信州 松本へ

Category : 東へ西へ

善光寺さん参拝と東山魁夷館見学後の宿泊先は、
NET検索でチョイスした大江戸温泉【湯屋鹿教湯藤館】でした。
湯屋鹿教湯藤館 湯屋鹿教湯正面 

鹿教湯温泉は歴史ある湯治場で、藤館にも露天風呂があり薬効を感じる温泉です。
鹿教湯露天

今回の旅行の様子はHさんのブログにも投稿されています。

風呂上り後は「定年の記念品贈呈式」。
私たち八人会メンバーからはお椀の五客揃いを、
アベチャン個人的にはお盆を贈呈させてもらいました。
Mさん撮影記念品漆器
Hさんブログから高性能のデジ一で撮影した画像を借用しました。

還暦のお祝いでもあったので、どちらも日本的な朱色です。
お椀は兄にちょっと無理を言ってお安くしてもらいまいた。

Hさんからは江戸切り子のぐい飲みセットのお気遣いがあり、本当に有難う御座いました。
Hさんから Hさんから江戸切り子
年代と共にぐい飲みを頂戴する機会が多くなりました。

お楽しみの夕食はブッフェ方式で、豪華な宴会料理で余る事を考えたら充分な量です。
鹿教湯夕食

ほんのちょっとで色々味わえるので、女性客には満足でしょう。
鹿教湯夕食ちょっとずつ 

朝食も普通のシティホテル並みの量と味でした。
鹿教湯朝食


デザートも朝夕と揃い、女性やお子さんの事を考慮しています。
鹿教湯デザート夜 鹿教湯デザート朝

温泉土曜日宿泊&一泊二食付きで7,700円で、ここまでのコストパフォーマンスなら満足出来ます。

前の経営は東急リゾートグループだったようですが、
経営が大江戸温泉グループに代わり、一泊一万円以下のお宿に生まれ変わったようです。
不景気にも関わらず館内は満室で、夕食も時間二交代制でした。

早起きなので、山間からの朝日と月をつい撮影しました。
鹿教湯から① 鹿教湯から②
フゥー 暗がりの撮影は難しい。。。


鹿教湯温泉から車で30分ほどで、粉雪舞う松本城に到着しました。
粉雪舞う松本城

画像の白い点は粉雪ですよ。

国宝松本城には何回来たか分からないくらいです。
国宝松本城

新人の22歳から2年半住んだ松本市ですから30年前の様子を。。。
若き日の松本城1 若き日の松本城2
友達が松本に来たりスキーの帰りの際は必ず案内してました。

さて今回の八人会全員での撮影画像の比較です。
八人会松本城
松本城の団体撮影スポットからお城と天守閣を背景にしたのと、

反対に天守閣から同位置を撮影してみました。
天守閣から見下ろすと
こういう余裕がある撮影も旅の楽しみの一つです。

この後の行動は一月に投稿済みの、
 穂高のわさび農場    と  手打ち蕎麦【安曇 翁】でした。 
Mさん撮影①’  翁⑥ざる

こうして定年組三人を交えた八人会旅行は終了しました。
この後の定年組は、来年W先輩・3年でN先輩・6年弱で私の番になります。
元気な体と気持ちでその日を迎えられるようもう一踏ん張りです。

一緒に旅行に行かれたNET環境の無い皆様へ
このブログ自体はご存知ないかと思いますが、今週末には撮影画像の内 何枚かをプリント発送させてもらいます。

信州 東山魁夷館

Category : 東へ西へ
善光寺さんから徒歩7分ほどで、途中雪道を歩きます。
東山魁夷館への足元

長野県信濃美術館・東山魁夷館に到着します。
東山魁夷館① 

外壁に彫られた文字からも、美術館らしいたたずまいが感じられます。
東山魁夷館②

館内は当然撮影禁止ですから、ここまででお終いですね。
東山魁夷館③

私が語るまでもなく、東山魁夷は日本画の大家で多くの方がご存知と思います。
緑響

代表作の【緑響】は多くの方の記憶の片隅にあるかと思います。
これは休憩所での複製撮影なので、あしからず。。。

日本画の伝統に西洋画の作風を取り入れた色使いが好きです。
そう言えば、実家の商売川連漆器の【滑らない箸】の人気の色も深緑でした。

最近買ったバックも深緑です。
 帆布 牛やご購入バック

私服(最近では仕事着ですが)も緑系の色が入ったのが多いですね。

小さい時から実家の漆器店で見ていた慣れ親しんだ色が、この年代になって自然と身に付けるようになったのでしょうか。。。

ところで先日お亡くなりになった前東京芸大学長の平山郁夫さんの画風も好きです。
その点もいつか書こうと思います。

この美術館は何と500円の入場券で観覧出来ます。
 東山魁夷館入場券
善光寺に行かれた際はちょっと足を延ばしてはどうでしょうか。。。

ちなみにこの日は『縁起物』として、桜で有名な信州高遠の桜湯の無料券が配布されました。
東山魁夷館桜湯無料券 
桜の陰が湯飲み茶碗の底に映り、何とも言えない日本的な味わいを感じます。
東山魁夷館桜湯 
こういう点も旅の楽しみですね。
ちなみに飲む事より、画像撮影の為につい無料券を持ち帰りました。

信州 定番は

Category : お薦めの美味い物の部
鹿児島のちょっとお姉さん(別名しーちゃん)がミステリーツアーで、
群馬~信州~山梨を駆け足報告しています。
仕事の忙しさで一月の八人会信州旅行の様子を投稿していなかったので、今週まとめて記事にしてみます。

この日は朝から快晴で、途中の上信越道からの浅間山も珍しく頂上が見えます。
高速からの浅間山
高速を運転中に撮影した画像ですから、真似しないで下さいね。

信州長野に行かれた際は、『牛に曳かれて善光寺参り』で有名な善光寺さんに行かれる方が多いと多いと思います。
善光寺さんの額の善の字の跳ね返りは、牛の角を表しています。
善光寺の額の善は

初春一月の仁王門には『賀 正』の額が掲示されていました。
一月の善光寺
善光寺さんの境内はスタッフの皆さんが参拝客の為に雪寄せをしています。
善光寺のスタッフ雪かき
寒い中 有難う御座います。

境内には新年で善人善女が溢れかえっていました。
善光寺境内

一通りの参拝を済ませ向かったのは、善光寺さんに参拝した際必ず寄るお店です。
まずは、善光寺さんのお土産の顔と言える【根元 八幡屋磯五郎】です。
八幡屋磯五郎店舗products01_photo02.jpg

関東以北の皆さんならこの缶を見られた方は多いでしょう。

新年だったので、七味屋さんらしい味のある松飾りです。
七味屋さんらしい松飾り

買ったのは定番七味ではなく、この新商品のお味噌でした。
八幡屋磯五郎新商品
程よい甘さの中に辛味が丁度の塩梅で、
ご飯だけでなく焼きおむすびやお肉・お魚にも合いました。
二百七十年の歴史あるお店も、常に新商品を開発してこの不況の時代に立ち向かっています。

次はおやきのお店で、小川村いづみやさんの善光寺店です。
いづみや善光寺店 
おやきは信州各地で作られる家庭料理です。
野沢菜や茄子味噌などが具材で甘くないので私は必ず食べます。

あえて歯型付きで、中身の野沢菜をご紹介します。
いづみや野沢菜おやき 
このお店の本店は小川村で村おこしで成功した事例のようです。

ツアーでは中々時間的余裕がない場合もありますが、こういうお店は是非立ち寄って欲しいものです。

今日はここまでとして、次回は時間があれば寄ってほしい善光寺さんからほんの近くの場所を。

その後は宿泊地の温泉と松本城をご紹介します。

記念日

Category : 仕事先にて
この日の関東全域は前夜からの降雪で、立川駅から職場に向かうバスはゆっくり運転でした。

バスの料金表示モニターを、携帯℡のカメラで撮影してみました。
『22年02月02日』
220202記念日バス

この2が並ぶ日に、新しい職場の店舗グランドオープンだったのです。

屋上に上がると雪解けのモヤで富士山は見えません。
220202記念日屋上から

このブログにアクセス下さるほとんどの方は、私の名前や勤務先会社名をご存知です。
あえて仕事面を触れさせてもらいます。

この32年間は営業系~統轄支店・本社のスタッフ系の仕事でした。

勤続33年目となった今年から、建設・工事関連業者さんへの直接販売の仕事がスタートしました。
その内容は会社のニュースリリースにオープンとなり、
業界紙にも掲載されました。
日経産業0128

今までの経験や知識とはまったく違うと言ってもいい仕事内容で、研修を約4ヶ月間続けてきました。
お客様へのご挨拶・接客用語の唱和・レジ打ち・建築資材全般の商品研修等です。
実際に関係会社店舗での接客販売やレジ打ちもしました。

色々な知識を詰め込むので頭がパンクしっそうになったり、ほぼ立ち仕事で膝が痛い時もありました。
お陰様で白髪交じりの硬くなりかけた頭の中身も、かなり柔らかくなったと思います。

大学卒業後は今の会社しか知らない私です。
そういう事を経てのオープンですから、ある意味二回目の会社に転職をしたようです。
ですがオープンしたてとはいえ、民間会社ですから売上・利益目標という一里塚が存在します。
こうして新しい仕事に取り組ませてもらった事に感謝しつつ、年齢や肩書き(大した事はありませんが。。。)に甘えず、目標達成の為に日々を過ごしたいと思っています。
そういう意味でも人生の中で忘れられない記念日の一つになります。


既に地元の多摩○○C社長会の皆様が見学に来られています。
お仲間の皆さんがご存知、OさんやHさんの社長様とご挨拶しました。

オープン間もない13日には、 高知の師匠 が東京出張でわざわざご来場頂きました。
師匠ご来場
店内は写真撮影禁止ですので、玄関前でのこの画像のみですね。
(師匠も週末には投稿されると思います。)
 
物見遊山ではなく、関東の実情や動き(商品・品揃え・価格層 .etc)とメーカーの動向をいち早く情報収集に来られました。
NETやカメラ撮影技術では業界で有名ですが、こういう行動力を商売に活かされています。

わざわざ高知からのお土産有難う御座いました。
師匠ご馳走様です
創業元禄初年・土佐藩御用菓子舗【菓匠西川屋】さんの梅不し(うめぼし)でした。


思いがけないサブ効果で、あの準メタボがかなり改造中でもあります。
体重も減ってきています。⇒又書きます。

噂のお寿司

Category : お薦めの美味い物の部
13日の土曜日は勤務で、途中娘からのメールがありました。
和歌山から到着した宅配便があり、
『中に入っているお寿司を食べてもいい?』

遅くに帰宅すると詰め合わせの包装は残っていました。
てっぽう寿司さん
和歌山の小町さんからあの有名な【てっぽう寿司】さんのお寿司が到着していたのです。

ブログ仲間のMMさんや他の皆さんも、小町さんから頂戴し投稿していました。

てっぽう寿司鯛の笹すしには期待感がありますね。
てっぽう寿司鯛の笹すし

笹を取ると鯛が酢で丁度良い塩梅の熟成でした。
てっぽう寿司鯛の笹すしは。。。

鯖焼きもご覧のように鮮度を感じます。
てっぽう寿司鯖焼き

他にも柿の葉寿司も入っていました。

アベチャン蕎麦を食べたみたいとの事で、1月にご家族分の手打ち蕎麦を送りました。
そのお返しだと思います。
小町さん本当にご馳走様でした。

もう一個入っていました。手作りと思われるお菓子ですね。
おまけの手作り

こういうお気遣いにも感謝・感謝です。
小町さん自らが怪獣と言っている、お子さん3人の子育て頑張って下さいね。

小町さんは、MMさんや234さんとは面識があります。
私はMMさんや234さんとは仕事の関係で、直接お会いした事はあります。

皆さんも書いていますが、NETでの交流で友達の友達は友達というように輪が拡がります。
お互いが負担にならない程度でこういう関係を続けたいと思います。

松坂屋 厳しさ&帆布

Category : 秋田・東北

前回の続きの話しです。
兄の手伝いしていて4時過ぎになり、休日のデパートの催事場は空いてきました。
その時に兄から聞いた厳しい現実の話です。

①出展には他所の販売会での実績がないと推薦されません。
②しかも過去に有名デパートでの実績があっても、現在の消費者ニーズに合う商品でないと販売額は伸びません。
③今回の松坂屋さんでもある程度の販売額を達成しないと、翌年は声が掛からないようです。
④しかも旅費や宿泊費は自分持ちです。
⑤経費をかけて人をや雇うと経費倒れになる可能性もあるので、一人で接客をしますから昼休みや休憩もままなりません。

不景気のこの時代、待っていては何も生まれません。
いくら自信のある商品を造っても、売れないとゼロなんです。
造り手が自ら販売するこそ、消費者のニーズを嗅ぎ取り、売れる商品が出来るようです。

この点はどんな製造業・サービス業に共通する事だと思います。


さて 松坂屋さんで3時間ほど兄の仕事を手伝った後、同じ物産展の会場内を一回りしました。
眼に入ったのは、渋めの色の帆布製のバック類でした。
帆布 牛や商品

山形県米沢市の㈲三香堂【帆布 牛(ぎゅう)や】さんの商品で、早速販売担当の鈴木さんに話をお伺いしました。
帆布 牛や鈴木さん

防水処理を施した帆布は使い込んでいくと味わいのある色合いになるようです。
帆布 牛やさんの商品 

藍色系は女性に人気で、
帆布 牛や藍

深緑系は男性に人気との事です。
帆布 牛や深緑


今使っている通勤用バックがくたびれてきて、しかもスーツ用のビジネスタイプなんです。
TUMI等のが欲しいと思っていましたが、通勤姿がジーパンかコーデュロイなので黒系統のバックは似合いません。

手作りのこういう商品が好きな年代になりました。

そこで決心し、この色を衝動買いしました。
帆布 牛やさんで選んだ色

ちょっとカジュアル系で、年代的にも合うような気がします。。
帆布 牛やご購入バック

中を見ると
帆布 牛や山岸さん作 

『この商品は私が責任を持って製作いたしました。』山岸
シャチハタ印が押された紙が入っていました。

説明して下さった鈴木さん有難う御座いました。
『職人の山岸さん 大事に使いますね。』

関東では新宿と池袋にアンテナショップの直営店があるようです。
いつか同じ色の違うタイプや帽子も欲しいですね。

松坂屋 兄と

Category : 秋田・東北

一週間ぶりの投稿になりました。
皆さんおはよう御座います。

先週2日から今日8日まで、
上野松坂屋さんの【
第29回 東北6県の大物産展】が開催されています。
松坂屋物産展正面

実家の兄が店主の阿部 始漆器店が出店していますよ。
松坂屋物産展案内図① 松坂屋物産展案内図②

こういう風にお求め易いお椀類を中心に展示しています。
川連漆器①お椀類

酒処 秋田らしいこんな、キノコ型の遊び心ある盃もあるんですよ。
川連漆器②
会場内の接客はこんな感じです。
接客中①

会社の同僚S根さんが義母様とご一緒に来店してもらいました。
お知り合いの方へのプレゼントに、阿部 始漆器店の商品を選んでくれました。
接客中②

兄と私は当然顔は似ていますが、頭髪は兄は母似の黒のままで、私は父似の白髪交じりです。

S根さんにはお椀とお箸のセットをお買い上げ頂きました。
色々とご配慮も頂戴し、有難う御座いました。

最近の売れ筋商品は、この【滑らないお箸】のようです。
川連漆器滑らない箸①

女性用には朱・男性用には下の黒と思うでしょうが、深緑が人気あるようです。
川連漆器滑らない箸②

松坂屋さんだけでなく 、○越さん・○勢丹さんや関西のそごうさんにも販売で全国を回っています。

伝統工芸士の名前だけではこの時代に高価な漆器は売れません。

伝統工芸士①

物を造るだけではなく販売も重要な時代です。
こうして松坂屋さんに出店させてもらっても、一定の売上金額に到達しないとお声が掛からない厳しい世界です。

そういう点を次回にはもう少し触れたいと思います。

もし漆器を必要とするか検討中の方がいましたら、何でもご相談を受け賜りますよ。
私の名前を出してもらえれば、兄もきっと色々と配慮をしてくれます。。。

今日は実家の応援の為、宣伝をさせてもらいました。

春を待つPAN そして私

Category : キャバリア&わんこ

ここの所の朝の気温は、寒かったり緩やかだったりと冬まっさかりの日々です。
でも例年よりは暖冬ですね。
朝の出勤前のPANとの散歩も秋までは30~40分前後でしたが、今は平均15分前後とPANも用を済ませたらさっさと自宅に戻りたがります。

いつもの保第一公園での朝陽に向うPANは、寒さ対策の黄色のベスト着用です。
PAN凛々しく
最近この公園に吉川市道路公園課の看板が立ちました。

【犬を散歩される方へ】と、マナーを呼びかけています。
PAN罰ゲームではありませんよ
PANは×ゲームで繋がれてはいません。蕎麦打ちお父さんの勝手で撮影の為です。
ちなみにPANは、『僕はルールを守っているワン』と言っているような。。。

ニ郷半用水路の桜並木も裸同然ですが、もう二ヶ月もすると桜の蕾みが膨らみ四月には満開を迎えます。
PAN春の香り用水路
右下には鴨ファミリーが仲良くスイスイです。

去年はこの桜並木を沢山撮影しました。

自宅の狭い玄関先のたった四株の芝桜も三年目を迎えます。
一月の芝桜

去年と比べ少しずつ株が成長しています。 0910我が家の芝桜

昨年秋の北海道車旅では、季節外れでも藻琴町の芝桜公園にわざわざ行きました。
 アベチャン藻琴1
最盛期の画像に影響され、この芝桜は購入した次第です。

芝桜が咲くまでの間は玄関先が寂しいので、トマト農園さんで何点か花を購入し寄せ植えを作ってみました。
色彩は白と薄い紫で、イメージは冬を意識し繊細な白が紫の中で映えるようにしました。
300円の寄せ植え
この5株でたったの300円前後のようだった気がします。

チューリップやの球根類も大分芽が出てきました。
チューリップとクロッカス
右側のクロッカスが早いようです。

早く春になればと思っていますが、日本の四季があってこそこうした季節の移り変わりを肌や眼で感じる事が出来ます。

寒い冬には冬本来の役割があるそうで、農業関係のTVから知りました。
雪国には積雪が60㌢以上ないと、田んぼの害虫が死なないそうです。
去年は台風や天候不順の影響で、蕎麦が不作となり蕎麦粉も現在かなり値上がりしています。
蕎麦の原産地が山間部なので、天候不順がかなり影響するようです。

昔から庶民の食べ物だった蕎麦が、国産物はどんどん遠のきますね。

それではゆっくりと春を待つ事にしましょう。
今朝のお題はPAN関連でしたが、桜に芝桜そして農業・蕎麦粉にまで話しが脱線してしまいました。

サブタイトル【そして私】
いよいよ昨年10月から私が配属された新事業が、本日はプレオープン(流通業者向け)となりました。
明日いよいよはグランドオープン(プロユーザー向け)になります。

このブログでは残念ながら、直接的に触れられません。

業界情報通の高知の師匠の今朝の記事に、トステム業界ニュースとしてその概要が投稿されていました。
知りたい方は上記URLをクリックして下さい。

そしてブログを更新したり、皆様の所を訪問する機会が減ってきています。
早朝出社と遅い帰宅が続いています。
 
これからの私の春に向け、本業の新しい仕事に邁進していきます。
当分 ブログは、おそらく超スローペースでしょうか・・・?

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ