スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食欲の秋 名物手羽を

Category : 相模原市・町田市
ここのところ関東は小春日和が続き、職場の各店舗では日中は長袖の袖をまくって丁度くらいの気温で快適です。

紅葉が近づいている情報が流れてきていますが、12月初めの新店舗オープンまでは当分そんな余裕もない状況でしょうか。

ただそんな中でも夜だけは時間があります。

と言うか、その時をリフレッシュ&コミュニケーションで作りたいので、時間が遅くなっても行きますね。

鳥忠 さがみの亭』橋本店は橋本駅近くで、前から寄ってみたかったお店です。
食べログでも、味の良さとお安さで高評価でした。

二回ほど投稿した 魚 肴 が美味い 相模原の 和食 翁屋さん のはす迎い。

鳥忠 さがみの亭0

提灯型照明に『うまいもの』と書かれたところがお店で、店舗メンバー3人を交え 4人で初めて行ってきました。

私は店舗の閉店までいましたから、店舗メンバーのレジ閉局を待ってからの繰り出しが21:00過ぎ。


鳥忠名物 若鳥の 『てば揚げ と もも揚げ』を早速オーダー。

早くても10分ほどかかると思ったら、確か5分くらいの猛スピード到着。

鳥忠名物若鳥の てば揚げともも揚げ

絶妙の塩コショウ味で、てば揚げは人数分の4カットしてくれましたね。
もも揚げのシェアは無理なので、お一人が当然手掴みでガブリ。

鳥忠サラダメニューから、

鳥忠サラダメニュー

どういうわけか、『ヘルシーサラダ』を頼んでみました。

鳥忠ヘルシーサラダ

確かにドレッシングは薄味で、生野菜のカットだらけですからヘルシー。

細かく刻んであるのが男性には面倒のようで、最後まで残っていました。

『お造り』はこんな感じ、

鳥忠お造り

『あら煮』は野菜が添えられ、美味しかった。

鳥忠あら煮

料理がほぼ揃いましたね。

鳥忠 橋本店料理

どうしてここまで料理が残っているのでしょうかね。


私がパチリとするまで、箸をつけずに待って下さる心優しい後輩の皆さんです。


閉店間際までいて、最初に生で乾杯 してから、お次は焼酎ボトルを二本は頼み 御代はびっくりの12,526円。

鳥忠ビックリのお値段

一人三千円ほどちょいですから、端数は出させてもらいました。

前に流行ったフレーズ『安 近 短』に 味良しと、地元で人気店のはずです。


実はこの日は同期の仲間が、サラリーマンの聖地 新橋の恒例のお店【まとい駒】で18:00過ぎから飲んでいました。

お誘いがありましたが時間的には無理で諦め、新橋の仲間が飲み終る頃に飲みだしましね。

次回は同期の仲間とは、定例となった新橋【まとい駒】で忘年会の予定です。。。


今週も食欲の秋編が続いていおり、そして 飲食系の場所に沢山顔を出します。

健康を考え、全体量はほどほどにしていますよ。
〆の  系は、40代までと違い ほとんど食べません。


鳥忠 橋本店
相模原市緑区橋本3-27-10
042-772-3326
17:00~23:30

スポンサーサイト

食欲の秋 地元口コミ編

Category : 相模原市・町田市
先週月曜日から一昨日土曜日まで七日間連続の出勤(途中ではちょっと早めに帰って事もありましたが)でしたが、昨日は一日 自分の好きな事(蕎麦打ち・芝生補修)をして 用事(眼鏡の修理に本を購入 等)を済ませました。

この時期ですから書店には来年用の手帳や年賀状の印刷マニュアルも並び、いよいよ紅葉の秋  から 晩秋  へと向かっていきますね。
 
関東も昨日から朝夕急に冷え込み、長袖の時期になってきました。
今日も温度は日中ほとんど10度台で、瞬間的に20度を越すようですね。

これからは暖かい服装と温まる食べ物が欠かせません。


さて 地元の方が味を一番知っていますから、相模原のパートさんにランチのお奨めをお聞きして向かいました。

お奨めなのがカレーとの事。 『最近 食べていないし。』

詳しく店名を聞いていなかったのですが、おそらく此処とめぼしをつけたのが、

インド料理 アノンド モアイ (ANONDO MOY)

インド料理 アノンド モアイ (ANONDO MOY)さんでした。

日本語のOKのインド人シェフがメニューを持って現れ、一番安い787円のランチセットを注文しました。

キーマ、チキン、スープカレー3種類のカレーから二種類を選べます。
チキン&スープカレー

オーダーはチキン&スープカレーにしました。


食べる前なのに、セットのライスがやや少ないですね。
セットのライスが少ないですね。

お仲間に差し上げました。 ムリヤリですけど、若い彼ならきっと大丈夫と。
お仲間に差し上げました

長さ35㌢ほどのナン も食べたかったのです。
長さ35㌢ほどのナン

こちらも、胃袋が逞しい彼とシェアしました。

ご飯とナンを、カレーにつけて食べさせてもらいました。
個人的には動物系のチキンが味が出て好みでしたね。

当然ながら相棒さんの頼んだ、ラッシーは美味しいよう。
ラッシーは美味しいよう。

「アノンドモアイ」の意味は、「楽シイ」という意味なんだそうです。

行った日はたまたま空いていましたが、地元の主婦の皆さんの人気店のようで満席の場合もあるようです。
楽シク 食事が出来るのも魅力なんでしょう。

どおりで、ランチビール(500円でお肉付き)のような、女性が嬉しいワンコインメニューもありました。

ちなみに都内だとこの倍近いお値段が普通のようですから、飲み物付きでのランチ千円以下はお安い。

『美味しい・安い・サービスが良い。。。』こういう口コミには、女性客は敏感に反応かと思います。
ご紹介頂きましたYさん・Kさん有難う御座いました。


先週は 麺 ~ 魚ミシュラン店 ~ 魚(しらす) ~ 聖地新橋 ~ 秋田 酒・珍味 と食欲の秋投稿が続きました。

和のお寿司(お安いのが今週登場予定。)も味わっているので、三週間ほで振り返ると食べていないのは。。。

エスニック系はやっつけたので、残りはフレンチにイタリアン系のような。

行っている店舗の近くにはありませんから、好きな和食系が続くでしょうね。

蕎麦打ち&キャバリア ブログ からかなり逸脱したので、当分は飲食系・各地の部は休筆宣言にしましょうか?


とも考えましたが。。。

この際 しつこく 食欲の秋編 を継続させてもらいます。



アノンド モアイ (ANONDO MOY)
神奈川県相模原市中央区宮下本町2-10-8
042-779-0454

食欲の秋 魚続き編

Category : 相模原市・町田市
昨日は【炉端焼 小方】での、焼き魚秋刀魚 イラストimagesの投稿でありました。

続く時は続くもので、昨日のランチも。。。

相模原で獲れたHAMACHI 画像魚(ハマチ)やしらすで御座いました。

お店は東京のベッドタウン町田市の『しらす・漁師料理の浜焼市場
浜焼市場 町田

白地に黒のコントラスト文字が、『しらすの店』を強調しています。

お店のHPでも、町田市から近い相模湾の海の恵みの産地直送をPR。
浜焼市場 町田のHPより

新鮮な しらすかき揚丼が840円 が売りのお店で御座います。
しらすかき揚丼が840円

ボリュウムが凄く、かき揚げが二枚に茄子の天婦羅が乗っています。

お仲間の しらすかき揚丼には、当然のように しらす でした。
しらすかき揚丼のしらす

かかったタレで余計にご飯が進みます。

私は刺身も入った定食1,400円を注文。ランチにしては豪勢でしたか。
刺身も入った定食

出てきてビックリで、ご飯も入れたら全10品目もありましたね。
最後の掻き揚げは食べ切れなかった。。。

しらすの小鉢に、
しらすの小鉢

しらすの茶碗蒸し までは想定内でした。
しらすの茶碗蒸し

しらすの味噌汁までとは想定外でしたね。
しらすの味噌汁

かまどで炊いたご飯は美味しく、時節柄というか早場米の千葉産でした。
かまどで炊いたご飯は千葉産

安心・安全面 から千葉産を強調しているようで、『このお米がいつか東北産に変わる事が早く来るように!!』と思ったのは私だけでないでしょうね。

このお店のお値段は高めですが、昼でも満席でかなりの地元の人気店でした。

お酒も種類がありますから、夜は地元の方が沢山のようです。

サッカーキッズサポーターのお父さん仲間や、主婦同士での語らいの場との事。
浜焼市場お酒もあります

店員さんのサービスも特徴で、それが更にお客さんを増やしているようで。

回ってお茶を何回も足してくれたり、ご飯お代わり自由(ランチのみ)も頼んだ時の気持ち良い笑顔でしたね。

実は肉好きの地元在住の同僚と行ったのですが、私の魚好きに合わせこちらのお店にご案内してくれたんです。

ご本人は本当はお肉を食べたかったでしょうから、次回はお付き合いするとしましょう。

しらす・漁師料理の浜焼市場
東京都町田市小山町704-1
042-798-7318
ランチ 月~金 11:30~14:00(L.O.13:30)
土・日・祝 11:30~15:00(L.O.14:30)

勤務先は大変のよう

Category : 相模原市・町田市
西日本の南海上を北上中の台風15号は、Roke(ロウキー)というアジア名だそうです。

15号rouki-

115万人以上に避難指示・勧告が出ており、不謹慎ながら映画のRockyに近い名前で ここまで元気でなくていいんですけど。

今朝は神奈川への電車通勤なので、サラリーマンとしては完全防備で行くしかありません。

災害といえば、COSTCO Wholesale 多摩境倉庫店、あの大震災で痛ましい事故が発生し 現在は閉店中になっています。 

八月頃から 立ち上げに行っているお店は このCOSTCOから 一㌔ほどでしょうか。

現在は強度補強の改装工事中で、もうそろそろ営業再開するようです。

地元の方に 従業員さんの雇用状況を 聞いてみました。

まずは社員さん 雇用契約があるので解雇出来ず、かなり遠くの店舗まで応援に行っているよう。
おそらく 入間や川崎へ行っているのでしょう。

大変なのは地元在住のパートさん どうやら今回の件で解雇になったようです。

企業としての責任は、結果的に 罪の無い社員さん まで影響します。



さて とんかつ → 刺身 → ラーメン → 手打ち蕎麦 → BEER & ウィンナー とランチ投稿週間は終わりのはずでしたが。。。

今週もランチネタ継続で、今日はうどんを選ばせてもらいましょう。

今週と違い 残暑だった先週に行ったのは、

このCOSTCO の近くにある、四代目横井製麺所 多摩境店。
セルフサービス讃岐釜あげうどん店ですが、発祥は四国ではありません。

あの丸亀さん(本社は神戸で三宮駅前ビルに)がそうであるように、こちらの本店は三重県桑名市。
二年前に 千葉県野田市で食べた時 に知りました。
現在は野田の店は閉店のよう。

普通ならCOSTCOの相乗効果でお昼時には満員になるはずのお店ですが、やや早めの時間なのですんなりと入れました。
雲の様子からも暑

九月に真夏日が続き、この日の雲の様子からも暑さがわかろうかと。

私のオーダーはさっぱりと、冷やし肉おろしうどん(大)。
冷やし肉おろしうどん

相棒さんは、冷やしうどんに温玉(並)
冷やしうどんに温玉


ネギや生姜の薬味系に、天カスがお好みの量を入れられるのは満足。
ネギや生姜の薬味系

麺のコシを感じつつしっかりと完食させてもらいました。

二人でこれに天婦羅やお握り・お稲荷さんを足しても千円前後。
値上がり傾向とはいえ、小麦系はまだまだ物価の優等生ですね。

出口にはこれ見よがしと言うか、国内産を強調した小麦粉袋。
国内産を強調した小麦粉袋

その内に産地を聞くお客さんがいるかもしれませんね。

喫煙者向けのオープンテラス席もありましたが、30度を超える残暑では誰も座りません。
喫煙者向けのオープンテラス席

もうちょっと涼しくなったら、外の空気を感じながらのランチもいいですね。

四代目横井製麺所 多摩境店
東京都町田市小山ケ岡2-3-3

久々のミシュラン店

Category : 相模原市・町田市
先週は新店舗の開店日で、遅い夕食となった九時過ぎに地元在住の方にお店に案内してもらいました。

和食 翁屋 さんは相模原市橋本駅の近くで、人気店のようでしたが時間的にすんなりと入店できました。

本日のお奨めはこちらです。
翁屋のお奨め

旬の天然素材のお刺身と煮物に、揚げ物が美味しく評判のお店のようです。

自家製しめさばからスタート。
自家製しめさば

コリッとした食感の鯵とドレッシングの組み合わせの鯵サラダは絶妙でした。
鯵サラダ

揚げ物系は油が新鮮で、しかも全てカラットしています。

好きな かさご姿唐揚げ にまずは満足。
かさご姿から揚げ

鰯の梅肉揚げは、中の鰯の鮮度が分かるミディアム状態。
鰯の梅肉揚げ

『GOOD JOB』でした。

お奨めの夏野菜の天婦羅や、
夏野菜の天婦羅

里芋の唐揚げはご家庭ではお目にかかれないレベルの仕上がりでした。 
里芋の唐揚げ

ここで大笑いが一つ。

何故かしら左上のだけが、色は似ていますが ちょっと形に丸みがありません。

どういう訳か、一つだけ鶏肉の唐揚げが入っていました。

素晴らしい料理はここらへんにして、ユニークだったお店の特徴を。

芋焼酎をお願いしたらボトルメニューは無いとの事で、持ってきたのは実物のオンパレードでした。
翁屋のボトルメニューは実物のオンパレード

普通なら口で言うお店が多いと思いますが、こうしたパフォーマンスがお店のサービス精神で、こちらから鹿児島の晴耕雨読をお願いしました。

こういうお店だと、お仲間との会話も盛り上がります。

気が付くと、翁屋の店内には誰もいません。

翁屋の店内は誰も

ラストオーダーの時間を過ぎて閉店の最後のお客となった次第です。

相模原から自宅までは、どうやって帰ったか。。。?

ご心配なく。

この日は店舗開店の日で遅くまで立会い、翌日も早いので近くのホテルに宿泊でした。


料理良し・お酒良しで満腹になり、しかもお値段は一人3,500円ほど。
接客も良く【勝手にミシュランの部】にノミネートさせてもらいましょう。

和食 翁屋
和食 翁屋 正面神奈川県相模原市緑区橋本3-29-16
042-773-7722

翁屋 居酒屋 / 橋本駅


プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。