旬の秋刀魚

Category : 男の料理
時期的に秋刀魚が旬となってきました。
最も脂がのる9~10月には脂肪率が20%を超える。と言われています。

何とも言えない味のワタの部分も好きなので、塩焼きを楽しみにしていました。

生の秋刀魚がお手頃価格の100円前後でスーパーに並びだし、10月初旬から何度か塩焼きにして食べました。 

今年特に感じたのは大きさがちょっと小振りかなという点。

今回購入したのは撮影していなかったので、過去に購入した画像を引っ張りだしてみました。


2011年10月のと、

生さんまを購入し


2009年8月後半のです。

北海道特大さんま


確かに画像を比較してみても細く、食べてみて身の付き具合やワタの量からして、確かに小振りでした。


乱獲で減り、価格も上がっているようです。
どこの国にも属さない"公海"で中国や台湾などの漁船が、日本近海に来る前のサンマを" 先獲り"しているのが原因と言われています。


日本人だけでなく近隣国も食べるようになったのは、秋刀魚本来の美味しさを知ったからでしょうから、致し方ありません。

少なくなったとはいえ、一匹100円で買える魚ですから、まだまだ物価の優等生です。


2015年10月放送のNHK「ためしてガッテン」で紹介されたサンマの塩焼きレシピが、「ジューシー」「身がトロトロに仕上がる」と話題に。なったようです。

[作り方]

1.予熱を3分間して魚焼きグリルを温める。
2.10倍希釈したみりんをサンマ全体に塗る。
3.塩を適量ふる。
4.強火で7分間加熱する。
(片面焼きグリルの場合は表5分+裏4分)
※少し端によせて熱線の真下に置く。
5.取り出して皿の上で2分間余熱を入れる。

※グリルの火力の強さやサンマの大きさによって多少焼き時間は変わるため、自宅のグリルの特性を理解して調整することをオススメします。
※IHの場合、200gを超える大きなサンマの場合は8分加熱をオススメします。


我が家には蕎麦つゆを作る関係で本みりんがほぼあるので、焼く前にひと手間加えれば良いのですからお手軽です。

今度はこの方法を試してみようと思っています。

定番料理 せんぎりサラダに大根

Category : 男の料理
ネオポリスの集会場でのボランティアの後は、同じ会場での昼食兼お疲れ会。


佐藤プロの千切りの技には、お集まりのボランティアの主婦の皆さんも感嘆でありましたね。

佐藤プロの千切りには主婦も感嘆


たまたまあった卵も茹でて、

はたまたまあった卵を茹でたのみ


彩りが鮮やかなサラダが完成しました。

彩りが鮮やかなサラダが完成しました

卵とカニカマ以外は会員の自作野菜です。


蕎麦打ち会員・男性だけの、お疲れ会の開始です。


私は安心・安全の国産品、宮崎産のせんぎり大根。

新宿南口の宮崎県のアンテナショップで購入したせんぎり大根

一週間前に、新宿南口の宮崎県のアンテナショップで購入させてもらいました。


20141130せんぎり大根


定番料理であります。


他には 大根の昆布漬けや、自家製の漬けものが沢山。

大根の昆布漬けや


お疲れ会ですから、こちらもカンパで頂戴しました。

こちらもカンパで頂戴しました

澤山会長・若林副会長・岡馬さん、毎回 ご馳走様であります。


女性不在でもこれだけの料理が、男性の手で作り出されます。

皆でボランティア活動で汗を流した後の、お昼過ぎのお疲れ会でありました。

豊穣の秋 栗をどうしようか

Category : 男の料理
通勤途中の東村山市には立派な栗林が残り、新宿まで電車で40分の距離とは思えません。

0922通勤途中の栗林


見上げると栗が今にも落下しそうでした。

0922栗が今にも落下しそう


帰宅すると お隣 越谷市産の栗があり、知り合いから頂戴したようです。

0922越谷の栗


山に近い地域に育った私には懐かしいのもあります。

0922ゴーヤでなく、別のを狙ったんですが、

ゴーヤでなく別のを狙ったんですが、ターゲットは懐かしいアケビでありました。


吉川市の朝の散歩道のいちょう通りは、

0922朝の散歩道のいちょう通り


銀杏の葉が緑色まっさかりです。これからどんどん黄色に紅葉していきます。

0922いちょうの葉が緑色まっさかりです


ふと木の下を見ると銀杏が落ちていました。

0922銀杏が落ちていました


そう 言えば、2010年10月にかなり拾って 洗って 干して 食べました。

201010銀杏洗って 201010銀杏干して


この時期は正しく 色々な味覚を味わえる豊穣の秋で御座います。

栗を焼いたり、煮たりしても 一般的で面白くない。

そこで 栗 銀杏 のキーでレシピ検索してみたら、クックパッドでヒットしたのが。

栗と銀杏の白和え レシピ

但し レシピを閲覧するにはクックパッドID登録とログインが必要だったので、見様見真似で作ってみる事にしました。

ですが 今年の銀杏は生がまだスーパーに出回っていません。
そこで缶詰の銀杏の水煮がありましたので、代用してみました。


調味料は蕎麦つゆ用で作ってあった鰹出汁に、練り胡麻・醤油・白味噌を加えたのが、
こちらの私流 栗と銀杏の白和え で御座います。

0922栗と銀杏の白和え

              なにか 『物足りない‼』

水煮の銀杏は緑というよりは 栗と同じ黄色で同化し、ベースの豆腐色にも似ています。
人参の橙色を加えてみたものの、色味的に何か足りないのです。

日本(家庭)料理は特に見た目の要素が特に大事ですから。


そこで 白和えに枝豆の緑を足してみました。

0922栗と銀杏の白和えに緑の枝豆を

色味を加えると、それなりの変化とインパクトがありました。心の中でやったー‼

そういえば 一般的な白和えには、ほうれん草の緑 と 人参の橙 が普通でした。


こちらを飲むための肴にした、秋の男の料理でありました。

22年度花見の八海山


おまけで昨夜の夕食は、海のパイナップルと言われる ほや に、

ほや画像


赤坂の豊川稲荷東京別院境内の家元屋さんの稲荷も、濃い目の味付けで八海山には丁度でした。

豊川稲荷の稲荷寿司

たまたま 昨夕のゴールデンタイムに、こちらのお店と稲荷に名物おばあちゃんが紹介されていました。

豊穣の秋の食材と山海の料理で胃袋が満足した、日曜の夕食でした。


ちなみに昼食は 手打ち蕎麦のもり だけでしたから、ダイエットは継続中で御座います。

20140921①会員の蕎麦で御座います。

お刺身に漬けに

Category : 男の料理
昨日の投稿の続きです。
IYの得々朝市で家内はお安い野菜をメインに購入しましたが、丸々としたいなだが税込700円弱と、魚好きの私は興味をそそられました。

得々朝市でイナダが700円弱

丸ごと購入した事がありましたが、道具が無いと悪戦苦闘した事がありました。

最近は 出刃&刺身包丁の道具が私にはありますから。


でも家族三人では多過ぎなので一旦諦めると、、、

その横には30㌢近くは持つと300㌘はある、いなだの半身が税込で300円ほど。

いなだの半身が300円ほど

お値段がお手軽でかつ手間が掛からないので、購入させてもらいました。


まずはお刺身。 
家族は刺身系はあまり食べないので半分以上が残りました。

20140831いなだの刺身


でも 大丈夫です。 日本には漬けと言う、保存方法がありますから。

醤油にみりん そして こちらもちょっと足しました。
冷蔵庫に普通に入れていたら、味がどんどん変わっていきます。
最初は魚臭さと醤油のきつさが来るのですが、味が身に浸透していくうちに、どんどんマイルドになっていくんです。
それから二日目の夕食まで、お腹をこわす事無く、変化していく味を堪能させてもらいました。

醤油・みりん・お酒に共通しているのは、大豆とお米が原料の麹菌による発酵食品です。
この時期 冷蔵庫で保冷したとはいえ、生の魚の切り身がここまで持つとは思いませんでした。

生の食材を長持ちさせる調理方法を、機会があればもっと試したいと思っている調理好きのおじさんでありました。


切り身といくらが美味しい生鮭を、何時か一本再チャレンジしたいですね。

200909鮭ajyaponsan3


一本の新モノを購入できました。 ずっと小粒で 100円代ですけど。

20140907の新秋刀魚は口先が黄色で

新秋刀魚は口先が黄色で目も濁ってません。


お刺身で頂戴しました。出刃があったのですが、刺身包丁が無かったので切り方がやや残念。

20140907お刺身に

心地よい脂がのり、旬の走りは違いました。

一人ランチ

Category : 男の料理
昨日までの五日連続の雨も今日は止み、雨のお蔭で八月なのに、涼しい一日になりそうです。
やっと洗濯物が外に干せると家内は喜ぶでしょうね。

普段はスーパーにあまり縁のない私ですが、胡瓜が一本100円近いと聞きビックリしています。
原因は収穫時期である7、8月の長雨や8月上旬の台風による全国的な供給不足のようです。

昨日の帰りにJR新秋津駅でたまに寄る惣菜屋さんで、浅漬けと一緒に小ぶりなトマトが美味しそうだったので買ってきました。

180円のトマト

値段は4個で180円でしたから、家内は安いと言っていました。


さて とある休日は家族が留守で、一人でランチの用意でした。

実家から頂戴した稲庭うどんの切れ端が賞味期限が近く、冷やしうどんに決定です。

稲庭うどんの切れ端がありましのたので


海鮮系をトッピングしようと思いスーパーで選んだのは、生海老にコハダに笹カマでありました。

うどんのつゆは趣味が蕎麦打ちですので、自宅で蕎麦つゆを常時用意しております。
海老の頭を外して、つゆと一緒に煮て海老出汁にしてみました。

出来上がったのはこちらであります。

自分なりに盛り付けてみました。

薬味に茗荷と白ネギも奥にあるのですが、笹カマ同様うどんの色に同化しはっきり分かりません。

もう少し、緑や黄色の色彩感のある食材をプラスすれば良かったかもしれませんね。

蕎麦つゆのお味はプラスした海老出汁が効いて、この数年人気のある海老ラーメンの醤油版のようでした。
次回 もし このうどんを食べるなら、彩をもう少し考えましょう。


そして後日チャレンジしたのはこちらです。

色彩リベンジの稲庭うどん

おろしをベースに季節の薬味を添えてみました。

お野菜の緑系は増えましたが、さほど色味は変わりません。

自分で調理して思うのは、盛り付けの素人さです。
どうしても、美味しそうに見えませんでした。

昨日買ったトマトの赤みや錦糸卵の黄みがあれば、見た目 冷やし中華のようになりますが良かったのかしれません。

プロの料理は、見た目の盛り付けや彩りが素晴らしい。見ただけで涎が出そうな一品に出合えば感激します。
まぁお金をもらって料理する事はありませんので、今後は自分なりに色々考えてやってみるのもいいでしょう。
プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ