スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものづくり・匠の技の祭典2017

Category : 市井の人
3月の投稿以来、五か月ぶりの更新になります。

このブログを知っている小中学校の同級生から、30年来の先輩や蕎麦仲間まで何かあったかと思われたようで、何度か連絡がありました。

個人的にも家族にも何もあったわけではなく、パソコン不調に伴って更新の意欲が薄れてきたのが実情です。
この間 アクセス頂きご心配された皆様に感謝申し上げます。
因みに愛犬PANも10歳半を過ぎましたが元気であります。


さて 【 衣 食 住 工 】をテーマとした ものづくり・匠の技の祭典2017 が、先週9日(水)~11日(金)まで東京国際フォーラムで開催され、夏季休暇初日の11日に見学してきました。

20170811ものづくりPR

~日本各地の産業活性化を目指す~ALL JAPAN&TOKYOプロジェクト が東京都を中心に2016年に発足し、今年も都を中心とした実行委員会が運営しています。


昨年も同時期に開催され、ものづくりの家に育ち 職人さんの仕事が好きな私は行ってきました。

その際に、新潟県長岡市の 中長鋸製販の東賢一郎さん とお会いしてきました。
この方の作ったミニ鋸 が海を渡って、イタリアのバイオリン職人さんが愛用している様子が、日本の技術を紹介するテレビ番組(和風総本家)で放映されました。

20160811購入

その際  記念にスクレーパーとやすりナイフを購入させてもらいました


オープニングの10時には会場に到着し、来場者がまだ少ないうちに、匠の技に接し、ものづくりも体感できるイベントの様子を見ることが出来ました。

ものづくり・匠の技の祭典2017❶

ものづくり・匠の技の祭典2017❷


9日にはオープニングスペシャルゲストとして、NHK大河ドラマ「真田丸」の題字を手がけた、凄腕の左官職人、挾土秀平氏が出演し、氏の作品を拝見するのが一番の目的でした。

ものづくり・匠の技の祭典2017❸

左官の腕と鏝で作り上げた当代一流と言われる匠の技を見て、行った甲斐がありました。


大人の男性向け降より、女性やお子様も体験できるコーナーが多くあり、何と入場料は無料ですからご家族で楽しめると思います。

女性向けには、ミニ帽子のブローチづくり体験や組紐づくり体験。
小学生以上のお子様には、塗り壁体験や光る泥団子づくり体験。
三歳以上のお子様向けの、消しゴム組み立て体験。

体験料が無料のが多く、有料のも格安かと思います。

このイベントは東京都が主催ですから、日本の技術を海外に発信するため、2020年の東京オリンピックまで継続するかもしれません。
そうなれば 年に一回の楽しみにしたいと思っています。

尚 このブログの更新は当面気の向くままかと思います。
スポンサーサイト

『3.11を語る・伝える』 交流会のご案内

Category : 市井の人
早いもので、忘れられない3.11 は もうすぐ6年目を迎えようとしています。

放送大学埼玉学習センター所属学生有志による“むぎの会”が企画したのは、『3.11を語る・伝える』をメインテーマとした交流会です。

若い世代に引き継がせていくためにも、ご都合のつく方は是非ご参加ください。


放送大学埼玉学習センターホームページ より
 【学生交流のご案内「3.11を語る・伝える」

日時:2月18日(土)13:30~15:50

場所:大宮情報文化センター9階 (大宮駅西口徒歩3分)

第1部(13:30~15:00) 
実践報告:『3.11を語る・伝える』(映像・布芝居)
報告者:野畑昭徳
故郷を語る:菅野峰明先生(前所長 陸前高田市ご出身)
       
第2部(15:10~15:50) 交流会

主催:放送大学埼玉学習センター所属学生有志による“むぎの会”(学生交流を目的とする)

2016年の締めくくりに

Category : 市井の人
明日で2016年の締めくくりの日になりますので、この一年を振り返ってみたいと思います。

今年一番の出来事は、6月に盛岡市と湯沢市で開催された『古四王中学校19期生 還暦のお祝い』に参加できたことでしょう。

20160603古四王中学校19期生

中学校卒業後何十年分ぶりに再会できた同級生もいましたので、すぐに童心に戻れた楽しいひと時でした。
企画・運営してきた地元のスタッフや、平日に無理して休暇を頂戴できたことに感謝しないといけません。


私の還暦記念の家族旅行の行き先は、娘がプロデュースしてくれた箱根でした。

201601箱根神社にて

家族と一緒に一月雪の残る朝の箱根神社の参道を昇ったり、記念の買い物をした事は良き思い出になりました。
家族との日々の積み重ねがあってこそと感謝しています。


蕎麦打ちも足掛け19年となり、仲間と出来る範囲で活動しています。

9月10日には 吉川市 市民活動サポートセンターブログ主催の、そば打ち体験講座が開催されボランティアとしてサポートしました。

その際の様子が、『体験講座 そば打ち体験講座開催報告』と題し公開されております。


20160910体験講座 そば打ち体験講座開催報告

参加者の皆さんに喜んで頂けたかと思います。


今年一番のワンショットはこの一枚でした。

20160605豊穣歓喜

秋田の田舎の田んぼにある『豊穣歓喜』と題した圃場整備事業の記念碑です。
画像の良し悪しではなく、自然と共に歩んできた日本人の原点や歴史を考える一枚になりました。


食べた料理の一番は、やはり実家の秋田での一枚です。

20160605兄が採ってくれ義姉が調理してくれた姫筍の天婦羅と煮物

兄が前日に山から採ってくれ、料理上手の義姉が調理してくれた、姫筍の天婦羅と煮物にワラビの朝ご飯は本当に美味しかった。
自然の新鮮な食材と、供してくれたその気持ちが嬉しかった。

亡き父母に先にお供えし、ご先祖様が見守る中で家族・親戚が一緒に食べる。
核家族の現在ではなかなか味わえない懐かしい場面でもありました。


今日は家族の一員・中心である愛犬PANの10歳の誕生日です。
PANの話題が家族の会話での一番目ですから、お祝いと今後の長寿を祈念し家族一緒に祝おうと思っています。

何気ない普通の生活をしている市井のお父さんですが、家族・親戚・友人・同僚と多くの人との関わりがあってこそと、改めて感謝した一年でした。

この一年間、この拙いブログにアクセスして頂いた皆様有難う御座いました。
アクセス数は5万回近い、49990となり感謝致します。

アクセス数は49990となり、感謝致します。

皆さまからの『見ていますよ。』との声お頂戴しておりますと、照れくささもあり・嬉しくもあります。

このブログでの発信も来年で10年目に入ります。
何とか2018年10月の満10周年の日にまで、最低月一回の投稿でも継続出来ればと思っております。

初冬晴れ2016年12月

Category : 市井の人
『うらら かな冬晴れ』 という季語がありますが、今月21日の冬至まで10日前の今日は多少の北風はあったものの、日中は雲も少なく太陽が出て室内では薄着でも大丈夫な陽気でした。

こういう日は外の風景を撮るにはうってつけで、趣味の蕎麦打ち定例会場の 吉川市コミュニティセンター おあしす の屋上から望む、吉川市西側の富士山方面です。

20161211おあしす屋上より


手持ちのレンズは単焦点ですからズーム機能がありませんので、上の画像をアップしてやっと富士山と分かります。

20161211おあしす屋上よりアップ

この日の富士山は肉眼ではくっきりと見えました。


自然現象と言えば、2016年11月14日はフルムーンでしたが関東は生憎の曇り空でした。

201611フルムーン

私のカメラではこちらが限界でした。


こうして続く四季の変化や自然の風景を、自分なりに感じ・残せることを有り難く思っています。


10月頃にダメ元で種から植えた自宅のマリーゴールドが、午前中しか日が当たらない環境でも咲いています。

20161211自宅のマリーゴールド

今年の親から咲いたので、当然子供になります。

この種子を残し来年も咲かせることが出来たら、私なりにそのDNAを生かせ・継続させることになります。

小さな事でも自分の出来る範囲での楽しみを感じた、初冬の貴重な快晴の日曜日でした。

初雪でも準備は万全

Category : 市井の人
『24日東京で初雪 11月の観測は54年ぶり』という天気予報が、数日前から発表されていました。

前日午後の段階でいよいよ予報が現実的になり、夕方前の暗くならないうちに家内が日常使う車のタイヤをスタッドレスに履き替え準備万端。


当日朝の早い段階ではまだ小雨でしたが、5時頃から雪に変わってきました。

私は通常の出勤日ですから、念のため 普段より一本早い電車にして吉川駅に到着すると、幾分電車を待つ人達が多いように見受けられました。

電車内や乗り換駅では、皆さん長くつや防寒着です。
途中乗り換えのの西武線で多少の電車の遅れはあったものの、さほどの遅れもなく出社できました。

早めの出勤に防寒対策といい、本当に日本のサラリーマンは皆さん勤勉だとつくづく感じました。


都内会社近辺の初雪の様子です。

20161124初雪

秋田出身の私には11月後半の初雪は見慣れた光景ですが、関東出身者にとっては驚きだったと思います。


蛇足ながら 前日23日は吉川市内のネオポリス地区のイベントがあり、私は蕎麦打ちのボランティア活動でした。

当日朝の9時前からの蕎麦打ちだけでなく、かなり前からの蕎麦つゆの仕込みや、蕎麦粉の事前準備など皆さんの協力があってこそのイベントでした。

スタッフの慰労会でこちらの獺祭をご馳走になりました。

20161123獺祭堪能

準備があってこそ万事終了の日々です。
プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。