昼下がりの宴会画像編

Category : 勝手にミシュランの部
土曜日の昼下がり15:00集合で、船橋№1の居酒屋名店「一平」でミニ遅い新年会をしてきました。

二日開催の九人会新年会に私が秋田に帰省していたので参加出来ず、S岡会長とhoneycamiyaさんが別途企画してくれました。

店内の様子は、honeycamiyaさんが【船橋「一平」での昼下がり宴会】と題し紹介しています。

私は画像担当と言う事で、何枚か混雑の様子をご紹介します。

本当に混んでいましたね。

土曜日は14:00開店なので、15:00の段階では満席でちょっと店内で行列。

最初のお客様が入れ替わる15:20頃に、カウンターコの字の入り口直ぐの場所にやっと座れました。

一平入り口直ぐの場所


一平の食べ物代名詞と言ったら、ほぼ九割以上の方がオーダーする名代牛煮込みでしょうか。

一平と言ったら牛煮込み

塩味がやや強めでこれだけで何杯も飲め、これでたったの280円なんです。


船橋市場も近いので、海鮮系も一平の人気メニューですね。

一平まぐろの のうてん

この日はまぐろの のうてん をお願いしましたね。


頼んだのが並ぶとこんな感じで狭い狭い。

一平こんな感じで狭い狭い

奥行き30㌢ちょいなので、出てきたら直ぐに食べて飲むが原則でしょうか。

会津ほまれで体を温めて、さっぱりと白菜漬けにはちょうどかな。

一平会津ほまれで

昭和を感じるAジの素ばっちりのきゅうりの一本漬けも、頼めばさっと切ってくれます。

一平一本漬けを切ってくれます。

こういうサービスは、カウンター越しにやりとり出来るお店ならでは。

狭いお店でのお二人の気遣い有難かったですね。

二時間半ほど座って飲んで、確か一人当たり2,600円ほどだったような。

CPの高い 名店なわけです。


ちょっとの寄り道

Category : 夜の部
地元吉川駅で寄り道は、いつものとりげんです。

ここのところ遠い神奈川まで片道二時間半ちょいの通勤なので、時には 自分へのご褒美に一人で寄りますかね。

一週間が終わり ほっと一息は、まずは定番のホッピーですね。

とりげんのホッピー

普通のお店なら一人前もあるハーフサラダでお腹もそこそこに。

とりげんのハーフサラダでお腹もそこそこに

やきとりが看板のお店なので、かためのカシラやタンを。

とりげん やきとりが看板のお店

何やら陶器製の可愛い入れ物  中身は特製の合わせ味噌のようでした。

とりげんの可愛い入れ物 とりげんの味噌

初めての味で、やきとりには丁度の付け合せの調味料でありました。

この日はこれでお仕舞いで、千円片手にお釣りが戻ってきたような。

自宅に帰ってからもうちょい飲み直しでご飯ですね。

今週も 自分に お疲れ様でした。


家族会の準備中

Category : 蕎麦打ち
蕎麦打ち会は毎回事前に、料理当番が二名決定しています。

10年以上 交代制で料理を作っていますから、皆さん それなりの腕前になってきました。

当日 その場で作る人もいますが、レシピによっては30人分近い調理は大変なので、事前に下拵えしてくる会員も多いのです。

久保庭さんのモツ煮は前日三回も下茹でして、余計な脂分を抜いたよう。

久保庭さんのモツ煮

モツは柔らかくて癖の無い味で、根菜系野菜本来の甘さが感じ取れるほどでした。


鈴木さんの南瓜とベーコンにチーズの挟み焼きも、ご自宅で南瓜を切ってきたようで手数が掛かっていましたね。

鈴木さんの南瓜とチーズの挟み焼き

会場でオーブンで焼いたバターの甘みが南瓜の甘みとマッチしていました。


白菜漬けが鈴木さん・小林さんからそれぞれ差し入れありました。

白菜漬けが二種類も差し入れありました。

二種類の手作りの漬物には感謝であります。


締めは会員の蕎麦で、福井産蕎麦粉を土橋さんは丁寧に仕上げてくれました。

土橋さんの福井産蕎麦



さて 二週間後に十年以上継続している、奥様ご招待の【家族会】の予定です。

2009年はこちら 2010年はこちら から。


私は若林副会長と協力して、提供する予定のレシピを試作してみました。

唐揚げに似たメイン具材は?で、今は秘密のお吸い物としましょうか。

秘密のお吸い物

今回はあさりの出汁でしたが、家族会当日はグレードアップしているかもしれません。

予算もありますが、どんな食材を用意して どう調理出来るかにかかっています。

アンテナショップ集中

Category : 市井の人
乗り換え駅の『地下鉄 三越前』は、日本橋交差点のすぐ近くです。

日本橋交差点で

乗り換えを兼ね地上に出てみると、三県のアンテナショップが30㍍以内に三箇所もありました。

奈良まほろば館】では、せんとくんが玄関で待ち受けてくれます。

奈良まほろば館


にほんばし島根館】は出雲大社がある県らしいですね。

にほんばし島根館

神々の国 しまね』~古事記1300年~スペシャルサイトのサウンドは日本らしい響きでした。


日本橋 にいがた館NICOプラザ♯2】では鮭で有名な村上市のPR。

日本橋 にいがた館

富士の国 やまなし館】も近くにあるようです。


近くの有楽町駅では、冬の秋田路キャンペーン でかまくら点灯のイベントもありました。

冬の秋田路キャンペーン


最終目的地はこちらで御座いました。(時間がなくて最上階からは撮影出来ませんでしたが。。。)

霞ヶ関で打ち合わせ


どこもそうですが、休日にでも行かないとゆっくりと寄れませんね。

新橋で同期会

Category : 夜の部
新年会も兼ねて30年以上お付き合いの同期の仲間と。

新橋の集合場所は、いつもの まとい駒 新橋本店 でした。

まとい駒 新橋本店正面

サラリーマンのメッカ新橋で、良くも悪くも満席でなく ほぼ待たないで入店出来るのが特徴のお店です。

流石に金曜日だったので、この日は事前に予約をしておきましたけど。


オーダーは湯豆腐と思いきや、

湯豆腐と思いきや

寒かったので、辛味のチゲ鍋でありました。

チゲ鍋でありました

最後に残ったスープは、フウフウの熱々ラーメンになりましたね。


時期的に脂にのった鰤刺しや、

鰤刺し

しめ鯖には熱燗でしたか。

しめ鯖には熱燗ですね

店内にはまとい駒さんらしいオブジェがりありました。

まとい駒さんらしいオブジェ

同期の仲間との情報交換会は、定期的に行っております。

私たちの年代になると会社の状況変化に伴い、所属部署や仕事の内容が変わります。

五年以上同じ部署で仕事をしているのが少ないので、仲間はいつでも変化に対応しております。
(自分達はそのつもりなんですが、評価は他人ですから。。。)


食べログ 



きらっと☆winter1Dayセミナー

Category : ボランティア活動
吉川市生涯学習人材バンク(教育委員会生涯学習課 生涯学習係)主催の、

きらっと☆winter1Dayセミナー

きらっと☆winter1Dayセミナー が、2月26日(日)に開催されます。

きらっと☆winter1Dayセミナー

(プリントの平成23年は24年の印刷ミスのようです。)


『蕎麦打ち 一日体験講座』で、吉川そば打ちめいじん会も講師です。

吉川そば打ちめいじん会の講座

こういう手打ち蕎麦を打つ講師が、

20120115の蕎麦

実費(持ち帰り用蕎麦込み1,600円)で市民の皆様に指導させてもらいます。

吉川市民で興味のある方はご応募下さい。

蕎麦打ち新年会

Category : 蕎麦打ち
月曜日は新年会で、会場は北浦和の上條プロのお店【寶】でした。

半年前の七月に【暑い時期にこそ蕎麦企画】でお伺いしてから半年振りでしたか。

吉川駅に集合して電車で移動、到着してすぐに全員で今年度初の記念撮影でした。

全員で今年度初の記念撮影

飲んでからでは撮影の為に集まるのも大変な事になりますから。


新年会ですから、幹事担当武部さんからの乾杯の後はまずは飲んで食べてと。

幹事担当武部さんからの乾杯

前菜は上質な鴨ロース や 出汁巻き玉子でしたね。

前菜は上質な鴨ロースで

持ち込んだ【朝日山限定酒】と、お店で用意した【高清水の辛口】。

持ち込んだ【朝日山限定酒】とお店で用意した【高清水の辛口】

【河童の誘い水】は20度なのでロックで。

【河童の誘い水】は20度なのでロックで

お次の【大正の一滴】は25度なので水割りで。

【大正の一滴】は25度

いやぁ お昼から よく 飲まさせてもらいした。


上質な生椎茸の肉詰め揚げを撮影していたら、お仲間が中身の撮影という事でかじりかけを添えてくれましたが。

上質な生椎茸の肉詰め揚げ

流石に掲載は止めておきました。


玉子入りのもつ煮は蕎麦屋さんらしく、脂分を落としたさっぱりめの味でしたか。

もつ煮まで


?と烏賊げその酢味噌和えも良かった。

?と烏賊の酢味噌和えも良かった。

?とは。。。

長芋と思いきや、ウドでした。


特性メニューのような、お刺身(鯛と鰤)も上品でした。

蕎麦屋さんのお刺身(鯛と鰤)も良いもの


美味しい料理とお酒で、皆さん談笑していますね。

2012寶で談笑


最後に、蕎麦はこの時期でも細めの上條プロの蕎麦で締めでしたか。

細めの上條プロの蕎麦

こういう江戸流の細打ち蕎麦を食べ感触を覚えておかないと、自分の技術向上には結びつきませんから。


最後に今年一年の蕎麦打ち会の発展を祈念して、八下田さんの音頭で三本締め。

八下田さんの音頭で三本締め

元気な蕎麦打ち仲間の新年会でありました。





東京チカラめし

Category : ランチの部
珍しく池袋で途中下車してランチとなりました。

眼に入ったのは、

東京チカラめし の看板。

東京チカラめし

店内も混んでいるようで、ちょっと興味がありました。


どうやら 食べたことのない 焼き牛丼 が売りのようだし、繁華街の街で勝負しているお店だけに 試しに入ってみることに。


定番らしい焼き牛丼にサラダと温玉子のセットにしてみました。

焼き牛丼

焼肉をご飯の上にのせて食べると同じようでしたか。

がっつり系好きの若者向きで、やはり 客層は20~30代でした。

私の年代は皆無に近いお店でしたが、一回 体験しましたから 話しの種にはなりますね。

初打ちでした

Category : 蕎麦打ち
8日は今年初の定例会、用事の一名を除き全員が揃いました。

皆さんとは新年初の顔合わせでしたが ちょっとふっくらとしたよう。

年越しをそれなりにされたようで、これもおる意味幸せの証しでしょうかね。

料理当番も毎回入れ替わりで頑張っております。


中村さんの牛蒡と豚肉のごまみそ煮。

お父さん達には、『絶品で御座いました。

中村さんのごぼうと豚肉のごまみそ煮

『日本酒はないの? ビールは?』との声があちこちから聞こえてきましたね。


天婦羅名人 小松庵の四品。

名人小松庵の天婦羅

から揚げ風の中身が納豆とは誰も思っていなかった。


私の秋田のお土産のひろっこ(野蒜)は、三陸産ワカメと酢味噌で提供。

ひろっこ(野蒜)


この日の蕎麦粉は、延しが ちと難しかったですが 何とかそれなりに。

この日の蕎麦はちと難しかったようで

粉を挽いてからちょっと経っていたのと、ここのところ乾燥続きで素早く打ってもひび割れ気味に。

粉のせいにしてはいけませんが、その日の粉の状態と温度・湿度をふまえた蕎麦打ちは 日々 勉強であります。

増田 朝市

Category : 秋田・東北
秋田県横手市さ おざってたんせぇ

秋田県弁がそのまんま活字になっている、秋田南部県民には面白いページです。
市町村運営のサイトでなく、一個人の方が地元をPRしようと運営されています。
その頑張っている状況(取材・編集・投稿)が、ブロガーの端くれとして分かります。

その中で紹介されている増田 朝市へ、兄に誘われ初めて行ってきました。

増田町朝市通り

右の柱には『よぐ きてけだんし』の歓迎の言葉。

左の柱には増田町朝市通りは寛永二十年開始で、毎月2、5、9の付く日に開催。

寛永二十年開始という

全国各地にはこういう地域の流通拠点となる市が、古くから残っていますよね。
大手スーパーでは買えない、地元の特産品や手作り品もこういう市ならでは。

この日の出店は、年明けと雪でお店もまばらでしたね。

年明けと雪でお店もまばら

雪国の天気は晴れ間から雪模様にと、あっという間に変わってしまいます。

ノーブランドの和菓子のお店は正しく手作り。

ノーブランドの和菓子

こういうお菓子を地元が昔から食べてきたんです。

別のお店へ。。。


お名前(屋号)が遠徳さんという、いさばや(秋田の言葉で魚屋さん)の店主から話しを聞く事が出来ました。

遠徳さんから話しを聞く事が出来ました。

平鹿地区の浅舞の方で、市日に近隣で出店しているとの事。

撮影OKを確認してから、店内の商品をパチリ。

秋田県民はタラコやスジコが好きなんです。甘辛くて保存出来るし。

秋田県民はタラコやスジコが好きなんです

普通のお宅は家族が多いのでみんな千円でしたか。

大家族が多いのでみんな千円でした

兄の好みで、中トロを選びました。


確か 鰯の麹漬け も美味しそうだけど、量が多い。

鰯の麹漬けは美味しそう

200円分だけ購入させてもらいました。

鰯の麹漬け200円分を

酒の肴としてはちょっとで良いですから。

こういうのも、個人商店の良さですね。

そんなこんなで会話をさせてもらっていると、店主の300円の赤身をサービスしてもらいました。

300円の赤身をサービスしてもらいました

埼玉在住の地元出身者という事でサービスしてくれたようです。
兄曰く『普通は無い。』ようですから、会話で気分が良くなったんでしょうかね。

売る側が嬉しくなることは、買い手にとっても楽しい出会いでした。


他のお店でハタハタのオス(メスのブリコ:卵が苦手なので)を購入しました。

ハタハタのオスも

この日はこの後に雪寄せをしてたっぷりと体を動かし、地元で購入した食材で気分良く一杯でした。

地元の福小町で一杯

お酒も地元 木村酒造の福小町でしたね。

雪降ろしでした

Category : 秋田・東北
年始はお仲間との約束が二三あったのですが予定を変更し、急遽 思い立って秋田へ帰省してきました。

『出来る時に出来る事。 行ける時に行こう。』でしたか。

2012雪の秋田へ

会社には無理言って二日ばかりお休みをもらいましたけど。

今回の目的は父のお見舞い&兄夫婦の介護サポートでした。

お陰さまで父は小康状態で、会話も出来ましたからまずは一安心です。


介護支援と言っても男性の出来る事は限られています。

前回11月に帰省した時は、家事が忙しい義姉に代わり料理担当でした。

今回のサポートは、去年からの寒波でかなり積雪した実家の雪降ろし・雪寄せ。

実家は父母が商売を始め今でも仕事で使っている築50年の古家?と、兄夫婦が介護が出来るよう新築したバリアフリーの住宅と二棟の家があります。

二棟分の雪降ろしをするのはかなりの重労働で、しかも危険が伴うんです。
(毎年 何名かは雪降ろし作業で亡くなっていますから。。。)

正月中も降雪は続き、朝になると積雪20㌢以上でしたか。

朝になると積雪20㌢以上でしたか

暮れから降った雪は二階の屋根からみるとこんな景色です。

二階の屋根から

ほとんどのお宅が正月休みを利用して雪降ろししていましたね。


一旦下に降ろします。これで終わりではありません。 

下に降ろして

そこからが一苦労。道路沿いの流雪溝に流し入れます。

流雪溝に流し入れます

二人一組以上で作業をしないと効率が悪く、しかも流雪溝の周りに人がいないと人も車も危険。

そんな事でほとんど雪との戦いでしたかね。


零下五度でも耐えられるという、明るい色合いの寄せ植えを買ってきました。

明るい色合いの寄せ植え

東北の人が春を待ち望んでいる気持ちが伝わってきます。


現在 東北道は東北地方無料措置が、『被災地支援・観光振興、避難者支援のいずれも平成24年3月31日までとなりました。

東北地方無料措置

厳しい冬に東北地方へ行かれる方は少ないかもしれませんが、地元は行くと喜びますから機会を作って行ってみて下さい。

地元の皆さんには、冬の厳しさを乗り越えてもらいたいと思います。


PANからもご挨拶

Category : キャバリア&わんこ
一週間前に満五歳になったPANのケーキは投稿してましたが、PAN自身がご無沙汰しておりました。

PAN用のお祝いのケーキ


ワンコ仲間の皆さんへ、新年のご挨拶をPANもさせてもらいましょう。

下目線のPANが見ている先には。。。

『待て!!』は10秒は我慢

大好きなヨーグルトでありました。

食欲旺盛ワンコなので直ぐに食べ物には飛びつきたいのですが、『待て!!』は10秒ほどは我慢出来るでしょうかね。

ちなみに冬でもショートめのカットで、誕生日の30日にトリミングしてきたようです。


別の『待て!!』のモード。

尻尾を右に 尻尾を左に

尻尾を      右に       左に    、と頑張っております。


人間とワンコ、そして食べる事 が大好きなPANではありますが、定期的に今年も登場予定です。

平穏に幕開け

Category : 市井の人
今年初の投稿画像は、晴れやかな富士山画像から。

迎春の富士山

皆様、新年明けましておめでとう御座います。

無事に2012年を迎える事が出来ました。


今朝の地元からの富士山はうす曇で見えず、昨日の大晦日の朝靄の富士山でも。

朝靄の富士山

吉川市と越谷市の境界、中川にかかる吉越橋が地元での撮影ポイントです。


風のない朝の穏やかな中川も好きな風景の一つ。

穏やかな中川

PANとの散歩ついでに、こうした撮影が出来るのも有難い。


徒歩数分の芳川神社へ初詣に行ってきました。

芳川神社へ初詣

日本人の誰もがそうであるように、家内安全と平穏を祈願して参りました。

本年も何卒 宜しく お願い致します。

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいる元サラリーマンです。(2018年6月初旬に定年退職済⇒7~8月に再就職活動予定)
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
Galaxy Feel SC-04J

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ