撮影してきました

Category : 江東・墨田
昨日の冷たい雨で冬が着々と近づき、薄いコートやマフラー姿の方々を多く見ました。
まだ曇り空だった朝一番のある工事現場です。
201010281440352acスカイツリー0
この画像だけで分かる方は物知りですね。

こちらで大体想像が出来るかと。
スカイツリー④

あと3㍍でもうすぐ500㍍に届く東京スカイツリーでした。
スカイツリー②
TOPの部分が入りません。
まともなアングルではデジカメの広角レベルでは全体が入らない。

アングルを変え斜めにして何とかです。
スカイツリー③

地元の方にとったら、毎日毎日育つ子供の成長を見守るような感じではないでしょうか。
自分で植えた植栽が育つのにも似ています。

隣の併設工事のビルでは黄色の安全ブブスを着た工事の方々がラジオ体操をしています。
こうした方々のお陰で工事は進んでいます。
スカイツリー⑤
建設・建築資材を販売する者としても、工事の無事完了を祈ります。
そしていつか『俺はスカイツリーを建てた!!』と人生の勲章になる事も。

東京スカイツリー 公式キャラクターを決定しました!』と昨日アップされていました。
ソラカラ ちゃん
最初目に入ったのは【ラカ】の文字でした。

よくよく見ると ソ ラ はイラスト文字で、分からないのも無理が無い。
【ソラカラ ちゃん】なんだそうです。

工事現場直下から撮影するよりは、こうしてちょっと離れた場所からのほうが全体像が分かりますね。
スカイツリー①

私は電車でも車通勤でもほぼ毎日このツリーを見ています。東京近郊の方ならほぼそうでしょう。
当面 休日は見学混雑が続くでしょうね。

ちなみに約2㌔弱離れた勤務先の窓からもよーく見えます。
仕事は各店を回っているので、滅多に行きませんが。。。

今有名な東京名所

Category : 江東・墨田
先週頃からブログ仲間の皆さんの投稿に、紅葉(MMさん・衛生班長さん)やら秋の収穫(アキハルさん)やら季節の木の香り(お姉さん)と色々な秋の気配を感じる内容が増えてきました。

そういう私は暑がり体質で丁度良いと思った半袖ポロが、まったくの逆効果で鼻風邪モードに突入しちゃいました。
今朝は幾分回復しましたが、まだちょっとつまり気味かも。

各地の秋の話題は皆さんにお願いする事にして、今朝は首都圏特派員のつもりで東京近辺の話題でも。。。

まずはこのピンボケ画像からスタートしましょう。
首都高向島線より① 首都高向島線より②
首都高向島線より、渋滞で有名な箱崎IC方向途中画像です。
いつもの車内のダッシュボードタイマー撮影作戦ですよ。

箱崎JCTで渋滞にあう前に向島ICで下り、水戸街道~浅草通り~四つ目通り~新大橋通りが会社へのコースです。
東京都内に机がある生活は約四半世紀。営業時代は都内を中心に一都三県を車で回っていたので、大よその道はそれなりに詳しいのです。

見上げて撮影したこちらの画像ではっきり分かるかと。
東京スカイツリー1015
東京スカイツリーでした。 浅草通り押上駅手前付近からの撮影で。

蕎麦打ちの勤務する会社から近いのです。
東京スカイツリー地図

東京スカイツリーの住所は東京都墨田区押上1丁目1-2

会社からも近く、地下鉄だと押上駅まで二駅ですぐ。
最近は都内観光名所のようですが、混んでいるようなので。

高さもそろそろ500㍍を超えそうなようで、約20㌔近く離れた武蔵野線の車中からも毎日のように見ています。
それでも物好きなのでいつか撮影に行くかもしれませんが。。。

そうそう上を見上げるといえば、17日の日曜日上空から物音が。。。
三機に 五機と
三機・五機とヘリコプターの編隊でした。

六機編隊もあり、右側のはちょっと離れていますね。
最後は六機編隊でした
私のCX3の10.7倍ズームではこれがMAX画像なんです。

平成22年度自衛隊記念日記念行事観閲式の実施に伴う総合予行飛行でした。

この訓練飛行は21日・22日(予備日)と続き、本番の観閲式は10月24日(日)だそうです。
観閲式当日の飛行概要は次の通りのようです。
 (1) 日  時:平成22年10月24日(日) 10:30~12:00
 (2) 航空機数:ヘリコプタ-最大44機 
 (3) 飛行経路:木更津駐屯地~観閲式会場(朝霞駐屯地)~木更津駐屯地へ

千葉県から東京北部・埼玉南部と通るようなので、ヘリ好きの方は上空を見上げて下さい。

今の予定だと今年はまったく紅葉に縁のない秋になりそうです。。。
新蕎麦で秋を感じていますが。。。

人・若い命との出会い『イルクレシェンテ』

Category : 江東・墨田
同じ部署に1年ちょっと前まで同僚だったM(旧N)さんが、
お昼休みに一歳一ヶ月の赤ちゃんを連れて会いにきてくれました。

蕎麦打ちが勤務する某住宅建材メーカーのショールームには、『イルクレシェンテ』という一般のお客様を対象としたイタリアン系レストランが併設されています。
イルクレシェンテ

そこでランチを兼ね、交流のあった女性社員も含みご対面式です。
名前は『?歌ちゃん』で目のクリッとした女の子でした。
?歌ちゃん
他に同席したのは蕎麦打ち以外にどういう訳か全員女性社員でしたが、皆 赤ちゃんを見て心が和むランチの会でした。
退職したあとも元の会社に寄れるようなフレンドリーさが、蕎麦打ち勤務の会社の良さです。部長もおじいちゃんモードで会いに来てくれました。

ランチのトマト風味ハンバーグも美味しかったですよ。
ハンバーグ
サラダがワイルド

この他にライスかパンとドリンクが付いて1,050円で、蕎麦打ちは完食でしたが女性には多い量でした。
心もお腹も満腹で幸せになった、12月の穏やかなお昼時間のひと時でした。
(蕎麦打ちの娘も来春から就職です。こういうお仲間が出来るようになるには、本人の努力次第なんですが・・・)

【告知】
ブログ開始から78日間で120回の投稿となりました。勤続30年の記念には大いになりました。
初期の目的の一つである【100回連続投稿】も達成し、『継続することの重要性』をモットーに自分自身と闘い、見ていただいている方々へも想いを多少は発信出来たかと思います。
毎日投稿を続けていましたが、惰性で投稿している自分を反省し、かつ 本業に徹するため一旦はペースダウンします。

今後は週に何回かの投稿になるかと思いますが、毎日投稿で筆が荒れる事よりは『内容・質』重視で書かせてもらうつもりです。



西大島『中華 すぎさん』

Category : 江東・墨田
先週金曜日は同窓会のためこだわりのお店でなく、社員が二次会でいく町場の中華屋さんを1次会場にしました。
質より量で学生のノリの宴会です。

18:00スタートなのですがやはり年末近いと仕事で全員が揃わず、メンマをおつまみにビールを飲んでいました。
すぎさんメンマ

18:30を過ぎて当日予定メンバー全員が揃い、やっと7人全員で乾杯です。
鳳祭乾杯

この後は、食べる・飲む・喋るに専念し画像は一切ありません。
話題も大学時代のアホ話が中心で、全員15~30年前の昔に戻ります。

まぁ、たまにはこんな会もいいでしょう。
(どうやら一番年配で会長ではおこがましいので、『組長』と自称している私自身が後半記憶が薄れています。このお店のショウコウ酒ストレートで酩酊してしまいました。何人も同じ経験を・・・)


両国『ちゃんこ巴潟』

Category : 江東・墨田
メタボ指導からはや10日。『体質改善スタート&鳥の食生活に』

4日昼は会社でサラダがメインデッシュです。ドレッシングは当然ノンオイル。
4日ランチ
量は多いのですがほとんどが野菜系で、贓物系はわずかに鶏肉唐揚げの切り身がある程度です。
先週は連続3日間で同じサラダランチでした。

夜は巴潟での味噌味のチャンコでつくねの中身は、鶏肉と鰯(痛風にはどうだか・・・?)です。
食べたのはお通しの他にこのチャンコだけでしたが、30年の歴史の技は本当の味です。
ちゃんこ巴潟4日巴潟
今回は初めての新館でしたが、仲居さんの教育がイマイチで対応にバラツキがありました。従業員も固定化していないような感じで、こういうお馴染みさんが多いお店としてはどうかな・・・。

5日昼はお弁当ですが肉系はなく、メインは銀たらとちょっとのお刺身です。
5日ランチ

夜はイタリアン系レストランでのパーティ運営で、オリーブオイルが効いたコース料理でした。
事務局の逆特権(?)で、自分のコース料理はあえてスタッフの女性に食べてもらい、サンドイッチと烏龍茶が夕食でした。
家に帰ってから流石にお腹が減って、大根と人参の煮物の小皿とソーセージ1本はかじったけど。

不思議なものでラーメンコーナーに週3日並んでいた私は突然変異中。大変身はまだしてないけど・・・

No.44
プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ