プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいる元サラリーマンです。(2018年6月初旬に定年退職済⇒7~8月に再就職活動予定)
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
Galaxy Feel SC-04J

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ