スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鰤 三昧

Category : 自宅の部
家内が不在の時に、夕食は弁当でもと思ったのでスーパーに行くと。。。

小振りながら鰤のアラを見つけ、長崎産の天然物との事でお買い上げ。

長崎産の天然物との事で

目が嫌いな方はパスして下さい。


塩を振ってからお湯で汚れをさっと流し 下茹でして魚臭さをとってから、生姜とネギの青い部分で煮込みました。

下茹でしてから、生姜とネギの青い部分で煮込み


当然 鰤大根でしょう。

当然 鰤大根でしょうか


残った半分の半分は塩焼用とし、残りはどうしようか?


去年の10月に秋田県角館市の安藤醸造で購入した寒こうじが残っておりました。

安藤醸造の寒こうじ


寒こうじで漬け込んでみました。

塩麹で漬け込んでおります

翌朝 早速 焼いてみました。

寒麹漬け焼き

私が今まで焼いた 鰤焼きの価値観 が、まったく一新されたんです。
(ちなみに 後方のタッパは、あべちゃん作の自家製烏賊の塩辛。)

絶品!!』で御座いました。

寒こうじ(塩麹)は発酵食品ですが、購入してから四か月半たってもその生命力の素晴らしさに感動しました。

ちょっと残ったのは、お世話になっているMさんへ謹呈しましたよ。


スポンサーサイト

蕎麦を求めて4 蕎麦は蕎麦でも

Category : 自宅の部
三日連続の蕎麦に振られた後は、何とか蕎麦をと思い。

辛味大根とがんもを用意してと。

辛味大根とがんも

自宅に、新潟は十日町は小嶋屋の布乃利(ふのり)蕎麦がありましたから。

小嶋屋の布乃利蕎麦

乾麺ではありますがやっとの蕎麦で、辛味大根がんも蕎麦であります。

辛味大根がんも蕎麦

兎に角 食べようで、皿からはみ出しそうな大盛りになってしまいました。

小ネギの量をちょっと欲張りましたね。
大根の風味より、ネギの匂いが勝ってしましましたから。

何とかふのりが入った独特の新潟蕎麦を味わえました。

ちなみにがんもは蕎麦汁で味付けをしております。


いよいよ、明日の日曜日は蕎麦打ち定例会。

本物の細打ち蕎麦と久し振りに出会えます。

純米吟醸で塩辛を

Category : 自宅の部
自家製塩辛を作ってみました。

刺身用の烏賊がちょっと余りましたから。

レシピを普通はネット検索するところですがこの時は勘だけで、

山梨県腕相撲酒造の原料米:五百万石を使った、純米吟醸 竹居の吃安 を頂戴していましたので、

純米吟醸 竹居の吃安

塩の代わりに醤油を加え、合わせ入れてみました。

自家製塩辛を作ってみました

数日で食べようと思っていましたが、つい忘れていました。

一週間に食べましたが、塩分薄めと吟醸のお陰で柔らかいままの食感が残っていました。

出来はまあまあというところでしょうか。

でも 今年はこの一回で止めましょう。

なんせ プリン体の塊の烏賊ですからね。

Uさん 吟醸を料理酒に使って御免なさい。

食欲の秋 麺編

Category : 自宅の部
涼しくなると、温かいものを食べたくなるのが人情。(ちょっと表現違い?)
私はラーメン系麺に関しては、暑くても熱めのスープ付きが好み。

先週木曜日の健康診断の後ランチは、朝食抜きもあり何故か強気に。

時間が無かったので手短にという事で、普段は行かない大手ラーメンチェーンの
熱烈 中華食堂 日高屋さんに久し振りに寄りました。
熱烈 中華食堂 日高屋

お店は地下鉄半蔵門線 水天宮前駅近くの 水天宮前店です。

390円の中華そば(店舗によっては290円の所もあり)を代表メニューとする低価格が、このチェーンの戦略です。

日高屋 神田正会長 貧乏が生んだ"逆転の発想"
「仕事帰りに軽く一杯呑んで、シメのラーメンも食べられる。
 しかも駅前にあって、朝までやっている。言ってみればラーメン屋台です。
 その良さを再現することが創業以来の思いなのです。」

確かに 新宿勤務の時代は、締めに良く行っていましたっけ。
10年ほど前のメタボの時代ですけど。

ラーメンチェーンの好不調は、「出店立地」と「売上構成比」だと言い切っています。

店舗を構える私の勤務する業界にも共通する点ですね。


メニューから野菜たっぷりタンメン 490円 をお願いしました。

タンメンmenupage_ban_no01_on

野菜の盛りは確かにたっぷりであり、ヘルシーになった感じです。
野菜たっぷりタンメン

もうちょいで ボリュウム満点餃子 200円 もつけました。

餃子menupage_ban_no02_on

こちらもメニューと同じような、焼き具合に大きさ。
ボリュウム満点餃子
餃子の中も野菜たっぷりでした。

どちらも、メニューとほぼ変わらない盛り付けと色合いで満足。

結果はこのタンメン餃子セットになりましたけど。
タンメン餃子セット

手前のタンメンは餃子が出てくる前にちょっと食べていますから減ってます。(笑)

どうしてもセットのこのパターンになりがちですが、今日は野菜たっぷりです。
これにライス(昔なら?)を付けなかったのはそれなりに自制しているからですよ。

モリモリと元気が出そうなサービス券を、会計時に渡されました。

モリモリサービス券

低価格店でも常にリピーターを増やそうとしていますね。
そうは行きませんから、残念ながらごみ箱行きになりました。すいません。

そしてこのお店の見逃してはいけない特徴がありました。

パートの店員さん(女性)が言葉からほぼ中国系と思われ、かつ 流暢な日本語で『いらっしゃいませ!!』の元気な挨拶。
しかもそれが常連さんの場合は、何気に笑顔になっています。

コスト面や教育面も参考になりましたが、このお店の店長さんのマネジメント能力かと思います。
店名TOPの 熱 烈 の文字を、体感出来る元気なお店でありました。


お次も 翌日の自宅ランチ 麺話しで。

料理当番の鶴見さん自慢作の万願寺唐辛子を頂戴しておりました。

鶴見さんの万願寺唐辛子

家内が不在で 何して食べようかなぁ と考えたのは、

ヘルシー鶏肉とネギをネギ油でカリカリに炒めてから、稲庭うどん鶏万願寺風に。

稲庭うどん鶏万願寺風

繊細な稲庭には物価の優等生でタンパクな鶏肉とネギの出しがマッチングしていましたね。

だけど万願寺の辛味がちょっと邪魔しましたから、ラーメン系麺だったら合ったかもしれませんね。
でも鶴見さん、万願寺の食感がパリッとして美味しかったですよ。

PAN用にも茹でた鶏肉を、お裾分けさせてもらいましたよ。
PAN用鶏肉

食いしん坊のPANにはメインがありますから、ちょっとでいいんです。

『外でも麺・家でも麺』の蕎麦打ちでありました。

週のスタートから ランチ投稿になってしまいましたが、今週のランチネタはこれだけで終了予定です。

麺とSAPPORO

Category : 自宅の部
ここのところ急に暑くなり、半袖の方が多くなってきました。

休日のお昼ごはんは時期的に軽めという事で、家内が用意してた食材は冷やし中華。

そこに冷蔵庫の中から男料理のぶつ切りを、トッピングして頂きました。
男料理の冷やし中華

麺の色が何やら黄色に白が入っていますね。
中華麺に稲庭饂飩も
中華麺にちょい足しトッピングで、稲庭饂飩も一緒に茹でたんです。
二人前だと食べ過ぎだし、饂飩を加えても大盛り程度の量にしましたよ。

サッポロならぬ SAPPORO ホップ畑の香り も付けましたけど。
ホップ畑の香りも
5月18日数量限定発売の文字とネーミングに釣られました。軽めじゃないかも?

そうそう ある日は、こちらの揚げ蕎麦をつまみにSAPPOROの黒生を。
蕎麦揚げでも

麺類を食べてSAPPOROをトッピング?して、麺好きはノンビリと休日を過ごしています。

今日は仕事なので空いた電車でユックリ通勤です。
週末に仕事をしてウィークディに休むのも、時には良いものですよ。

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。