2016年初夏秋田番外編

Category : ブログから学び
あえて 【感謝の心シリーズ】の後に、こちらを最初の投稿とします。

このの投稿は 【感謝の心シリーズ】のカテゴリーでも良いのですが、ブログやフェイスブックで発信を継続しているお店がありますので、【ブログから学び】のカテゴリーでの投稿となりました。

岩手~秋田での六月第一周四日間の慌ただしい 最中の最終日の日曜日五日、ブログで知っている湯沢市の二軒のお店にお伺いしました。

丁度 一ケ月前のことです。

ネットで知っているお店にはアポイントを取らずに、お寄りしてしまうのは 『思いたっらら すぐ行動』の私の悪癖でもあります。



一軒目は ネットで 剣道具専門店-たのもうや@武道具店- を運営する東海林武道具店です。

東海林武道具店 たのもうや@武道具店titlerogo2


五年ほど前にお世話になりました。

蕎麦打ちの重くて長い道具は、東海林武道具店からの お手軽なこちらにしております。


90㌢を超える延し棒は、竹刀袋を応用しています。

東海林武道具店名入れは蕎麦打ち阿部と


6㌔を超える蕎麦の鉢には、丈夫な帆布木地の防具袋を応用しています。

東海林武道具店防具袋

店主の東海林さんとは多くのご縁がありました。

東海林武道具店 を知ったのは、現在のブログ&フェイスブック発信の【秋田犬 さくらとふく】のさくらを知ったのがキッカケでした。


まずは 秋田犬 初代 さくら の飼い主。

今日のさくら】" は、秋田犬の日常の生活を通して、秋田県南湯沢市の四季の移り変わりや、さくらを愛するご家族やご近所の触れあいが素晴らしい名作のブログでした。


【今日のさくら】

さくら をネット検索で知り、2011年秋にはお電話してからお店訪問させてもらいました。

その際には さくらとのツーショットを撮ってもらいました。

2011104さくらとのツーショット


後で知ってビックリしたのは高校の後輩、しかも高校時代の友達である柏谷君の剣道部の後輩でもあります。

そんなご縁で 奥様のクミコさんからは、2012年6月の父の死亡時にブログに弔意のコメントを頂戴しておりました。


残念なことに、2014年9月7日にさくらが急死した際は、私も ほろっと 涙が出ました。

ブログ「秋田犬 さくら」を楽しみに見てくださっているみなさまへ】で訃報を知り、私もお悔やみのコメントを差し上げました。

東海林さんに送った、さくらへのお悔やみのコメント


急な訪問をさせてもらいましたが、お店はには東海林ご夫妻はおられませんでした。

東海林武道具店店内


ちょっと気になっていたんです。
さくらの後輩秋田犬の ふく が、秋田市に住まいを変えていたんです。

飼い主の東海林ご夫妻は現在秋田市に住んでいるのかなぁ。

お店のスタッフにお聞きすると、『武道具の仕事の関係で秋田市内に支店を出している。』との事。

これで一安心しました。
そうしたら 私が埼玉から来た事を知っていましたので、お店のスタッフが気を使って下さり、『TV電話で話せますよ。』との事。

便利なパソコンを活用した、テレビ電話で話す事が出来ました。

東海林武道具店東海林さんとテレビ電話で

店主が不在でも会話や指示が出来ます。まずは便利な時代になりました。

いつか さくら の後輩犬 ふく と会ってみたいと思っています。



そして 二軒目は まるてつ果樹園のヨメッコ通信 さん。

まるてつ果樹園のヨメッコ通信


確か湯沢市がネットを通して発信しようという企画に参加し、ネットで発信しているお店も一つです。

さくらんぼとりんご作りを手伝っているヨメッコ(若いお嫁さん)の日記です。

秋田県湯沢市上関地区で まるてつ果樹園 を検索し、急な訪問をさせてもらいました。

六月初めの時期ですが、何かしら購入する果実はないかなぁと思ったからです。

お店と思ってお寄りしたらご自宅で、ご夫妻は不在でした。

時期的にも果物は半月早かったようです。


そこで ご近所のサクランボのハウスと木を撮影させてもらいました。

0605朝湯沢市上関のさくらんぼハウス


誰もいないハウスにお声掛けをしましたが、どなたもおられません。

失礼とは思いつつ、サクランボの木を撮影させてもらいました。

0605朝湯沢市上関のさくらんぼハウスにお邪魔しました。


確かにサクランボの実は、まだ小さくて色も成熟していません。

0605朝湯沢市上関のさくらんぼハウスの様子

数日後に こちらのぶろぐにコメントさせてもらいました。


後日談があります。
実の姉が場所はちょっと離れていますが、三関地区の違う果樹園にこの時期収穫のお手伝いに行っていました。


今朝の投稿も 剣道具やサクランボなどの、 もの作り・商品作り・果樹作り をされている二軒のご紹介です。

共通店はどちらのお店もご商売の様子をネットで発信しており、日曜日も営業しているという事です。

しかもネットの発信内容は商売一色でなく、ご家族やペット ボランティア活動等 多岐にわたるジャンルであるという点です。
親近感や安心感があって、ネットを通してですが ぐっと 距離が 縮まりますから。

二軒目の まるてつ果樹園のヨメッコ通信 の ヨメッコさんから、私のコメントにこんな返信がありました。

『私のつたないブログで湯沢の様子が少しでもわかっていただけたら嬉しいです。(自分ちメインですが ^^;)』

正しく これでいいと思っています。 発信し続ける事が重要なのですから。


元気に明るく 地元の発信を続ければ、私のような人間は興味をもってお店にお寄りしますから。。。

写真館 紫陽花編

Category : 写真館
土日の二日間は PANとの散歩がてら紫陽花を撮りまくりました。

私が一番好きな花は芝桜で、二番目は日本人なら誰もが好きな国花の桜。

お次の三番目は紫陽花なんです。

我が家の今年最後の芝桜が今月中旬で終わり、柚子の花も小さな実に変わってきました。

自宅の花は今シーズンに買った、ペチュニア系が今は主力に。

半坪の前庭と玄関先には、もう植えるスペースはあまり無く、紫陽花を咲かすには大きな鉢を購入する必要があります。

購入しなくても 充分に紫陽花を楽しめる方法があります。

それはご近所さん や PANとの散歩道 や 私の通勤路 に沢山咲いているるからです。

そこで今朝はこの土日で撮影したのを【写真館 紫陽花編】のタイトルで公開させてもらいます。

スタートはこちらからで、基本 撮影順になっています。

20160528-29紫陽花写真館 (1)

20160528-29紫陽花写真館 (2)

20160528-29紫陽花写真館 (3)

20160528-29紫陽花写真館 (4)

20160528-29紫陽花写真館 (6)

20160528-29紫陽花写真館 (7)

20160528-29紫陽花写真館 (8)

20160528-29紫陽花写真館 (9)

20160528-29紫陽花写真館 (10)

20160528-29紫陽花写真館 (11)

20160528-29紫陽花写真館 (12)

20160528-29紫陽花写真館 (13)

20160528-29紫陽花写真館 (14)

20160528-29紫陽花写真館 (15)

20160528-29紫陽花写真館 (16)

20160528-29紫陽花写真館 (17)

20160528-29紫陽花写真館 (18)


17軒のご近所さんの紫陽花紫陽花を楽しめました。

分かったことは、各ご家庭の紫陽花は品種も色も様々で違いがあり、特に日当たりやお手入れでも違っていました。

そして デジ一のホワイトバランスや絞りの関係で、同じ品種の紫陽花でもコントラストに差がでました。

カメラ撮影の勉強にもなりました。


その他にも約二軒のお宅と会話出来た事も、効果というかご近所付き合いの更なる発展。


一軒目はお庭にたまたまおられたご婦人に撮影許可をもらおうと、

Q カメラ片手に『紫陽花 とって いいですか?』 ⇒ A 『まだとるには早いのですけど。。。』

撮る と 採る・取る ではえらい違いで、私の言葉が足りませんでした。


二軒目はいつもPANとの散歩道の途中で通るお家で、お庭が常に整備されています。

初めて会話するやや離れたご近所さんでしたので、こちらを撮影許可をもらおうとしましたら、

『いつも散歩しているワンちゃんですよね。』

『時々お姉ちゃんとも散歩していますよね。』

ご近所さんはPANを軸に知っていました。
このお宅の紫陽花は日当たりの関係で、満開まで 後 1~2週間はかかりそうです。

再度 撮影させて頂く事の了解を頂戴しました。 有難う御座います。

こうして 紫陽花を見て楽しみ、撮って楽しみ、会話して楽しみ と、市井のお父さんはご近所さんと お近づきになっております。

但し 気持ちの問題で撮影させてもらったお礼をしないといけません。

良い画像を切り取りできたなら、プリントしてお渡ししましょう。 中高年の礼儀であります。

欲しくなるものです。

Category : デジカメ・機材
ネットオークションで、MALUMI MC-1B 55mm という GXR16 用のフィルターを購入したのは昨日投稿させてもらいました。

続けて購入したいのがありました。

自動開閉式レンズキャップ LC-3 ですが、残念ながら 販売終了品 です。

自動開閉式レンズキャップ LC-3



Amazonで検索すると、定価の4倍近い 価格:7800円 と手を出せません。

Amazonで価格:7800円


やはりネットオークションで探しました。


何とか 購入させてもらいました。

GXRA16用のLC-3


フィルターとレンズキャップを装着すると、こういう感じになりました。

GXRA16にLC-3とフィルターを装着



でも 完成させたいのは、こちらの絵のような感じです。

img-main-04 A16❶


残りは同じく 販売終了の 、液晶ビューファインダー VF-2であります。

option_1液晶ビューファインダー VF-2 販売終了

 
¥22,000 (税別)したのが、現在はネットで16~17,000円からでしょうか?



又 人間とはどんどん欲張りになるもので、欲しいのがあります。


交換レンズの GR LENZ A12 です。

po4_img2 GR LENZ A12

こちらの GR LENS A12 50mmのレンズは焦点距離50mm。
人の眼とほぼ同じ画角がもたらす自然な視野が魅力的で、しかもボケ具合は最高のマクロレンズ。

でも 道具に凝っても、腕が付いていかないと何にもなりません。
もう少し 撮影の練習をしないといけませんね。


市井のお父さんの小遣いをやり繰りして、今夏にパソコン~秋にはGXR16とお買い物が続きました。

箪笥貯金がゼロになりましたので、来春以降まで持ち越しであります。

95%割引のフィルター

Category : デジカメ・機材
最近ネットオークションで、MALUMI MC-1B 55mm という GXR16 用のフィルターを購入しました。

MARUMI 1B


短焦点レンズのA12 GRLENZは、F2.4と暗さに強いので 室内用。
こちらには、同じMALUMIの DHG SUPER を使用しています。

MARUMI パールレッド



GXR16 はズーム機能があるので、主に室外用に使っています。

MC-1B は晴天時特有の青味を除くフィルターです。
晴天時は青空光(スカイライト)の影響で被写体の陰の部分が青っぽくなってしまいます。これを補正するのが1Bです。

人物撮影時には、肌を健康的に写すので、ポートレート派向けにも使えます。

MC-1B 01_03


定価は税別の2,200円の商品ですが、支払った商品の落札代金は たったの100円だったんです。

オークションで100円

但し 最安値の100円で落札したものの、 運賃が360円で 合計 460円の お支払

だけどTポイント利用分がありましたので204円の割引となり、カード決済手数料が100円 +で

最終356円のお支払で済みました。


もう一つこの話しにおまけがあります。

実は100円では落札出来ないと思い、同じタイプの300円のを入札したら 落札してしまったのです。

同じタイプのを300円のを入札


という訳で、二個 購入となりました。

MALUMI MC-1B 55mm 2個


こちらは 300円+送料180円+手数料100円で、合計580円のお支払いです。

二個で計936円のお支払いとなりました。

新品を購入したとして、価格.COMで見ると同タイプは最安値で964円ですから 良し としましょう。

三カ月継続と購入

Category : デジカメ・機材
7/27より毎日投稿を続け、10/27で四ヶ月目にはいりました。
そして本日で連続投稿が100日目に入りました。 ちょっと自分を褒めたいと思います。

その間 一日に二つ投稿したのもあり、100日で合計111本の投稿数となりました。

総投稿数も950本を超え、この毎日ペースですと年内には 単独ブログとしても 1,000本 となります。
こちらから分けた【吉川のそば打ち】の『吉川そば打ちめいじん会』公式ブログ?は、230本を超えました。

今日は私の記念日でもあります。

20141103今日は私の記念日


娘からのであります。

20141103娘から



続けられた事も含め 自分へのご褒美 に、つい こちらを購入しました。


RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5。

img-main-04 A16❶


その形状から 土管 とも言われています。

po9_img2 A16❷


現在メインで使っているのは、RICOH GR LENS A12 28mm F2.5。

28mm単焦点レンズ


と言う事でGXRのセットが二台になったんです。




GR LENS A12 28mm F2.5 は単焦点レンズなのでズーム機能がなく、ちょっと遠目が苦手でした。

RICOH LENS S10 24-72mm もあるのですが、描写力がGR LENSと格段の差でしたのでほとんど使っていませんでした。
よって外での撮影はRICOH LENS A16が増えるかと思います。

と言う事で、GXRのLENSは下記6機種中 右側の3台になりました。

GXRシリーズ


最終ターゲットは左上の、GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO 。

GR LENS A12 50mm MACRO

販売終了商品ではありますが人気があり、ネットの中古市場ではまだまだお高いのです。


私のデジカメ入門機となったのは、同じくRICOHのR10で、それからCX1⇒CX3を使い、最終的にGXRシリーズになりました。

私がRICOHをお薦めした蕎麦打ち仲間のU澤さんご家族は CX3を確か三台お持ちです。

そのU澤さんがデジカメCX3で撮影したのは、こちらの福島での画像です。

CX3でここまでの撮影なら上等です

デジカメ撮影なのにかなりの切り取りと思います。

私もGXRシリーズが、 宝の持ち腐れ にならないよう より精進せねば。
プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ