二つのお祝い

Category : 市井の人
錦糸町の個室ダイニングのとある店に・・・、今週 部内のメンバーが集いました。

まずは前菜でしたが、あっと言う間に皆さんのお腹に納まり見る影はありません。

お刺身盛り合わせは、お店のウリだけあって食感が最高でした。
お刺身

有機野菜のシーザーサラダ⇒新鮮な食感と上品なソースが最高。
有機シーザー

もち豚と木の子のホイル焼き・・・本当に柔らかいお肉でした。
もち豚ときのこのホイル焼き

海老と紋甲イカのチリソース
紋甲いかの海老チリ

香りの青垣茶そばで~
茶そば

あぁっ おっと、今日は【美味しいお店】の紹介ではありませんでした。

女性が選んだコースの最後は☆18cmバースデーケーキ☆がセットで、デザート代わりでもありました。(左党の蕎麦打ちは見ただけですけど)
バースデーケーキ

ケーキは満60歳のお祝いプレート付きです。
プレート

ケーキと言えば賑やかなクラッカーも付き物ですよね。散らないタイプで便利で、最後は首飾りに変身していました。(大爆)
クラッカー

一つのお祝いは誕生日だったのは一目瞭然ですが、一般的な企業同様アベチャンのところも『60歳定年制』です。
高校卒業以来42年間に渡り、会社の発展と部下育成に貢献していただいた『としちゃん(自称されていますので、敬意を表しながら・・・)』の会社卒業式でした。
定年延長で1年は会社に残る事になりましたが、区切りとしてのお祝いの会でもありました。

生涯一企業で頑張ってこられた真摯なお姿には、いつもながら頭が下がります。

部内での食事会(飲み会)が好きなメンバーですので、記念品は2月のお祝いの際にお渡ししました。
記念品

4月も、もっと大勢の人数でお祝いの会を行います。
人生の先輩に祝福を送る会に明るく楽しく参加出来るのも、職場の環境が良好な証拠であり、皆様に感謝です。

『桜の季節』と言えば

Category : 地元吉川市
先週の連休 金・土は全国的に暖かい日が続き、東京では土曜日・千葉や神奈川では日曜日にソメイヨシノの開花宣言がありました。

全国各地からの桜情報もありましたので、埼玉県内でも東京・千葉に近い、地元 吉川市の桜の様子をお伝えします。

ワンコ散歩コースの二郷半用水路は3㌔以上の桜並木が続きます。
二郷半用水路
江戸時代からの用水路だったようで、堤補強のためにも桜が切られず残ったようです。

土曜日の朝はほとんどの桜はまだつぼみでしたね。
つぼみ

よくよく見ると日当たりの良い箇所で一輪咲いていました。
やっと


日曜日の朝ですが、朝から雨模様の曇りで気温が上がらずやはり一輪のままです。
変化無し

同じ枝・花を撮影したのは確かなのですが、素人カメラマンの悲しさで角度も露出も違います。
定点での同レベルとも思ったのですが、撮影は改めてプロとの違いを実感しました。

違う品種のしだれ桜は満開でした。
違う種類

前夜からの風の強い月曜日朝も桜は同じ状況でした。
今朝は数輪咲き、素人がみても開花宣言です。

先週末は江東区中学校の卒業式が多く行なわれ、会社でも知り合いが母親業として出席のため何人か休んでいました。
今週には満期定年の方の送別会も予定されています。
通勤電車ですぐ新入社員と思える、黒系の服を着た二十歳過ぎの女性を多く見受けました。
不景気と言われていますが、業種や企業によっては元気な先もあります。

まさに『桜の季節』とはよく言ったもので、蕾む・咲く・散る・葉が生い茂るの一連のプロセスを旅立ちに表現した、日本人の美的感覚を感じます。


自分へのおまけ・・・ & 感謝。
1001人
年初のカウンター設置以来先週月曜日には、1000人のご訪問者を超えたようです。
不定期投稿の拙いブログではありますが、ご訪問の皆様には御礼申し上げます。

キリ番のSHOTを狙っていましたが月曜日は仕事中ですから、当然 上手くいきませんよね。

春眠暁を覚えず

Category : キャバリア&わんこ
先週末から全国的に暖かくなりましたよね~。

久し振りにキャバリアのPAN君登場で、玄関で朝の散歩出動前です。
①何なに
眼が大きい犬種で、見慣れぬデジカメに向い『何・なに~』とずっと見ています。

②行くの
『行くの・・・』と真剣にスタートを待っている様子ですが。

と つ ぜ ん















大きなあくびを一発。
③待って
久し振りにタイミングの良いベストショットでした。


お後は・・・
がぜん ファイト満々の凛々しい出動体勢に入りました。
④ヨシファイト

丁度寒くもなく・暑くもなく 寝やすい温度のこの時期は、人間も動物もまだまだ眠いようですね。

散歩コースの地元吉川 ニ郷半用水路の桜並木もつぼみがどんどん蕾んできました。
毎朝の散歩から景色も温度も変化している日々を感じ、人間も動物も春がやってきている事に喜びをもらっています。

この季節と言えば、 そう が沢山産まれます。
あと2週間で娘が社会人1年生のスタートになります。

二ッ星宮崎『地鶏の青空』

Category : 勝手にミシュランの部
『とにかく地元はチープと笑顔』

宮崎では地鶏専門店の青空へ、地元Yさんにご案内してもらいました。
青空正面

お通しは焼肉系定番のキャベツのぶつ切りで、新鮮でシャキシャキでしたね。
青空キャベツ
左上の黄色はポストイットで、ちゃんと情報交換した内容をメモっていますよ。

定番という地鶏の塩焼きをオーダーしたら、オヤジさんが鶏をカウンターの鉄板で焼いてくれます。

大きなレモン付き地鶏で、量も優に300㌘超でした!!
地鶏塩焼き
胡椒と塩の味加減も最高でとにかく美味い。
『そんじょそこらのブロイラーどころか地鶏とは、まったく濃厚さ・歯ごたえが違う。』
『皮も余分な油が抜け、柔らかいだけでなくパリッとしっかりしてる。』

茄子の煮漬し風サラダ。これがまたサッパリとして地鶏に合う。
茄子サラダ
お通しのキャベツの甘さも塩焼きとのバランスが良く、お寿司の口直しのガリのような役割でした。

怖そうだけど、笑顔がいい親父。 撮影するのに恐る恐る許可をとってしまった。
怖い親父の笑顔

乾杯ビールの後の飲み物は当然ご当地 白霧島20℃で、ボトル一本がなんと1400円でした。
支払いは二人で6,000円でお釣り。

『エッ!!』 これだったら、地元タクシーが観光客を案内するのも納得。
地元Yさんも味・値段からよくお土産に持ち帰るとの事で、当日も家族サービスでオーダーしていましたね。

帰りはホテルまでタクシーで、初乗り500円のままで到着。
タクシーメーター ワンコインタクシー

おまけ ・・・ 流石リッチモンドホテル。
フロント① フロント②
スッチー風ユニフォームの笑顔は無料のサービスでした。

南国 宮崎で多くの笑顔に接し、感謝・満足し英気を養ったアベチャンでした。

勝手にミシュラン ランクⅡ

明日は何の日~

Category : 市井の人
毎年恒例の時期になってきました。
アベチャンのチョイスは~

3/14用にセット販売しているスゥイーツやキャンデーは、ここ10年以上買った記憶がありません。
義理で頂いた事へのお返しとはいえ、贈る側に拘りがなくかつ安易ではつまらないと思っています。今回用意したのは自分の味覚の中でもお奨めの物なんです。

まずは田舎の名産品 稲庭うどん の中でも三本の指に入る老舗、『寛文五年堂』さんのいなにわ手綯(てない)うどんです。(銀座にも直営店)
寛文五年堂
町内のお店で母の知り合いがいたこともあり、昔は直接買いに行っていました。

08年度も受賞し、10年連続モンドセレクション大金賞受賞の逸品で、のど越しは保障します。
モンド賞

ご存知稲庭は日本三大うどんの一つですが、もう二つの産地は讃岐水沢です。

昨秋 四国での『讃岐 池上製麺所 るみばぁちゃん』のうどんも絶品でしたね。
るみばあちゃん
麺太なのに、腰・口当たり・食感は、今までの讃岐の中では最高のうどんでした。

るみばあちゃん
現地での釜揚げうどんの味に近いこのうどんは、茹で時間が10分以上です。
茹で上がるまで待つ価値があると思いますよ~。

昨年の11月に高知の師匠お奨めの、地元高知 馬路村農協のゆずポン酢もいい味でしたね。
馬路村
我が家では鍋物や湯豆腐だけでなくサラダは当然で、柚子が味を和ませてくれるので納豆・餃子やお刺身(鯛・白身魚等用)にも使っています。

という事で、地元で愛されている地産地消の手作り品で、かつ全国でも人気のある物をチョイスした次第です。蕎麦打ちなのに何故かうどんがメイン

心当たりのある方には、何が届くか分かりませんが・・・。

『ラーメン ワンちゃん 木更津本店』

Category : 普通の麺
千葉県木更津市にやってきました。
全国的には例の浜○さんや映画木更津キャッツアイ、関東では潮干狩りで有名な町です。

木更津市には竹岡式と言われる醤油系ラーメン屋さんが多いようで、その系統の一軒に地元T先輩の案内で入りました。

お店は駐車場に車がたくさんで、中に入ったらサラリーマン風・職人さん風・家族連れと、地元に愛されているのがすぐ分かりました。
ワンちゃん

店内はおばちゃん4人で切り盛りし、見ていて非常に動きが綺麗で無駄がなく、役割分担が一つの形になっておりチームワークもバッチリでした。
毎日の接客とプロ意識でここまでになったと思います。

チャーシューメンをオーダーしました。
麺は小さな鍋で一個一個別々に茹で、湯切りをしないで箸でラーメン鉢に移し変えていました。

スープの色はかなり濃いのですが、醤油の辛さは飛んでいるので美味しく頂ける。
薬味はネギでなく刻みタマネギで、最初乾麺が上にのっているのではと思うくらいの非常に細切りメンマでした。
チャシューメン

これほど細く切るには相当の技術が要りそうな感じで、麺の細さと同じだから違和感なく入ります。
こういう地元から愛されている特徴のあるラーメンを、土地土地で食べるのはいいですね。

デジカメを持ち出し『撮影の確認』をしたところ、
いつもカメラはお持ちですか・・・?と心温まる一言でした。
T先輩ご馳走様でした。感謝・感謝!!

やっぱり分析

Category : ブログから学び
アクセス数アップの常識をあえて語りま~す

何と人ですよ。
1月2日から設定してみたカウンターアクセス数で、2月27日で800人となり57日目での達成です。
800人
単純日割り計算で、月420人のアクセス数となります。
⇒私の仕事関連のお客様ブログと比較すると、上位100位前後のアクセス数となります。
素人が趣味の範囲で休日や平日早朝にやっていても、この程度になりました。

この2ヶ月間の投稿数は28回で、曜日別に一日平均アクセス数と対比させてみました。
曜日別

平日は20人弱の方が毎日見てくださっており、土日は半分前後になります。
仕事や夕食・家事が一段落してからの夜9:00以降もアクセスがあります。

圧倒的に仕事関連の方に見てもらっていますね。
蕎麦打ちネタは特定方用の趣味ブログになっており、その時のアクセスは一桁台もありました。
蕎麦打ちに料理画像を入れたら、アクセス数アップも分かってきました。

私のブログに関しては、アクセス数やコメントの多い日の傾向は完全に3点です。
①美味しい物・ヒット商品や食事系には女性を中心に増える。
②出張系記事に食事系がプラスされれば増加傾向。
③先方のブログにリンクが入れば更にアップする。

という事で今回分析結果は・・・、
硬い記事(蕎麦)だけではアクセスは上がらない。
住宅の購買権はほぼ女性と言われており、女性をターゲットにした時には食べ物系の記事も重要です。

そういう事を理解して、アクセス数をアップしようと思ったら、
【美味しそうなデジカメ画像(マクロ撮影と技術)】と【現実的に食べにいけなくても、空想でも行きたくなるような記事】を投稿してみて下さい。

そんなに難しくないので参考に私が定期的にチェックしている女性撮影&投稿ブログの、
北海道の記事北海道

関西のお客様のお昼ご飯大阪

で、誰にでも出来そうですよ。

併せてNET-WORK仲間とのコメントとリンク交流も当然重要になります。
外食してお気に入りのお店があれば、是非リンクを増やしましょう。



150回のプロセスと感想

Category : ブログから学び
10月11日よりスタートしたブログ投稿も開始から約5ヶ月弱となり、この投稿で151回を数えるまでになりました。
もうグラフやデータの分析は見たくないかもしれないので、定性的(かたぁー)に書かせてもらいます。

第一クール:目標『短期100本投稿
10/11~12/8・・・100回早期達成の挑戦。⇒勢いだけの59日間で何とか達成。
負けないで
今 振り返ると 中身が薄く、起承転結が無い投稿がありましたね~。(恥かしい
でも多くの友人とお客様にはコメントで励まされました。
『改めて御礼申し上げます!!』

第二クール:『毎日続けてみようかな~。』
12/8~12/27・・・毎日投稿で計120回目。
『継続は力なり』との想いで投稿していました。走る
①しかし 内容に蕎麦打ちなりの思いやウンチクが無くなってきて筆も荒れ、
②自分も疲れて日単なる記になる傾向がありました。

『身の丈』という自分に言い聞かせている事を思い出し、ちょっと間をおいてみる事にしました。

冬季休暇と重なりブログ開始以来初めて二日間休みました。
PCの前でブログの管理ページをスタートさせなくていいことに、凄くホットしていました。

第三クール:目標『ありませ~ん・・・
12/30~2/27・・・投稿ネタは一応取捨選択し、記事も慎重に書いたつもりです。
一週間に3回程度の投稿で150本を迎え、このペースなら休日の作業&予約投稿だけで対応できました。

途中 根っからの物好きや凝り性あり1月から、
カウンターを設定しアクセス数をから【記事・カテゴリへの反応】確認と、
②意図的にリンクを増やし【リンク先のアクセス数の関連性】も確認してみました。

こちらも先方からリンクを入れてもらった場合の、アクセス数アップを実感しました。
ekurea.jpg

今までにリンクを頂戴した高知の師匠や山梨・茨城方面の方々や紹介して頂いた皆様、ブログ活用の参考になり有難う御座いました。

こんなプロセスでブログをスタートさせ、途中色々な事を学びながら自分の本来のペースでの投稿出来るまで、ブログを通して分かった蕎麦打ちでした。

今後はマイペースでの投稿を、と続けていきます。
プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ