スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オムレツケーキ

Category : お薦めの美味い物の部

ガトー・ド・ボワイヤージュのとろけるシブーストはアベチャンお土産の定番です。
シブースト
空港にショップがあるので、何度かブログネタにさせてもらいました。


最近はJR駅構内にスイーツのお店が沢山増え、見つけたのは

同じ系列店のラ・メール・プーラールの完熟マンゴのオムレツケーキです。
img9e4791d8zikbzj.jpg
オムレツケーキのネーミングもOKで、マンゴ好きの娘にはいいかもしれません。

パッケージやコピーもいけます。
『モンサンミッシェル島の名物オムレツをイメージした~ 』

外側はクレープ生地と薄いスポンジ、中にはホワイトチョコレートムースと
マンゴのクリームがたっぷり挟んであって、所々に角切りのマンゴも入っていました。

今回はお試しだったのでハーフサイズを購入です。
オムレツケーキ

断面にはマンゴが見えたのですが、娘が既に綺麗?に取った後でした。
ちなみに蕎麦お父さんは甘いものはほとんど×です。
煎餅系なら食べますけど・・・。

外で美味しい物を食べる事の多いお父さんは、たまにはこういうお土産も良いのでは?

スポンサーサイト

BBQは15年ぶり

Category : 地元吉川市

ご近所さんからBBQのお声がかかりました。

夕方に5家族が集合し、我が家も親子三人とPAN286で参加しました。

会場は自宅からほんの十秒の、ご近所さんとはいえ初めてお庭にお伺いしました。
植栽が手入れされた中庭のあるお宅でした。
明るいスタート
人通りを気にせずに近い場所で出来るのは有難いです。 

我が家のBBQはおそらく娘が小学生以来ですから、15年ぶりのような気がします。
BBQスタート  
皆さんお子さん達が小さい頃は家族でキャンプや海に行っていたようで、道具や椅子・テーブルはご近所さんの持ち寄りですぐに揃いました。

メイン食材は定番のお肉に野菜です。
お肉1 お肉2 焼き野菜類と
 

中でも刺身でも食べられる、イカとゴロの組み合わせはサイコーでした・・・が!!
プリン体が多いので痛風にはかなりデンジャラス41な食べ物です。
イカに  ゴロに
『たまにゃぁ いいか』と自分をへんに納得させて頂戴しました。
 
ゴロのほろ苦さと塩味が山形産の日本酒に合う丁度良いあてになりました。
出ました日本酒が 
デジカメを手に持っていたら途中で感の鋭い奥様が、
『アベさんブログでもやっているの・・・』と鋭い質問がきました。
『記念に・・・』と答えましたが、世の中素人ブロガーが多いのがわかります。

娘も自宅からスパークリングワインを持ち出してきました。
ランタンでご馳走様 らんたん登場
夕暮れになりランタンの灯りも風情があっていいです。(あえてピンボケ気味です。)
 
5年前に近くにマンションから引越しした町内は個建て住宅ばかりで、お祭りやクリーン作戦の際は集まりの良い町会です。
たまたま年代的にアラ還世代前後のお父さん達が揃っています。
お子さん達も当然年代が近く、学校も同級生や先輩後輩となります。
よく見たテレビ番組や野球選手の話題が共通点で、その他愛もない会話が面白いです。
 
奥様方も合流し家族ぐるみの会話を楽しむ夕べとなりました。
こういうようなお付き合いが、日常の挨拶や留守の場合の頼み頼まれごともスムーズになり、
地域全体での防犯や子育てにつながっていくと思います。

ご近所さんからお声を掛けてもらい、参加させてもらった事に感謝した残暑の夏でした。

秋田行きの予定・・・

Category : お薦めの美味い物の部
ETC割引利用で行ってきました。

途中の谷田部東下りPAで食べたうどんセットのミニ牛すじ煮こみ丼は美味しかったですね。
うどんセット

トロトロに煮込まれた牛すじ肉と甘辛く煮たごぼうとこんにゃくが、ご飯がすすむ何ともいえない味付けになっていました。
そこらの汁と玉葱の多い牛丼とは根本的に作り方が違うと思います。
うどんつゆも調和されていました。帰宅してNETで調べたら、市販の業務用ではなくかえしだしで割っているので、まろやかで美味しくなっているのだそうです。

人気は地元産の味麗豚のしょうが焼きや、家内が食べたジャージャー麺のようです。
冷やしジャージャー麺  100円惣菜
カウンターには100円の美味しそうな手作り惣菜が並び最近のPAも侮れません。 


かなり横道にそれてしまいました


走行距離はこの通りです。         たったの372㌔でした。
出発0  372㌔


秋田に行くはずが前夜の実家への電話で、全国的に有名な大曲 花火で渋滞予想との事。

兄夫婦のアドバイスで急遽予定変更し、福島いわき市の叔母宅でした。

いわきのお土産定番と言えば小名浜魚市場ですが、
我が家は叔母宅御用達のいわきの台所と言われている【いわき鮮場】がもっぱらです。
いわき鮮場

鮮魚は「おのざき 鮮場平店」が、味と価格で地元に愛されているようです。
おのざき店内

いわきといえば、なんたってめひかりです。干しと開きがありますね。
定番めひかり

おのざきのめひかりは女優 萬田久子さんのお取寄せでテレビで紹介されましたようです。
めひかり干し

他には秋刀魚やイカを買いました。。
生のサンマは刺身にしてその場で食べたかった。
北海道特大さんま

サンマの開きもかなりの激安です。
さんま開き
当面 我が家のレンジの魚焼きは大活躍しそうです。

当初の行き先と大幅に変更になりましたが、同じ東北には行ってきました。
常磐道で太平洋側の玄関口への、ドライブがてらの日帰り買い物となりましたが・・・。
延期になった本命の秋田は来週末の予定です。
勤務先の皆さんご迷惑をお掛けしました。

PANの庭は虎刈り

Category : キャバリア&わんこ

狭い庭の芝生伸び放題です。(テラス下の日当たりが悪いハゲ部分はご愛嬌で)
芝生伸び放題 
一番に陽のあたる箇所はこのとおり。
芝生アップ 
PANの遊び場管理はお父さんの仕事です。

PANお父さんは頑張って芝刈りをしました。     
(1時間 フゥー ・・・ やった事のある人は分かると思いますが結構時間が掛かります。)
芝刈り機が無いので手動の芝刈り鋏みですから、     芝生鋏み
虎刈りは致し方ありませんね。                  
 

わがやはワンコ初心者なので、ベネッセの【いぬのきもち】をずっと購読しています。
犬の気持ちhyoshi dogmerit_img9b.gif
毎月必ず付録が付いてきて、今回は『一緒に引っ張りっこするロープ』でした。


芝刈り後の庭で大好きな引っ張りっこ遊びです。
この期待に満ちた眼の真剣さと大きさから、ハリキリ具合が分かると思います。
ロープ1

お待たせ 格闘スタート!!              ガゥガゥ ウーー
ロープ2 ロープ3
自分のものになるまで離しません。 
ロープ4
まだ諦めないぞ。
ロープ5 

PANお父さんが離してゲーム終了です。
ロープ6 ロープ7
 
当然大満足で抱え込みました。

そこでBIGバッタを発見しました。 何と10㌢近い大きさでした。
芝の色とほぼ同じで保護色になっていますが・・・
バッタ1 
虎刈り芝生なのでかえって目立ちますね。

忍者モードになりきっているのか まだ幼いのか、5㌢位の距離でも逃げる気配はありません。
バッタ2 
発見シリーズの前回はドングリパクゥ522でPANならぬ私が痛い目にあいました。

当然PANがカブッとしないよう、慌てて逃がしました。

基本的には室内犬ですが、狭いながらも庭に出て自然の風や太陽を感じながら遊ぶのは大好きです。
その為に汚れてもいいように、キャバリア特有の長い被毛はしていません。
まぁ そんなワンコとの触れ合いを楽しんだ夏休みでした。

PANの事件

Category : キャバリア&わんこ

キャバリアPANとの散歩中に色々と発見したことがありました。

で最近見つけたのは、大きなどんぐりでした。
どんぐりビフォー 
子供の時に見たどんぐりよりも倍近い大きさだったので、何となく自室に持ち帰っていました。


忘れていた頃に突然家内からメールがあり、 
ドンメル1
えっ どんぐり

ドンメル2 
ぐったり・・・。本当?



自宅に戻ってみると、皮を残し綺麗に食べていました。
 どんぐりアフター

翌朝の散歩前に様子を見にいくとあくび一発に、
おはよう父さん 
いつも通りの元気なPANで一安心。
おはよう行くよ
この後はいつもの散歩にGOでした。

病院に連れていくほどの事件ではなかったようです。

家内はナッツみたいな物だから、食べさせてはいけないと言っています。
お父さんの言い訳では、ぐったりではなくどうやら眠かっただけだと思いますが・・・。

野菜も好きで雑食性とは聞いていたけど、まさかリスみたいにどんぐりまで食べるとは。
こういう一面を感じた一コマでした。

ペット・しかもワンコを飼うと決めたら、子供を育てるような配慮も必要なんですね。

時知らず

Category : 美味しいお店・食べ物
北海道は釧路の友人からクール便の長い箱が到着しました。

開梱してみるとドデカイ生の鮭 通称【時知らず】が一匹そのまんま!!
鮭が到着1
どうやら高級品のようで、一般家庭なので食べるどころか見るのも初めてです。

すでに三枚におろして切り身にしてあったので助かりました。
我が家のへなちょこ出刃包丁では太刀打ちできませんでした。

鮭が到着2
切り身もスーパーで買うのとは、厚さ・重さがまったく違いました。

皮と身の間の脂もありますね。成熟前なので皮が薄いのも分かると思います。
時知らずアップ

普通の塩焼きとバター焼きにし、身肉に脂があるので大変美味しく頂戴しました。
刺身でも良かったくらいの素材でした。

Lサイズだったので親子三人で食べきれず、早速いつも新鮮な野菜を頂戴したりするご近所さんにおすそ分けしていました。
後日の家内の話では、ご近所さんから美味しかったとの事でお世辞でも納得です。

女性陣は調理の時の魚の生臭さが苦手なので、余ったアラはアベチャンが大根・ニンジン・じゃがいもでアラ汁にしました。
食べたのもアベチャン一人でしたから、ちょっとお腹周りに鮭の脂肪が付いたような・・・。

釧路の友人とは近々会う予定もあるので、たっぷりお礼をしないといけませんね。

楽しい花火大会

Category : 地元吉川市
市内最大の町会ネオポリス地区(栄町)は花火大会を単独で行います。
会のメンバーも同地区在住者が多く、そば会からも花火寄付を毎年協賛しています。

地区メンバー武部さんが早くから場所取りし、手作りの看板を作ってくれました。
武部さん力作
小石の重石付きで手の込んだ11枚のポスターでした。毎回有難う御座います。

お酒も高橋さんから出身地は山形の銘酒初孫や
高橋さん初孫に 
岡馬さんからは新潟大吟醸久保田を始め、
岡馬さん久保田 
ビール・ワインの差し入れあり、皆さんから毎回ご馳走になります。
 
蕎麦打ち以外にもこういう花火見物や宴席などは、男性には重要なお楽しみです。
花火全員で 
口の重い年代が多いので、アルコールも時には必要です。

奥様やお子さん・お孫さん同席のご家族もあり、こうしたお付き合いも会員の結束が深まります。

宴会もたけなわになり
花火全員で2

花火がスタートしました。
花火全員で3


田んぼの打ち上げ場所から300㍍前後の席だったので、豪快な臨場感を堪能出来ます。
花火1 

花火2

最後には小さいながらもお約束のスターマインでした。
 花火3
 
撮影はこんな感じでしたかね。(シャッタースピード1秒でISOは400でした。)

例年そば会は格安の200円で、ボランティア的に手打ち蕎麦を販売していました。
毎回 開始1時間ほどで売り切れになり、人気のお店になっていました。

今年は準備の大変さと野外でのそば茹でもあり出店しませんでした。
来年は自治会役員さんからの要請で再開するようです。

二ッ星船橋『こみや』

Category : 勝手にミシュランの部
『プロの技に感嘆』
船橋駅に近い「こみや」 はビルの5階の目立たない場所にあります。
船橋こみやさん

同じ職場で仕事をした仲間で20年以上も続いている会があります。
幹事長のhoneycamiyaさんに今回選んでもらったのは船橋のお店でした。
honeycamiyaの点声塵語のブログ→お店の詳しい感想はこちらのほうでどうぞ。

最初に出るお通しで調理人の技や、そのお店のお客様に対する気持ちが分かる時があり、登場した酢の物は絶品で、大手チェーン店系では出てこないような味付けと食感でした。
絶品お通し
絶妙なバランスで酸っぱくも・甘くも無い、夏場の最初の一杯のビールには丁度ですね。

材料は胡瓜・水菜・切干大根に白子と高い素材を使っているわけではありません。
パクリお通し
これはMY料理でパクらせてもらいます。

お刺身も居酒屋レベルではなく、鱧や甘鯛(グジ)が丁寧な仕事で出てきました。
プロのお刺身
甘鯛は醤油なしの食材からの自然の味で食し、秋刀魚や鮭もプロの盛り付けでした。

このレベルの料理に合うお酒は日本酒ですね。
樽酒 
枡にこぼれる注ぎ方には満足のメンバーでした。
WS0.jpg   WS1.jpg
 
WS3.jpg

メインは特製つみれ鍋:いわし、海老、鶏、根昆布からいわしと鶏を選びした。
つみれ鍋
昆布とかつお出汁で具材は水菜だけのシンプルな鍋です。

とろとろの感じが分かりますかね?
つみれも絶品 つみれも絶品2

 
締めは雑炊と稲庭うどんで試してみました。
うどんに
雑炊に 

割烹での修行を含めその道一筋40年の調理長と板場の職人さんの技、そして給仕の女性の皆さんの板場との連携や心遣いを堪能した一時でありました。

前回の二軒は創作料理系と完全な下町の居酒屋さん、今回は正統小料理屋さんですかね。
色々なジュンルのお店を味わうのも自分にとって良い比較になります。

勝手にミシュラン ランクⅡ
本当はランクⅢでも良いのですが、ちとお高いので惜しくもⅡに。

錦糸町で正反対の~

Category : 夜の部
錦糸町にて蕎麦打ちのお仕事仲間との慰労会でした。

06年オープンした 【井のなか】は、WEB上にも多く登場しているちょっと知られた有名店で
錦糸町井のなか

イタリアンと和食を融合させた料理と日本酒のこだわりがあり、
やまけんの出張食い倒れ日記』や『くにろく 東京食べある記』のブログ等でいつかはと思っていました。

下町錦糸町の飲食店では女性客も居て珍しくBGMがジャズの中、お洒落な料理とお店選りすぐりの日本酒を堪能しました。 

ジャンボメンチカツ(850円)だけは撮影しお店を後にしましたよ。
井のなかイタリアン 

ジャンボメンチ2 ジャンボメンチ

昭和30年代前後生まれのお父さん達には、『居酒屋 = モツ煮』が定番なので何かもの足りず、30秒離れたこれぞ下町は錦糸町らしいお店【天紫亭】に寄り
天紫亭看板
まずはお刺身と定番モツ煮です。
天紫亭お刺身
お客さんはほとんど仕事帰りのお父さん達で、BGMどころか回りのテーブルの喧騒さが雰囲気にもなっています。

落ち着いたところでメニューを見てメンバーはビックリです。
天紫亭メニュー
HPもなく飲食系ブログにもあまり登場しないお店ですが、味と値段はサラリーマンには味方です。
さっきのお店には一杯1,500円の日本酒もあったけど、こちら芋焼酎ボトルが1,800円 也。

さっきのお店の半額以下メニューに驚き、
で眼に入ったのは250円メニューのホヤ刺しと冷やしトマトでした。  当然オーダーです。
同価格~
完全にコストパフォーマンスではホヤ刺し君の勝ちで、大盛り上がりの比較談義となりました。
ほや君 冷やしトマト 

おそらく東日本以北の呑み助さんしか知らないホヤは、好き嫌いがハッキリしています。
見た目のグロテスクさと味のエグミさから
『初めて食べた人類の偉大さ』を称える話題で盛り上がり、
ほや君大笑い
現役(元?)美人ママさんとの元気な会話でお酒もすすみます。

本日のサービス一個200円のホタテ焼きの大きさに感動しきりで、
どうみてもホタテ
お父さん達は即胃の中で、まるで『兵どもが夢の跡』でした。
兵どもの

満腹になったお父さん達には、勝手に『チーム太め』と名づけさせてもらいました。
チーム太め
お一人は翌日が血圧検査という事を公言しながらの飲食で、
翌日の検査結果がほぼ正常値との、お笑い風のメール連絡があったくらいでした。

中高級店とB級グルメ普及店の二軒の居酒屋に行きましたが、
料理・雰囲気・お値段・お酒・客層とまるっきり正反対のお店の話題が、大いに酒の肴になった
明るく・楽しく仕事仲間との英気を養った夜でありました。

この投稿で200本目となりました。奇特な読者の皆様には感謝致します。
プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。