桜と蕎麦

Category : ランチの部
気象庁から今日31日東京での桜の開花が発表されました。

二日前に都内中央区のミニ公園の桜はまだまだでしたね。

中央区ミニ公園の桜

その桜の木の下には、一週間以上前からこのように花見の予約が。

一週間前から花見の予約

会社名と日時がハッキリと書かれています。
まだまだ残る日本の季節の風物詩でありました。

明日は蕎麦打ち会の花見予定ですが、桜は蕾のままでどうなることやら。。。


さてお昼時だったので、天然つゆ自慢でお値段が270円と評判の 鰹節問屋直営の 立ち食いそば 日本橋 そばよし さんへ。

日本橋 そばよし


ざる蕎麦にミニ穴子丼のセット にしました。

ざる蕎麦にミニ穴子丼のセット

やや甘めの蕎麦つゆでしたけど、確かに評判通りのプロの仕事でした。

仕上げの蕎麦湯も魔法瓶で用意してあり、普通の立ち食いレベルではありません。

パイプ椅子が10席程度あり、混み具合によってはややゆっくりも。

次回はたっぷりつゆを飲める、かけそばでにしてみましょうか。 


そばよし


蕎麦打ち会の花見予定

Category : 蕎麦打ち
三月の蕎麦打ち補習日には、大勢の皆さんが参加となりました。

三月の蕎麦打ち補習日

お彼岸を過ぎてからやっと気温も平年並みに近くなり、メンバーの何人かは半袖姿です。

おあしすの黄色の水仙も朝日を浴びて真っ盛りでしょうか。

おあしすの水仙

関東はまだですが、各地から開花宣言が出されましたね。

そうなると蕎麦打ち仲間の毎年恒例の行事の一つ、市内の桜の名所 沼辺公園での花見はもうそろそろですね。

澤山会長の提案で二週連続の花見の予定が決定しました。

①4月1日(日)13:00~(自宅で居場所が○○有志は11:00から)
 この日は一人一品ポトラック方式で持参願います。
②4月8日(日)14:00~
 この日は定例会の後なので、蕎麦打ち会でおつまみを用意します。

会員・補習生の皆さん、アルコールは会負担ですからどんどん参加下さい。
当然 雨天の場合は当然中止となります。

去年は  4月3日 と 4月10日 の二回でした。
一昨年は 3月28日 と 4月4日 の二回でした。

桜の開花はどうなるか分かりませんが、蕾でも予定どおり決行でしょう。


感謝の740㌔走行

Category : 市井の人
昨日と言うか一時間半ほど前に自宅に到着しました。

休日でもない平日の普通の水曜日に、愛車で走行した距離です。

私の年代でこんなに普通には走らないと思います。

何がそうさせたのか。

まずは前哨戦の190㌔は仕事で御座います。

五時台に自宅を出発し神奈川の藤沢へ向かい、やっと午後三時過ぎに自宅に到着。



ここからが、本日のメイン走行でありました。


午後から半日有給の制度を使って、午後三時半頃に出発し新潟の長岡に日帰りで往復550㌔を走行してきました。

おそらく自宅の埼玉県から本州最北端の下北半島までの延べ距離数です。

この年代の私に何がそうさせたのか。

今から30数年前の20代中盤に担当させてもらった営業時代。

担当のお客様は100人規模で、地元では優良企業。

そこの社長さんは当時50台半ば。

沢山の思い出が一杯ある中での出来事。


お客様に到着して営業トークをしていると、何やら後ろから自分のワイシャツの襟やネクタイを直してもらっている気配が。。。

振り向くと、ニコッ と笑った社長さんの笑顔がありました。

当時は当然独身で、朝は余裕もなくなりふり構わずでお客様へ直行です。

鏡を見て身支度なんて、死語でしたでしょうか。

出張で宿泊したホテルでの身支度が不十分で、ワイシャツの後ろ襟やネクタイが変だったんでしょうね。

何も言わずに そっと 直して下さる。


そんな事が二~三回あったような気がします。

お優しい方でした。

大きな無言の教えでありました。。。


その社長さんとの関わりは、30年を過ぎた今でも多く脳裏に刻まれています。


その方との最後のお別れに、夫婦二人で行ってきたんです。

運転の疲れよりも、行かないといけない使命感。 そして今までの事への出来る感謝は行動。

仕事の予定もありましたが、決断して慌てて段取りしました。

人生の中でここまで自分の気持ちに素直に行動出来たのは数少ないと思います。

感謝の思いから動いた一日でありました。

ひょんな事で

Category : 夜の部
夕方に川越駅で乗車しようと思っていたら、生憎の事故で運転見合わせ。

『ならば 時間調整』と地元のお仲間に案内してもらったのは、東武東上線で川越駅より一つ手前の新河岸駅に近いお店でした。

お奨めのコース料理をお願いしましたが、急だったので何枚か携帯で。

出世魚 鰆(さわら)焼きは、梅の蕾がアクセント。

鰆焼き

素材の良さを活かした、上品な焼き方でありました。


茶巾蒸しも見るだけで楽しい。

茶巾蒸し

最後のお寿司とデザートで眼もお腹も一杯に。


案内してくれたお仲間のお父さんの代から通っているお店で、前から一度は行こうと話しが出ていました。

お店は駅前の区画整理で、この三月一杯で移転せざるをえないようです。

歴史のあるお店の変わり目に寄れたのも何かの縁でしょう。

新河岸 柔寿司
埼玉県川越市砂918−4
049-242-5179 ‎

吉川フレンドパークさんで

Category : ボランティア活動
平日の今日9時から、吉川フレンドパークさんでのボランティアです。

吉川フレンドパークさんでのボランティア

五年前から継続している活動しており、蕎麦打ち会の定年組メンバーが中心に活動しています。

フレンドパーク活動


大勢の皆さんに蕎麦打ち体験してもらってから食べてもらいますから、蕎麦打ち会メンバーはてんてこ舞いかと思います。

現役を退くまでは私は平日のボランティア活動は無理ですので、すいませんが皆さん今日は頑張って下さい。


こんな日に

Category : 蕎麦打ち
 沢山 頂戴しました。

鶴見さん作のどでかい大根は、すが入らないよう土の中に保存していたよう。

鶴見さん作のどでかい大根

大根を使った鍋は各々の食材から良い出汁が出ていました。

大根を使った鍋は各々の食材から良い出汁が

苦労して作った食材を持参した鶴見さんも高評価に満足そう。

鶴見さんも高評価に満足そう


梅澤さんの料理は、二日前から塩麹に漬け込んだ鶏肉炒めでした。

塩麹に漬け込んだ鶏肉

秋田の方から頂戴した【とんぶり(一年生ほうき草の実)入り味噌】もありましたので、

とんぶり(一年生ほうき草の実)入り味噌

ちなみにとんぶりは、「畑のキャビア」「和製キャビア」とも呼ばれます。

軽く焼いた皮の上にのせ、付け合せとさせてもらいました。

軽く焼いた皮の上にのせ


蕎麦は七鉢分軽めの35人前を20人で食べましたから、皆さん満腹でしたね。

蕎麦は七鉢分軽めの35人前を20人で食べました

料理も蕎麦もたっぷりと食べられる事に感謝した、戦中・戦後生まれの年代の蕎麦打ち仲間でありました。


三月蕎麦打ち

Category : 蕎麦打ち
十日振りの更新になりました。

仕事が忙しいのを言い訳にさせてもらいましょうか。


さて 蕎麦打ち会の報告だけは欠かせません。
(一週間前のおあしすイベントの蕎麦打ち教室は、仕事で欠席させてもらいましたが。。。)


定番のお父さん料理は坂田さんのはジャガ金平でした。

坂田さんのジャガ金平

炒め過ぎないようにしたようで、シャキシャキ食感も残っていました。


もう一人の当番は、私 あべちゃんで、定番料理の切干大根を一年振りに作った気がします。

定番料理の切干大根

ちょっとの変化球で、菜の花を別茹でして季節感を出してみました。
鰹昆布出汁にドンコ出汁も加えていますから、それなりのお味に仕上がりましたよ。

蕎麦打ち歴三年の研修生の広岡さんの蕎麦は、出来上がりが均等でした。

研修生の広岡さんの蕎麦

ここまでのレベルなら何時でも卒業出来ますね。
そうは言っても居心地が良いのか、皆さん卒業せず定期的に通ってもらっています。

会員の蕎麦も負けてはおられません。
澤山会長の蕎麦はそれなりに『快調蕎麦』。(ちょいダジャレで)

澤山会長の蕎麦

若林副会長や小松さんからの投稿依頼もありましたので、ご本人は照れていましたが掲載させてもらいましょう。


通って下さる研修生の皆さんのお陰もあり、蕎麦打ち会のお父さん達は毎回元気に活動していますよ。


プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいる元サラリーマンです。(2018年6月初旬に定年退職済⇒7~8月に再就職活動予定)
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
Galaxy Feel SC-04J

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ