スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二回は訪問

Category : 八王子市
皆さん お好きなお店はありますよね。

私の場合は通常の買い物にはあまり興味がないので、お店と言えば 肴 & 和 系の庶民の飲食店。

但し ランチで外食の際は、半分以上が麺を選択していますかね。

蕎麦打ちなんですが、蕎麦屋さんが少ないのと期待外れの場合もあり、同伴者の好みもあってどうしてもラーメン系へ。

一回寄って味や嗜好が自分に合えば、二回は行っていますかね。

三回目もありますが、次の新規店で新しい味を探すのが楽しみです。

相模原の すすきのラーメン は、懐かしい鳥ガラベースの醤油系の細めん。
懐かしい鶏ガラ

この日は半熟玉子もお願いしました。程よい味付けがスープに邪魔しません。

八王子 みんみんラーメン の 刻み玉葱入り も醤油系の細めん。
八王子みんみん刻み玉葱入り

飽きのこないスープなので、八王子で人気NO1の店です。

八王子 日高 は味噌が売りの、近所のおじちゃん・おばちゃんの来るお店。
八王子日高味噌

カウンターで麺が茹で上がる前に、ランチビールやハイボールを飲んでいるお客さんが半分ほど。
いつか 定年になったら。。。 と、つい憧れてしまいます。


さて 三軒の共通点は、親父さんや店主が中華鍋をふるう個人経営店です。
HPやブログでPRしている洒落たお店ではありません。

もう一つの共通点は、お店とお客様の会話がある点です。

昔ながらのやり方で地元に溶け込んでいるお店が好きなんです。
そしてそういうお店には 頑固親父 や 名物女将 がいて、お客様との会話が何気に聞こえてくるのも楽しい。

あちらの時も同じ傾向で、チェーン系は選択肢から外し地元の居酒屋さんか個人経営のお店が候補ですから。

画一化されたメニューや料理にはどうしても魅力を感じません。
そしてマニュアル通りの、オーダーやサービス時のトークには

会話の出来る距離の近いお店で、心ある対応をしてもらった時には感動が生まれます。

小型店こそ個性・技術あるのは当然で、お客様に目を向けるない余裕がないと、何年も生き残れないのはどこの業界も同じでしょうか。

明日はやっと うどん か 蕎麦 になる予定です。

スポンサーサイト

八王子で金太郎へ

Category : 八王子市
先週半ばまでは気温が30度を超えない日が続き、夜はエアコンなしでも大丈夫でした。
ここ一週間は本当に夏らしくなり、日中は適度に汗もかいて夕方には喉も渇いてまいります。

西八王子駅で電車の待ち時間が15分ほどあったので、蒸し暑いホームで待つよりは軽く一杯という事に。

田舎では当たり前の待ち時間かと思いますが、関東に住んでいると便利に慣れすぎ、このちょっとが待てないのです。

炭火焼き鳥 金太郎 は八王子市を中心に何店舗かある地元の居酒屋さん。
炭火焼き鳥 金太郎
大手チェーン店でなく、地元の方らしい先客がいたので入店してみました。

お通しはすき焼き風味の椎茸煮込みのような感じでしたか。
すき焼き風味の椎茸煮込み

決して綺麗な盛り付けではありませんが、チェーン店系ではないこうしたお店の個性あるのは嬉しいですね。
ちなみにお隣さんをチラッと見るとコロッケらしく、違うのも面白い。

ビールとレモンハイ の炭酸系で乾杯。
金太郎で乾杯

看板の焼き鳥を早速注文しましたが、遠赤外線の炭火焼きなのでじっくりと待つとしましょう。

比較的早く出てきたしめ鯖を肴に、お次は何を飲もうかと。
しめ鯖

被災地応援 銘酒キャンペーン につい目が留まり、お客とお店が協力し合うのもちと嬉しいかな。
被災地応援 銘酒キャンペーン

『少しは協力しないと』を口実に、岩手産 甘口の南部美人をお願いしました。
甘口の南部美人純米酒を

湯通しした牛をサッパリと頂戴しました。
牛をサッパリと
この程度ならと思い、例の騒ぎはそんなに気にしておりません。

お待ちかねの焼き鳥は最後に出てきて、カシラやタン・ネギに塩と七味で。
カシラやタンを

看板の炭火焼きは時間はかかりましたが、しっかりとした素材をじっくりと焼いているだけに美味しかったですね。
時々 解凍したてで水ぽっく歯ごたえがなかったり、焼き過ぎのお店もありますから。

地元のお客さんが通うこうしたお店には、ほとんど外れがありません。

15分の待ち時間の予定がつい小一時間になりましたが、自宅到着までの一時間半の電車通勤時間には丁度の一杯でしたでしょうか。

ちなみに暑いこの時期は特に ホームや電車で飲んでいるお父さんを見かけますが、蕎麦打ちお父さんはそこまでして飲もうと思いません。
外で飲む時はそれなりの心構えでキチンとお店に入るのを鉄則にしています。


炭火焼き鳥 金太郎 西八王子北口店
八王子市千人町2-20-10
042-667-2817

八王子喜多八にて

Category : 八王子市
十日ほど前の土曜日夕方に八王子まで行ってきました。

八王子まつり は毎年八月初旬開催のようでしたが、今年は諸般の事情で中止になったようです。

ちょうど 町会独自で行う山車の巡行を見る事が出来ました。
八王子のお祭り三崎町の山車
三崎町の山車が目の前を通り、カメラ取り出してやっとの一枚で御座います。
山車の上には女性も含めて三人ほどが乗っていましたね。


さて 同じ三崎町の 割烹 喜多八 がこの日の目的地です。
喜多八入り口

お店は割烹らしいカウンターに和テイストメニューが迎えてくれました。
喜多八カウンター 喜多八メニュー
店主の親父さんが快く撮影OKして下さったのに、割烹という事を忘れ『お寿司もやるんですか。。。?』と思わず聞いてしまったのは失敗でしたね。

この日のメンバーが勢ぞろいしました。
喜多八メンバー勢ぞろい

土曜日だったのでお子様はご家族にお願いして、女性の皆さんは全員参加でしたね。
応援に入っていた店舗の仲間で、20~50代と親子ほどの年齢差があります。

前菜には鮪の焼き物等に、生ハムサラダが待っていました。
喜多八前菜にハムサラダ

変わり豆腐も洒落た感じでしたでしょうか。
喜多八変わり豆腐

割烹らしい季節感のあるお造りは盛り付けが綺麗でした。
喜多八喜多お造りは盛り付けが綺麗

しっかり歯ごたえのある地鶏の陶板焼きは、Before→afterにて。
喜多八陶板焼きBefore 喜多八陶板焼きAfter

若い人も大勢いたので、唐揚げもありました。
喜多八鶏唐揚げ
余計な油はきってあり、プロの揚げ物でしたね。

宴会でしたので、注いで注がれていたら目の前はこんな感じに。
喜多八色々なお酒で

この宴の最後のほうで、記念品としてネーム印付きボールペンを頂戴しました。
記念品のネーム印付きボールペン
印鑑は店舗で常時使うので、何本あっても良いある意味消耗品なんです。

色々な事情で、開店してすぐのGW中には店舗シフトに入っていました。
三ヶ月を経過してお店も順調になり、次の店舗の立ち上げに入るので教育担当の私は残念ながら卒業となります。

そんな事でお店のメンバーが歓送迎会をして下さったのです。

パートさんからは既に記念品を頂戴していましたが、改めて『感謝』で御座います。

女性が代表して締め、最後に団結の誓いを。
喜多八で締め喜多八で団結

社員・パートさんの垣根がなく、コミュニケーションの良い店舗になりました。
笑顔や会話の様子から直ぐに分かります。

料理だけでなく皆さんの思いを受け止め、気持ち良く楽しませてもらった八王子の夜でありました。

こういう事が次の店舗へのエネルギーになります。

割烹 喜多八
八王子市三崎町5-6
042-622-4148

玉葱ランチでした

Category : 八王子市
道の駅・八王子滝山 フードコート八農菜 は、食べログにも登場する人気店。
フードコート八農菜やや遅いランチタイムでも混雑していました。

”やさいうどん”の「小麦家」・”スープカレー”に代表される「洋食森村カレー堂」と、”八王子ラーメン”を中心とした「葱蔵」の三店が入り、麺好きとしては八王子ラーメンを選びました。
葱蔵のメニューを

鰹節スープが染み込み、刻み玉葱がポイントです。
葱蔵の八王子ラーメンを

隣の人がオーダーしていて、メニューも美味しそうだったこちらのをつい。。。
玉葱ライスメニュー

刻み玉葱を削り節と出汁醤油で味付けして八王子産卵黄を加えた玉葱ライス玉葱ライス
卵黄が割れて出てきたのはご愛嬌でしたけど、絶妙な味のバランスでした。

セット物の生の刻み玉葱づくしでしたが、葱系大好きとしては満足でした。
玉葱づくしで食べ過ぎだったかも
炭水化物多めで食べ過ぎだったかも。

八王子ICから直ぐ近くなので、買い物・食事と満足出来ると思いますから機会があったら寄ってみて下さい。
奥多摩名物というわさび漬け

次回寄る事があったら、奥多摩名物というわさび漬けを購入してみようかと思っています。

八王子滝山・フードコート八農菜

はちまきや

Category : 八王子市

土曜日の朝のTV番組『知っとこ!』で放映された、「ご当地限定!道の駅 駅ウマベスト10」は 道の駅好きとしては見逃せない企画でした。

その第6位に「道の駅 八王子滝山」がランクインされました。
こちらは東京唯一の道の駅だそうで、プロデュースしたのは作家(芥川)の孫にあたる麻実子さん。

こちらの激ウマグルメで紹介されたのは地元産の大根を使った、
片栗粉のトロ味がポイントの「大根とTOKYO Xの豚バラ煮」。

地元の主婦らが営むお惣菜店「はちまきや」で購入する事が可能。
機会があったら食べてみたいと思っていました。

はちまきや」は『元気なお母さんの店』で、こんなロゴマークも
hachimakiya_logomarks.gif
【お店のHPでの紹介は】
私たちの「はちまきや」は、地元のお母さんで立ち上げました。
つみ・かえ・つこ・ょうこの頭文字をとって、「はちまきや」と名づけました。

皆様の大切なご家族に「いつも手作りの心のこもったやさしいお母さんの味を提供したい」という気持ちをモットーに毎日頑張っております。

いかにも頑張る素人お母さんのようなネーミングに惹かれ、八王子ICに近いので昼食ついでに寄ってみました。

私たちの「はちまきや」

TVで紹介された直後で売り切れと思っていた「大根とTOKYO Xの豚バラ煮」が。。。

ありました。 

大根とTOKYO Xの豚バラ煮

普段 惣菜は家内任せですしそんな時間も無いので滅多に買いませんが、その日の夕食の惣菜が一品増えました。

大根の柔らさとTOKYO Xの上品な脂は本当に逸品でした。
大根とTOKYO Xの豚バラ煮 やわらか
お父さんの買い物にも普段は辛口の家内もでした。

毎日作っているとここまでの出来栄えになるんですね。ちょっと甘めですけど。

今月作ったぶり大根とは大違いの出来栄えでしたね。
ぶり大根と大違い

その日に作ったのと、前日から仕込み味の染み込んだのとでは当然の違いでしょうか。

八王子産の直売野菜は新鮮で格安でしたから、都内ナンバーの車で駐車場は平日でも混雑していました。
皆さん、美味しくて安心なお店は知っていますから。

ちなみにこちらの TOKYO Xの豚バラ も、もしクーラーがあったら買っていたかも。
TOKYO Xの豚バラ

道の駅・八王子滝山・はちまきや
東京都八王子市滝山町1-592-2 定休日 水曜日(第2、第4)
プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。