水道橋「うけもち(立ち飲み)」

Category : お酒紹介の部
水道橋「うけもち(立ち飲み)」は、食べログで有名な全品300円均一の立ち飲みのお店です。

飯田橋での仕事がありまして、仕事終了後にちょっと寄ってみました。

お店は看板が小さく分かりづらかったのですが、何とかたどり着きました。

神田うけもち


にしん切り込み やら 生のまぐろ など、上品な仕込みが感じつつビールと日本酒を頂戴しました。

神田うけもちにて

ちょっとの寄り道でしたので、時間はたったの30分ほどでした。
なるほど、人気店であります。

日本酒の総本山へ

Category : お酒紹介の部
一ケ月前の5月1日投稿 新橋 魚金 ゆりかもめ店 の前に、前哨戦で寄ったのはこちらです。


前職時代の仕事仲間であるWさんとの待ち合わせ場所は、日本の酒情報館『SAKE PLAZA』 でした。

日本酒造会館 外観
HPから借用。


虎ノ門・霞ケ関・内幸町に挟まれた、西新橋の日本酒造会館の一階にあります。

Wさんの事務所はこちらの上の階にある、日本酒好きにはたまらない場所なんです。


SAKE TASTING 試飲セットの看板は魅力的でありました。

日本酒造会館SAKE TASTINGの看板


ワンコイン 税込540円の試飲セットお願いしました。

日本酒造会館 試飲セット540円


左下から時計周りに、

新潟 妙高 千代の光酒造 縄文の響 ⇒ 三重 桑名 後藤酒造場 青雲 ⇒ 新潟 妙高 千代の光酒造 越淡麗 ⇒ 石川 能登町 松波酒造 つづらの波 ⇒ 東京 東村山 豊島酒造 吟の舞 金婚 東京サミット晩餐会乾杯酒 の順でした。

ほとんどが720mlで2,000円以上の純米吟醸ですから、滅多に無い機会で違いが分かる勉強になりました。
このクラスは各々の個性が際立ち、好き好きとどの料理に合うかで選択肢は絞られると思います。


新潟系や

日本酒造会館 試飲メニュー新潟系


仕事場所の東村山市豊島酒造の東京のお酒もあります。

日本酒造会館試飲メニュー東京のお酒


秋田・岩手・新潟・長野のパンフレットを頂戴してきました。

日本酒造会館でパンフレット


4県には年内に行く計画があり、事前情報収集になりますから。
(新潟には5月1日にヒラセ酒店に寄って、こちらを購入してきました。)

201605015月1日にヒラセ酒店に寄って、こちらを購入


このブログでの私の買い物の50%以上は、日本酒かもしれませんね。

残りは肴系や田舎の食べ物で、日常的な服やバック等を除いたら ほぼ全て用に関連しています。


さて 国内で日本酒の需要が低下し続けている一方、売れているお酒もあります。

「クールジャパン」の象徴と持て囃される 山口県旭酒造 の日本酒 獺祭 や、秋田県の日本酒を製造する酒蔵の蔵元の有志会「NEXT5(ネクストファイブ)」メンバーである 新政酒造 のは№6です。

どちらも飲食店にほとんど出荷され、普通の酒屋さんには置いていません。日本酒造会館にも展示されていなかったようでした。


会館内には輸出や、在留外人向けに英語や他国語のパンフレットが置いてありました。
最近では外人受けするフルーティなお酒やスパークリング系が増えています。

日本酒離れの今 国内外の需要獲得の為、どんどん時代に合わせつつ、消費者ニーズを捉え進化していって欲しいと思います。

私の従事する住宅関連業界と一緒で、結果的に 生き残る蔵と、衰退せざるを得ない蔵とに分かれていくのでしょう。

西新橋一帯は再開発で、この情報館はこの7月頃にはおそらく移転するようです。
機会があったら寄ってみて下さい。

明日から ちょっとドライブで北東北に遠出します。

米どころ・酒どころの地域ですから、きっと どこかで日本酒を購入しているかもしれませんね。

県民の日 と 蔵開き

Category : お酒紹介の部
秋田県出身の私ですが、埼玉県吉川市に住んで早23年になります。

大学進学後~就職~転勤と人生を歩んできた中で住んだ都県は、神奈川~東京~長野~新潟~東京で、現在の埼玉県が一番長く住んでいます。

通勤の電車内で上を見ると、埼玉県民の日 車内広告 がありました。

埼玉県民の日 車内広告


今日が 埼玉県民の日 そうでありました。


明治4年に廃藩置県が行われ、「県」の統廃合があり、11月14日(旧暦)に「埼玉県」が誕生しました。

この日は埼玉県内の公立小中学校はお休みですから、武蔵野線東京駅行きは早朝から大混雑します。
子供たちが 途中の舞浜の ディズニーランドに大挙して行きますから。

子供時代に埼玉に住み、今日が毎年休校日であった経験があれば 県民の日の認識をするでしょうが、住まいは埼玉 でもほとんど仕事先が東京の私にはどうしてもピンときません。

まぁ 公共施設に加え、県内のかなりの有料施設(西武遊園地・東武動物公園 等)が無料のようですから、子供達には何よりとしましょう。



さて ここのところ一ヶ月 通勤駅の東村山駅で気になっている物があります。

改札を出ると、こういうのがドカンと迎えてくれます。

豊島屋本店蔵開き

樽酒に蔵開きの案内。


気になったので、検索してみました。


金婚総発売元の 豊島屋本店HPはこのように。

豊島屋本店HP


更に辿ると 金婚総発売元 株式会社豊島屋本店 は1596年創業で、千代田区猿楽町1丁目5番1号という江戸城から近い場所にあります。

本社所在地は千代田区で、蔵は東村山市という事になります。
東京のベットタウンで新宿駅まで40分弱の土地で酒造りをしているとは知りませんでした。


蔵開きは日曜日開催なので行くことはありませんが、お店というか蔵にはいつか寄ってみたいと思います。

豊島屋酒造の蔵

たまたま 前を通ったのでパチリさせてもらいました。

駐車場関係の工事中でしたが、秋田在住の高校生時代に毎日見ていた完全に酒蔵でした。

お米系が沢山

Category : お酒紹介の部
ご存知でしょうが、毎日の晩酌が楽しみな私です。

この時期は 日本酒が増えてきました。

今月5日に日帰りで新米を引き取りに行った新潟の ヒラセ酒店 で購入してきました。

201410我が家の日本酒1



ある夜に帰宅したら、お酒が二本増えていました。

201410我が家の日本酒2 黄桜 呑

時々TVCMで流れる 黄桜 呑 であります。


家内に聞くと、新潟の新米を PANのワンコ仲間に飼い主さんの Oさん宅にも届けておりました。
Oさんからお礼に頂いたそうなんです。


全部で五本もあります。

201410我が家の日本酒3


いえいえ 全部だったら ダイエットも中断となり、家計も火の車になります。
内 二本の 久保田 はお仲間用にお届けするものです。


秋の季語の一つは 秋刀魚。

MY出刃と刺身包丁で 秋刀魚の なめろう に 刺身 にして、肴にさせてもらいました。

201410秋刀魚のなめろうに刺身


たった一匹70円ほどの旬の魚を、自分用に購入し、自分で調理し、頂戴する。
休日のささやかな楽しみであります。


最近 好きになった言葉があります。


『楽しくなければ意味が無い』 楽しくなければ意味が無い


テニスの錦織選手を小学生時代に育てた、島根県の柏井コーチの言葉であります。

不謹慎な意味でなく、仕事も 趣味も 遊びも 日々の生活も、『楽しい‼』が日々の心の安定の基ですから。


お次に頂戴したのは 本物のお米。

私が新潟に日帰りした際に、蕎麦打ち仲間は 蕎麦打ち会旅行 でして、福島のお土産として新米を頂戴したんです。

2014104-5蕎麦打ち会旅行のお土産

蕎麦打ち仲間の皆様 ご配慮有難う御座いました。


そして、吉川市産の小さな袋のこしひかりも。

吉川市産こしひかり

なまりんのキャラが微笑ましい。


我が家に 新潟産と福島産に地元産の新米が揃いました。


米系 は どちらが先に無くなるでしょうか?

麦焼酎 物々交換

Category : お酒紹介の部
とある日に頂戴したのは、Kさんからの紙袋でした。

私が謹呈したあべ蕎麦へのお返しでした。

Kさんからのお返し


中身は、大和魂 という麦焼酎で、七年貯蔵の古酒でありました。

KさんからのKさんからのお返し

兵庫県明石の「江井ヶ嶋酒造」さんのようで、ゆっくりと味わいたいと思います。

そう言えば差し上げた蕎麦は、私の提案通りに冷やしたぬきにしてもらったようで、天かす&ネギ多めにトマトを添えてもらいました。

20140910Kさん宅より

私の打った蕎麦を 何と。  ご子息が喜んで食されたとお聞きしました。
ほんのちょっとだった蕎麦なのに、盛り付けを考え そして綺麗に大きく 撮ってもらったKさん有難う御座いました。


そんなこんなで麺好きのご家族のようでしたから、実家からの頂き物の饂飩をお返しのお返しで差し上げました。


そうしましたら、Kさんご家族からの夕餉の画像を頂戴しました。

某家族の食卓

自分が作った物、差し上げた物を、こうして調理して下さいまして有難う御座いました。
又、高価な焼酎も これから有難く頂戴します。

結果的に、あべ蕎麦~麦焼酎~稲庭饂飩 のやり取りになりました。

お返しを期待して差し上げた訳ではありませんが、こうしたやり取りも このブログのタイトルにある 市井の人 らしいと思っております。

Kさん もうお気遣いは結構ですよ。

但し 新蕎麦の時期になったら楽しみにして下さい。
プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ