スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭りモードで

Category : 地元吉川市
前回 WCデンマーク戦の号外を追加投稿しました。
いよいよ29日がベスト8をかけ、国民が一つになる戦いですね。

DFの中心中澤選手は吉川のスポーツ有名人で紹介しました。

日曜日のおあしすには、苦労人の中澤選手応援フラッグが掲げられていました。
おあしすの応援フラッグ
25日午前3時半からのキックオフに合わせ、ここおあしすのホールで応援観戦会が開催されました。
どおりで朝の吉川駅にはブルーのユニフォームの人がチラホラと。
パラグアイ戦もキックオフの一時間前から予定しているようです。
蕎麦打ちは仕事があるから自宅観戦ですよ。

吉川市も 一店逸品運動を展開しており、この日のおあしすの中庭には店舗が出展していました。
あおしすの出展店舗

吉川市は東京駅から電車で一時間圏内ですが、まだまだ農地が残った環境にあります。
お蔭様でご近所さんや知人からの農作物も時々届きます。

旬で鮮やかな色合いの地元産が目に入りました。
ブルーベリーは美味しかった

試食で甘さも確かめたので、両方とも買わせてもらいました。
新鮮なブルーベリーは程よい酸味で家族に好評でした。
鮮度バッチリで

地元産の玉葱や葱も100円でしたよ。
たまねぎや葱は100円
スーパーにはない不揃いな中から好みのサイズを選びました。

朝顔も程よく開花し、かなりの数が売れていました。
朝顔も
下町入谷の朝顔まつりにも出品されているんですよ。
ちなみに入谷の朝顔市は毎年7月の6・7・8日に開催されます。

健介道場のナマズマンも販売応援をしていましたよ。
ナマズマンも販売していました。

吉川の夏は7月17~18日の八坂祭りが楽しみです。
神輿1
町内に神輿があるので、これから何かとお手伝いですね。

スポンサーサイト

雨の日の

Category : キャバリア&わんこ
PANとの散歩の様子を知りたいと、滋賀の234さんからリクエストがありました。

今週の朝の散歩の様子をお伝えします。
待機中①
黄色のレインコートは同じ物を3枚目でしょうか。。。

動きません。目が『嫌だ!!』と訴えています。
待機中②
目の前の足元にの雨に濡れた様子に、待機中態勢が続きますから我慢比べです。

やっと立ったかと思うと、普段は散歩が楽しみでフリフリの尻尾は下がっていますね。
立ったかと思うと尻尾は

こうして玄関での持久戦の後は最後の手段ですか。。。
抱きかかえて大通りまで連れ出すと、やっと観念して自分から降りて歩き出します。

定番散歩コースの桜の時期は最高な二郷半用水路には決して行こうとしません。
家並みや店舗の多い反対コースを選択します。

普段はジグザクで縦横無尽に道路を広く使い、あちこちの電柱や草むらをクンクンしています。
飼い主さんは横歩きになるかと思えば、戻ったり止まったりと忙しいのです。

それがどうして、雨が少しでもかからないようこうして壁沿いか塀沿いを選んで歩きます。
壁沿いを

そしてややもするとご近所さんの敷地に入り、庇の下に行こうとします。
抑えるのにちょっと大変なんです。

何とかを済ませご帰還ですが、晴れの日の半分くらいの時間と距離でしょうか。
帰るとさっきまでの嫌だモードは嘘のように、朝食にまっしぐら。
元気な証拠です。

と言う事で雨大嫌い犬でした。キャバリアにはほぼ共通のよう。


今朝は目覚ましもかけないのに、岡田JAPANのTV応援で早い時間から起きていました。
厳しい前評判を打ち破り、勝ち取った決勝トーナメント進出には万歳ですね。
本田や遠藤のフリーキックも素晴らしかったけど、全員でゴールを守り素晴らしい試合を見せてくれたイレブンに拍手を贈った方は多いと思います。
私も含め今日は寝不足に注意して働きましょう。

今 成増駅前で号外を配っていました。
20100625号外
流石 都内ですね。

この時期のウェア

Category : 市井の人
通勤着・仕事着は汗をかくことも多いので一日に2~3枚は必要ですから、質より量でほとんどはユニクロから買っています。
仕事着はユニクロで
Tシャツもほとんどそうかなぁ。。。
ドライ・ポロと言うような吸汗性の良い素材のウェアが、手ごろな価格帯なのでサラリーマンには有難いですね。

去年の父の日には事前にリクエストを聞かれ、平原綾香のベストアルバム『Jupiter』のCDレンタルにしました。
Jupiterレンタル

今年はというと日曜日に手渡されたのは、GAPのホワイトポロでした。
今年はGAPで
ご存知アメリカブランドのフラッグショップが原宿にある若者系ですが価格もお手ごろと聞いています。
その戦略が日本のユニクロとよく対比されますね。

自分には縁がないと思っていたのですが、ベーシックな色合いとデザインです。
こういうのもを着てみなさいという、娘の配慮でしょうか。感謝!!

今年の夏はどこかでお会いすると着ているかもしれませんね。

どうしたものか

Category : 市井の人
ある日の電車内での出来事でした。

通勤電車は混雑し、時々途中から座れることがあります。
仕事が立ち仕事なのと膝の痛みが多少残っており、席が空いたら座らせてもらっています。

その日はドアから二つ目の席が空いたので座ったら、ハーネスを付けた盲導犬に誘導された年配の男性が乗車してきました。
盲導犬images
日本盲導犬協会さんから画像をお借りしました。

同じ時間帯に乗るとほぼ同じドアから乗車しており、ドアに一番近い一つ目の席の方が気付くと席をお譲りしているのを目にしていました。
一列目の席とドアの間の空間に丁度盲導犬が入るスペースが出来るので横たわれます。
数センチ先に人間の靴が近づいても動揺せずじっとしています。
途中から乗降する皆さんもすぐに気付き、踏まないような配慮が自然に伝わってきます。

前に介助犬を電車内で撮影させてもらいましたがこんな感じです。
介助犬②
勤務をまっとうしている健気で従順な様子から、こちらが元気をもらいますね。


さて ちらっと隣の一つ目の席を見ると、大学生らしき男性が英和辞書を広げ勉強をしていました。
盲導犬に気付いているのか、気付かないのか???
しかも朝の混雑した電車内は、介助犬の時よりもっとスペースがありません。

30秒くらいどうしたものかと待ってみてから、一列目の若い男性に声を掛けて二列目の私の席に動いてもらうようお願いしました。

あえて理由を言わなくても、どうやら盲導犬がいる事を分かっていたようで素早く動いてくれました。
私は立って年配の方に席が空いた事を話し、ちょっと案内して座ってもらいました。
お礼の言葉とかありましたが、照れ臭いのでそこらは割愛を。。。

何故30秒待ったかと言うと、一列目が盲導犬のスペースを含めると最善の席と思ったからです。
二列目では混雑した車内ではそのスペースが厳しくなります。


私は聖人君子でもなく『市井の人』を名乗る普通のおじさんですが、遭遇したなら誰でもが同じ事を考えて行動されると思います。
自分の父母や身内が障害で介護になったり、PANというワンコのお蔭でそういう事を素直に行動に移せるようになりました。

そうは言っても今日の父の日に実家に送るのをすっかり忘れていました。
送る予定の日本酒をご近所さんと飲んでしまっていたんです。
昨日家内からの一言で、慌てて父の好きな栄養剤を買って送るようにしました。

ゆったりと

Category : 板橋成増・和光市

おもてなしを感じさせるような静かめのお店でした。

二人だったので勤務地の成増でチェーン店でなく地元の人が通うようなお店を探していて、眼に入った看板は『地酒地鶏 澤や』でした。
地酒地鶏 澤や
看板と入り口にあるメニューを見て決めるパターンが多いかなぁ。
入って先客の様子や落ち着いたお店の感じに一安心。

お通しは2種類から選べるようになっていました。
キャベツのぶつ切りは鮮度がシャキシャキで、
澤やお通しキャベツに

サラダは手作り感がありましたね。
澤やお通しサラダで
板前さんがいるこらこそ出来るので、チェーン店では少ないですね。

居酒屋の一つの合否基準に刺身を頼む事にしています。
刺身の盛り合わせを
合格点のブリに赤身でしたね。

看板メニューを聞くと、銘柄鶏の岩手清流鶏のとの事でお任せを。
お任せ5本で
店自慢の焼き鳥は焼き加減が見るからにプロの技です。

一押しの白レバーは生でも食べられるくらいの柔らかさでしたね。
白レバーは
塩梅も丁度良く美味しいお酒が欲しくなりました。

こういう時にはちょっと日本酒も良いですね。
福井の純吟 黒龍は、曹洞宗総本山の永平寺町にある蔵です。
福井黒龍
厳しい北陸の風土から生まれたお酒で好きな銘柄の一つです。
ブログ仲間もからダイエットのリバウンドを心配されていますが、この一杯で止めましたよ。

さて、これは何でしょうね。

何でしょうね。

じつは蛸の卵の沖漬けなんですよ。
何とも言えない食感は、一度お試しあれ。

新潟の栃尾の厚揚げは好きなメニューの一つです。
栃尾の厚揚げを

この日は最近お父様を亡くされた永い付き合いの友人とでした。
生前の故人にもお会いした事があります。
本来であれば葬儀に参列すべきでしたが、仕事の関係で準備に忙しく立場上からも断念しました。
友人もそんな事情を分かってくれていたので、私からの誘いにもすんなりとOK。

聞くと看病で時間的にも精神的にも余裕がなく、何ヶ月ぶりかの居酒屋さんとの事です。
友人から『久し振りにほっとする時間を持てた。』の言葉に、今までずっと緊張が続いていたんでしょう。

入院から亡くなるまでの経過や喪主としての大変さを聞きながら、故人を偲びつつ一杯傾ける事が出来ました。
こういう話でも暗くなる事なくゆったりと飲食出来たのも、お店の料理と雰囲気が大事ですね。

地酒地鶏 澤や
東京都板橋区成増2-18-9
03-3979-3399 17:00~02:00

新店の仲間と

Category : 板橋成増・和光市
体を動かして良い汗をかいた後の一杯が美味しい爽やかな天候が続きました。
今日から関東は遅い梅雨入りのようですが。

仕事帰りにコミュニケーションを深める事は日本人の得意な所ですね。
メタボ改善中の4月の記事で月1程度しか外で飲んでいないと触れましたが、新店に異動してから仕事仲間社員との懇親会・技能パートさんの歓迎会・開店前の決起大会と、それなりにはをしていますよ。

若い仲間が多いので飲み放題があるチェーン店系のお店が中心になります。
ビールジョッキで
勤務地最寄り駅の東武東上線の成増駅は、池袋駅から約10分ほどの住宅地なので沢山のお店がありますよ。

食欲旺盛な幹事が選んだのは、焼肉食べ放題の居酒屋さんでした。
焼肉食べ放題
飲む前にご飯を2~3杯食べてしまうメンバーもいました。
お肉は年齢を考えてほどほどにしていますよ。


別の日に行ったお店では、コースメニューの洋風ハンバーグが。
 ②チーズハンバーグ風

やはり若者系の揚げ物がどうしても多いですね。
②揚げ物系で

決起大会の後に二次会で行ったお店もチェーン店でやはり揚げ物が。
③太めのさつま揚げ
時にはピントが合わないこともありますね。

ちなみにビールの後の飲み物は料理が油系が多くサッパリしたいので、炭酸系のハイボールが多いかな。
その後はハイボールが多い

新店の同僚は20代・30代・40代そして一番年長の私が50代と、幅広い年代の構成になっています。
料理やお酒を楽しむというよりは、一緒に食事をしながら会話をする事が重要ですね。
俗に言う『同じ釜の飯』の仲間という訳です。
新しい事業に取り組むと言う点では目標が同じであり、仕事内容も共有出来る話題が沢山ありますから。。。

自分の子供とほぼ同年代の若者と一緒に働くと、時には発想や観点の違いに新しい発見もあります。
同年代や同じ趣味の人とだけ話していては、なかなか新鮮な驚きはありません。

そんな事を楽しみながら、毎日新店のメンバーと店作りをしています。

ちなみに店ではブログの件は個人の範ちゅうなので黙っています。
写真撮影は趣味と思われていますから違和感は少ないよう。

故郷の恵み

Category : お酒紹介の部
秋田の方から故郷らしいお酒を頂戴していました。
五風十雨と角右衛門も

こういうお酒は時間的・精神的に余裕がある時に堪能したいものです。
毎日が忙しい中で冷蔵庫で休憩してもらっていました。

横手市浅舞酒造さんの、純米吟醸五風十雨はごふうじゅううと読み、
五風十雨に土屋さんからのお猪口で

中国の故事で5日に一度風が吹き、10日に一度雨が降る意だそうで、
HPのネーミングの由来説明でも『雨も風も天の恵み。』
そして農家のひたむきさがひとつの風土となって、生まれた食中酒。

今の仕事の目処もついきたので、前祝いに封を切りました。
良いお酒の時のあてはシンプルなもので充分。


新潟産の塩辛と大根漬けで。。。
新潟の塩辛で
醸造用アルコールを添加していない純米吟醸の本来の甘さが、塩辛の塩加減と程よい調和でした。


休日にご近所の仲良しさんから夫婦でご自宅に御呼ばれしたので、
湯沢市木村酒造さんの 特別純米酒 角右衛門 を持参しました。
角右衛門は湯沢産
去年も同じメンバーの別のお宅でお庭でバーベキューを。
声を掛けて下さるご近所さんに感謝ですね。

しっかりと鰹節から出汁をとった切干大根の煮物も一緒に。
切干大根で
干し海老をちょっとアクセントにし、蕎麦打ちが作ったんですよ。
日本酒に和の小鉢は相性抜群でした。
ご主人達にはお酒、奥様方には切干の評価も良く内心ニンマリ(*^_^*)。。。

どちらのお酒も秋田産の米と湧き水が原料です。
吟醸香は抑えめながら、しっかりと秋田らしいお米の旨味と故郷の香りが伝わってきました。
故郷の恵みを送って下さった方の思いと、貴重なお酒を選んでもらった事に感謝ですね。

造り手の人たちの苦労や熱意に思いをはせながら、ゆっくりと楽しむお酒も時には良いものです。



仕事のほうも短い準備期間でしたが、昨日無事に新規開店となりニュースリリースされました。
オープンしたとはいえこれから色々な課題が出てきます。
新しい店を若い社員・パートさん達と創り上げていく事を苦痛・苦労と思わず、新たなチャレンジ・経験と考えていきます。
プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。