スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の日には

Category : 市井の人
6月の最終日に遅くなりましたが、我が家の『父の日』のことです。

社会人一年生の娘から事前にオーダーを聞かれました。
その気持ちだけで充分だったので、レンタルCDのアルバムをリクエストしました。
何かと入用の多い新人からは初任給時に頂戴したので、そうは甘えていられません。

平原綾香のデビューの名曲も入ったベストアルバム『Jupiter 』です。
jupiter 平原綾香CD Jupiterレンタル
ホルストの原曲の良さもさることながら、彼女の声・歌唱力で落ち着きます。 
『私のこの両手で何が出来るの~』の詩の部分も好きです。

実家の父には名前入りの吟醸酒にしました。
90歳を過ぎてほんのちょっとでも晩酌が出来るようで、元気な父だけでなく毎日用意をしてくれる兄夫婦や距離的に近い姉・弟には感謝しています。
名前入り日本酒
直送したので画像がなくこんなイメージです。
家内の亡き父には命日前後にスタッドレスタイヤに履き替え、好物だった物を携えお線香をあげに行くようにしています。

子供の頃には父の日の記憶はなく、確か母の日 = カーネーション(子供の小遣いでOK)だったような思い出です。
確か中学校くらいの時に、学校でカーネーションを斡旋していました。
父の日はこの何十年かで日本に定着した記念日のような気がします。
記念日や国民的行事の日に、家族や親族が普段言えない感謝の気持ちをプレゼントで表現するのも、照れ屋さんの多い日本人には合っているんでしょうね。

いよいよこの3ヶ月間準備・集中した仕事も、後一週間後に本番になります。
一人で運営出来るような規模ではないので、スタッフ全員の協力が必要です。
『Jupiter 』のメロディを思い出しながら、平常心で対応出来るよう自分なりに精神集中しようと思っています。

スポンサーサイト

電車での光景三題

Category : 市井の人
私が通勤時間帯に乗る電車の車両は【サハ E230】という記号が付いています。
240px-Jreast_e231sobu.jpg
通勤時の混雑を考慮した車両で、朝の10時までは三人掛け椅子が跳ね上がり、立つしかない車両で優待席もありません。(ちなみに鉄道マニアではありません。)
椅子に座れるタイプの車両も連結されていますが、混雑が少ないのでその車両の跳ね上がった椅子に腰を押し付け安定させて立っています。

そんな電車内での最近の様子を報告させていただきます。

①朝の通勤時間帯に杖をついたご夫婦が乗車されました。
当然椅子はなく摑まるにはつり革が高すぎ、真ん中に立ったままで不安定そのものでした。
私は座れないまでも体を車両の一部に触れて安定できる場所をお譲りしました。
そうしたら隣の60代近い男性も『ご夫婦でどうぞ・・・』と、まるでTVCMに出てくるような微笑ましい言い方で二人分確保できました。
お二人は立ちつつも寄り添いながら、そのスペースに移動されました。

②話しには聞いていましたが、傍若無人的な方もいました。
夕方は椅子が座れる状態で、私は当然立ったままです。
立ったままの年配のご婦人方がいて、なんやらあまりに元気な声を発しています。
辺りに煩いくらいに『年寄りには・・・。』、『この電車は優先席がない。』とか話していました。
電車から降りたと思ったら一番元気な女性が、声高に『今時のもんは何を言っても分からない!!』と電車の入り口に向かい、怒鳴っているに近いような叫び声でした。
その様子から三人掛けに座った30代の乗客が席を譲らなかった事にご立腹と分かりました。
どちらのほうがマナーが悪いかどうかは一目瞭然で、私が見てもあえて席を譲るような年齢・体力には見えませんでしたが・・・。

③2日前の夕方の光景で心が和みました。
明らかに年齢の高いご婦人二人が乗車し、通路を歩きながら空席がないか見渡していますが、あいにく時間的に満席でした。
私はたまたま座っており、近くまで来たら譲ろうと思っていました。
その途端に30代の女性が席を譲ったと思ったら、直ぐにその隣の60代の男性も席を譲りました。  ご婦人二人は笑顔でお礼を言い、自然な感じで座りました。
譲ると普通はその場から立ち去る人が多いのですが、その女性は微笑みながらお二人の前に立っていました。 その日は美味しかった。
私だけでなく、譲った皆さんはそういう場面でどう動くか同じ考えだったようです。


最近は『マナーが低下した。』とか『最近の若者は・・・』言われておりそういう部分もありますが、まだまだ常識的な一般の方も多くいます。
子供さんがいて親として自分自身が学び、又 年齢的にも父母が高齢と思われる方かなぁ。

皆さん、状況を判断し自分の役割を考えて次の行動に移っています。
そういった事が言い換えると『社会教育』であり、人から人への無意識な発信でありコミュニケーションなのかもしれません。

まあ私の場合は電車の中で年齢にも関わらずキョロキョロしているからこそ、気が付いてしまう面もあるんですが・・・。


1月から検証を目的にスタートしたカウンターが、お陰様で昨日で2,000人になりました。
2000人
同じ社内の訪問者はカウントしない設定をしており、単純に一日10人以上の社外の皆様に見て頂いています。
週1~2回発信のつたない素人ブログへの訪問に、この場を借りましてお礼を申し上げます。
あるお客様の『私らしいTFC-NETのブログを続けていきたいと思います。』の発信には、自分なりにも共感しましたのでリンクを貼り紹介させてもらいました。

ETC過信は禁物

Category : 東へ西へ

土曜日に家族全員で新潟に448行ってきました。渋滞で何時の帰りになるか分からないので、
室内犬で食事や排泄に不安のあるPANも一緒です。
車中のPAN 

ETCでのちょっとした失敗談です。

前の車のオデッセイには音声ガイド付のETCを付けており、
『カードが入っていません。』や『もうすぐ料金所です。』とかのガイドで、カードの挿入状況やETCシステムが分かりました。

今のオデッセイにはディーラー搭載のブザー付きのETCで、正常にカードが挿入されないとブザーが『ピィーーー』と異常を知らせます。
ETCカードを挿入し受信部のランプがになったのを確認して出発しました。
作動中 

東京外環道は順調に通過し、『ピィ』と正常音でバーが作動しました。

関越道の新座料金所1㌔手前で、『ピィーーー』とETCから音が聞こえてきました。
娘から『お父さん何か鳴っているよ。』 ⇒ 
私曰く『料金所が近い事を知らせる音だから大丈夫!!』

ETC搭載車両が増えて事故防止のためかバーの上昇スピードが遅くなり、3月からは20㌔で通過するよう表示が出ています。
ユックリとETC感知ゾーンを通過し、『ピィ』の正常音と同時にバーが上がるのを待ってると・・・

音もしないと思ったら、バーも上がりません。
『エッ!!405』とブレーキを踏み停車して、受信部を見たらランプは何と無色で、カード部分は正常でなく浮いた状態でした。

バックミラーを見ると後続車も一緒になって停まってしまいました。『申し訳ありません435
こちらがもし急ブレーキ停車だと、事故の可能性451もありました。
急いでカードを挿入しましたが作動に時間がかかるのか直ぐには反応はありません。

係員の方が来てくれるかとキョロキョロしていたら、斜めヨコ後ろにETC専用ゾーンにも一般車両用の入場カード出る装置が付設され、そこから入場カードが出ていました。
後続車が違うゾーンにバックで移動してくれ、私もバックしてカードを取ったらバーが上がり『ヤレヤレ404』何とか通過出来ました。

当然ETC通過でないので休日割引は適用されません。
でもって次の所沢ICで一旦高速を出て料金を払い、ETC専用ゾーンから『ピィ』のブザー音に安心して再入場しました。

原因を考えてみると、
①ETC装置からの『ピィーーー』音の時点で、何らかの拍子でカードが出てしまったようです。
②前のタイプは事前に鳴っていましたが、後で考えると今回は位置が早過ぎました。

結果的にユックリ入場したのでバー衝突やオカマ事故もなく通過出来ましたが、
本当に器機系は『油断は禁物』で目視が一番です。

ランチ営業も大変

Category : ランチの部
岐阜で遅い2時半過ぎの昼食となり、市内でランチ営業中のお店を探しました。

時間が時間なので営業中のお店が少ない中、
眼に飛び込んできたのは味噌煮込みうどん
山本屋本店】の柳ヶ瀬店でした。

普通だったら入っていたかもしれませんが、同行のメンバーは50代と40代で味噌煮込みの濃い味がイマイチなのか誰も入ろうと言わず、柳ヶ瀬近辺で次のお店を探してみました。

そこで小料理屋さん風のランチ営業の看板がある、若い店主のお店に飛び込んでみました。
10人も入れば満員のお店で、時間的にも我々三人だけでした。

まずはお茶です。小料理屋さんとは思えない上品な抹茶が出てきました。
岐阜のお茶

ランチは海鮮チラシで、酢飯のサッパリした味が食欲を誘い美味しく完食でした。
岐阜海鮮チラシ
梅雨前なのに小雨でやや蒸し暑い時期だったので、熱いうどんでなく大正解でした。

ちょっと残念だったのは、お味噌汁と小鉢が食べ終わる前頃に出てきた事ですが、まぁ許容範囲でしたかね。
でお店から出て外の看板を見るとメニューに握りのセットがあり、おそらくお寿司屋さんで修行したんでしょうね。
中途半端な時間帯でもランチ営業をするには、固定客を掴む工夫をして廻りのお店が準備中でも頑張っているんですね。

そう言えば前回の岐阜のランチもお寿司でした。
岐阜千成寿司

2軒とも初めてでしたが、まわりに競合店もあり名古屋が近いだけあって、価格と味のバランスが釣り合うお店でした。
かつては繊維街で全国の業者さんが集まった岐阜の町も、ご多聞に漏れず日中は閑古鳥でした。
そういう中で飲食店も、生き残るには相応に努力をしていると感じました。

次回の岐阜は7月予定なので、今度はお蕎麦を楽しみにしています。

そう言えば仕事関連のNETのアクセス環境がシステムの都合で悪く、多くのお客様にご迷惑をお掛けしております。
当たり前のものが使えなくなった時の不便さと、危機管理の必要性を強く実感しています。

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。