2017年東北物産展in松戸

Category : 秋田・東北
3.11も先週土曜日で6年が過ぎました。

テレビや新聞では『忘れない・東北・災害対策』をテーマに、多くの特番・特集が組まれていました。
同じ東北出身者として風化させてはいけないと、改めて思った次第です。

現実的にはまだまだ東北の被災地は復興途中であり、東北全体の経済も決して好調とは言えません。
関東在住者の私にとって応援出来ることは、多少でも東北産の商品を購入したりPRすることです。

そんな時期に毎年恒例の 伊勢丹が首都圏の店舗で開催している『東北物産展』が、2017年度も明日の15日より松戸店を皮切りにスタートします。

2017年東北物産展


松戸店 (3/15~20) ・相模原店(3/22~27) ・府中店 (3/29~4/3)・立川店 (4/5~10) ・浦和店 (4/12~17)

実家の兄が営む 阿部始漆器店 と、知り合いが多い酒蔵『爛漫』の蔵人達も出店します。

昨年の様子はこちらから。

阿部始漆器店in伊勢丹 松戸店 & 香り爛漫

松戸近辺の方がおられましたら、この週末にでも宜しければ寄ってみて下さい。

近~い親戚に連絡しました

Category : 秋田・東北
皆さま お早う御座います。

二週間ぶりの土日休みとなり、前夜の後輩との打ち合わせ会の疲れもあって、起床時間は5時台でした。


昨日 投稿は 遠~い親戚 でしたが、今朝 秋田県出身の近~い親戚三人に連絡しました。

一人目は生まれが小室姓で結婚されて、別姓Fさんになった4歳年上のK子さん。(桶川市在住)
亡き母の妹さんの長女で、私とは当然従姉です。

横手城南高校から関東某国立大に進学され、永らく教職の道を続けられた方です。

電話した理由はこの画像がキッカケです。

1974年10~11月頃の画像

大学1年生だった 1974年10~11月の秋に横浜市戸塚区の叔父の自宅前で撮影した画像です。

FUJICOLOR 74


残念ながら お二人とも故人となりました。


真ん中は 旧姓が小椋姓だった母の弟で、名前は 小椋 捨次郎 叔父さん。

母の父(母方の祖父)が 小椋 泰一郎 という、こけし職人で 永らく木工関係の仕事をしていました。

捨次郎叔父さんは、定年後に実家のこけし作りを思い出し、実際にこけしを作りました。

泰一郎の次男、小椋捨治郎

小椋 捨次郎】で検索すると、Kokeshi Wiki Kokeshi Wiki で ヒットします。

『祖先の血 死しても残る こけしかな』  造った物は、こうして残ります。素晴らしい。


実際にこけし作成中の様子を  兄が撮影したのが こちらの画像。

本間功(手前)に描彩指導する小椋捨次郎(奥) 撮影:阿部均 平成14年

本間功(奥)に描彩指導する小椋捨次郎(右手前) 撮影:阿部均 平成14年 とあります。

2014年12月にお亡くなりになった際には、【祖先と叔父】と題し投稿しました。

叔父さんの子供である従妹にも事後連絡をしましたから、親戚に電話したのは合計4人です。


もう一人の右端の方は確か30代後半の働き盛りに、不慮の病気により亡くなった 小室姓の通称Kさん。
私より二歳上の従兄で、母の妹の長男になります。

秋田県南地区TOP高の横手高校から関東有名理科系私大に進学した方でした。

このKさんが37歳の若さで急死したと聞いたのは、私が35歳の頃で東京勤務でしたから お葬式に参列出来ませんでした。

26年を経た還暦の今 お金の余裕はありませんが、時間的余裕はあります。

いつの日にか Kさんのお墓参りがしたいと思い、従姉のK子さんに電話した次第です。
(K子さんには事前に電話連絡で画像公開のOKをもらいました。)


従姉同士二人で会話が盛り上がり、K子さんから いつの日にか
 『秋田に一緒に行って、弟のKの墓参りしましょう。』との話しになりました。

実家の兄にこの件を話したら、快く私とK子さんを実家に宿泊させて下さるとの事。

兄と義姉には、いつも本当に感謝であります。



二人目・三人目の親戚は 小中高の同級生だった小野寺姓の TO君(神奈川県在住) と 元阿部姓の YAさん(現在はYMさんで大阪府在住、元秋田美人さん 御免)。
川連小学校~古四王中学校(現 稲川中学校)~湯沢商業高校(現 湯沢翔北高等学校)と18歳まで同じ。

20160603古四王中学校19期生


TO君 と 元阿部姓のYAさんには、6月3~4日の還暦を祝う会で数十年ぶりに再会し、私の撮影した記念画像をDVDにして郵送しました。

TO君は小野寺姓で、母方祖父系の小椋姓との縁戚関係のようで、やや近くてやや遠い親戚です。

彼から 私が撮影した画像をDVD化した 『古四王中学校19期生 還暦を祝う会』 を返礼無用で贈ったのに、こちらが昨日 郵送で到着しました。

DVD代&郵送代 計原価300円なのに、なんと5倍の1,500円分。

TO君からの返礼


しかも記念硬貨は樺太犬で有名な 南極で苦難を乗り越えた タロとジロ。
きったTO君の思いのある記念硬貨のはずです。

亡き父母からお返しの心を学んだ私として、迷惑かもしれませんが家族分の私の手打ち蕎麦を贈ろうと思っています。

尚 TO君の電話番号が分からないので、メールで電話番号を教えてくれるよう 返信を待っています。

TO君 本人から 今ほどメールの返信があり、蕎麦の件はご辞退とありました。
分かりました。けど勝手にいつか送るかもしれませんので。

彼のメールに 室生犀星の小景異情ーその二 の詩が添えてありました。

故郷を想う気持ちは、同級生 皆 同じです。



三人目は幼少時代からの父方の祖父系親戚である 元阿部姓のYAさん。

口で言った事は一度もありませんが、彼女の面倒見の良さに感謝し この投稿で褒めて感謝の意を表します。

彼女の父母やお兄さんは 漆器の材料となるナラや欅の原木を大きく裁断する仕事でした。

原木を大きく裁断し 天然乾燥

実家の庭で切断してもらい、お次は木地師さんにお椀の原型まで粗挽きしてもらいます。

それから家族総出で天日のもとで桟積みし、その状態で天然乾燥を行い、最終的に倉庫二階の乾燥場所まで揚げ含水率を40~60%まで落とします。

実家とYAさんのご両親・お兄さんお二人とは、親戚の中でも非常に親しい関係だったと思います。

亡きYAさんのご両親には非常にお世話になりました。

父方の本家 佐藤一族では初の男子大学生という事で、43年前の大学合格時にお祝いを頂戴した記憶があります。

ですから いつの日にか YAさんのご両親 のお墓に出向き、合掌したいと思っております。 

尚 YAさんは現在 盛岡在住の弟の奥さん(義理の妹)と同じ、ケアマネの仕事をしており ある意味尊敬します。


この三人には、今朝の電話やメールのやり取りを 投稿する旨 伝えました。
(もし訂正があるなら修正しますので、ご連絡下さい。)

私を含め 四人の共通点は、故郷の秋田を40年以上離れている事。
そして望郷の念があり、故郷を大事にしている事。

こうして 故郷を離れ43年目となり昨年還暦を超えた 今、近い親戚とのやり取りが出来る事に感謝しております。

祖先様があってこその 今の私と家族。 この心境に達したのは少し遅すぎたかもしれません。


梅雨模様の我が家の鑑賞用兼PAN用イチゴの苗には幼稚園児のようなカマキリ君。

20160625梅雨模様のイチゴの苗 20160625梅雨模様のイチゴの苗には幼稚園児のようなカマキリ君

2㌢前後の背丈なのに、本能からか威嚇しよう見ています。

人間も生き物も精一杯生きています。

後数十年後にいつの日にか迎えるであろう終活の日まで、納得出来る人生を過ごしたいと思っております。

『故郷の 想いが募る 還暦かな』(字余り)

遠~い親戚より?いぶりがっこ

Category : 秋田・東北
『いぶりがっこをアレンジしてみました。』

このブログに定期的にアクセスして下さる方のほとんどの皆さんがご存知のように、私は元LIXIL社の社員でした。

現在はLIXIL社の販売協働パートナーであるFCの、東村山市の マドリエ(元TFC) に勤務しております。

サッシ業界の人なら誰でも知っている日本最大の業界FCで、加盟店は全国に300社以上あります。

秋田県湯沢市の実家に帰省した際に必ずお寄りするのは、湯沢市の隣町 
秋田県横手市の 小野寺トーヨー住器㈱様 で、同じマドリエ仲間です。


①秋田県横手市小野寺トーヨーさんHP


小野寺FCさんの社員であるアキハルさんは、私から言うと 妹分のような存在で 色々と頼み事をお願いする関係です。

今週末の日曜日には、湯沢市稲川地区の実家へ届け物をしてもらいます。


そして 互いのブログにコメントしあったり、時には私が故郷秋田の記事の際には、アキハルさん撮影の画像を借用させてもらっております。

で 小野寺 という苗字は、私の父方の祖母(物心付いた幼少時にはとっくに亡くなっています。)が 同じ小野寺姓で、今でも小野寺姓の親戚(従姉)とは交流しております。

亡き母の実家は 椋性。

又 室 という苗字の親戚も 横手市の十文字地区におり、  の字を使う苗字の方とは遠からず縁があります。

ですから 小野寺さんとは 遠~い遠~い親戚のような気がしています。


その小野寺FCさんに今月4日の朝にお寄りした際に、社長の奥様から頂戴したのは県南地区の名産品 『いぶりがっこ』。

①小野寺FCさんからのいぶりがっこ

秋田県のソウルフードである『いぶりがっこ』は冬のお茶うけだけでなく、親父連中の晩酌のお供であります。


早速 勤務先の会社にお土産として持参し、いつもお願いしている経理のK町さんに切ってもらいました。

①いぶりがっこですが量が少ない

何か持参したのよりは少ない。。。?


青森県のコムラのなんばんみそ は、お手軽な200円商品です。

こちらも別に私が持参しました。

①青森県のコムラのなんばんみそ


生のきゅうりと茹で卵も一緒です。

①生のきゅうりと茹で卵も一緒です。


K町さんにお願いして細かく賽の目に刻んでもらい、そして コムラのなんばんみそ を投入。

20160616いぶりがっこと胡瓜に茹で卵を加ええ刻み



味噌の味が強すぎないよう、かつライトで滑らかな味にしたかったので、低カロリータイプのマヨネーズもちょっと投入して出来上がったのはこちら。

①20160616アベアレンジの和え物

阿部アレンジの いぶりがっこ入りの和風タルタルソース ご飯のお供バージョン です。
(生野菜や揚げ物のソースにもなりますが、実は日本酒の肴イメージでもあります。)

料理自慢である 上司のJ務長からも褒められました。


残った多少の いぶりがっこ と コムラのなんばんみそ を、K町さんが自宅に持ち帰ってもらい、早速 同じレシピで作ったら やはり美味しかったとの事。

何より何よりでした。メイン食材をベースにして、何と何を加え、どんな調味料を使えば、どういう味と見た目になるのか、そして食感がどうなるのか、だいたい想像出来ます。


それはきっと 私の食育体験に大いに影響されています。

まずは小学校低学年の頃から、鰹節削りをお手伝いをしておりました。

当時は一般的だった本物の鰹節と煮干しを使った料理は、煮物・和え物・炒め物・味噌汁に加わり、ほぼ毎日味わっていたことになります。


両親が自営の共稼ぎ家庭で育ち、小三~小四の頃からフライパンで小麦粉・重曹に多少の塩と砂糖を入れて、今で言うホットケーキのようなのを作っていました。

大学時代の最後の2年間はアパート住まいだったので、朝夕の80%は自炊でした。
得意料理は手ごろな野菜炒めとカレーでしたけど。


食材の色味も拘るタイプかもしれません。

何せ漆器屋さんの次男坊で、食事の時だけでなく、朝から晩まで漆器がそこら中にゴロゴロありましたから。

そうなると 自然に 黒内朱のお椀には、何が映えるか、きっと白身系の魚や豆腐の和え物など コントラストな組み合わせがベスト。

器の色も考えると、自分なりに料理の幅が広がります。

長兄が都内神田での秋田県産商品のイベントで、漆器を販売している2年前の画像ですが、これだけの色彩があります。

川連漆器の販売員として出張してきた、阿部始漆器店の兄で御座います。


無垢の欅のお椀(漆はもともと乾燥すると透明。日本画と同じで顔料を混ぜて色彩を出します。)

川連漆器 欅汁椀

こういう器には濃い目の色の食材がいいかと。


苗字の話しに戻りますが 小 のつく苗字の方は、実はもっと知り合いがおりますが、個人情報の関係でシークレット。

小 のつく苗字の皆さん、阿部を見掛けたら お声掛けして下さい。

その内 何かプレゼントを謹呈するかもしれませんよ。


今朝の話しはマドリエ仲間と苗字から いぶりがっこ・私の料理体験・漆器の色彩感・色々と飛びましたが、全部に共通するのが秋田での体験や生い立ち・親戚がベースです。


ご縁で結ばれたと思い込んでいる私は、小野寺FCさんのリンクを今朝より貼らせてもらいます。

リンク名はちょっと長めで、『秋田県南地区のLIXIL商品は小野寺トーヨーへ』にしました。

小野寺社長様 これでどうでしょうか? ご不満でしたら、ご一報頂ければ、即修正致します。


岩手 一本松 一本桜 角館 

Category : 秋田・東北
今回の東北シリーズもそろそろ終盤線に入ります。

今回の当初計画では 岩手 一本松 一本桜 秋田 角館 を回るドライブの予定でした。


岩手 一本桜 は一度は桜の季節に寄ってみたいと思っています。

小岩井 一本桜


まだ叶わないので、ブロ友のアキハルさんの画像を三枚ほど借用。


真冬の1月撮影と、

201501小岩井一本桜 冬



5月撮影バージョンです。

20110517小岩井一本桜春


みちのく三大桜名所・角館(桧木内川堤と武家屋敷)からは、満開の桧内川です。

20120430桧内川の河川敷


6月2日に私が撮影出来たのは、こちらの陸前高田市の 一本松 でした。

単焦点レンズで撮影した画像と、

20160602一本松❶単焦点レンズで撮影


ズームレンズで撮影した画像です。

20160602一本松❷ズームレンズで撮影


どちらにも上空を鳥が舞い、一枚目には トンビか鷹 二枚目には カモメ らしきです。

自然は大震災という猛威をふるいましたが、その地で生きる人間だけでなく 動物も踏ん張って生きている。 と自分なりに感じました。

機会があれば、一本桜と角館の桜を 撮影に行きたいと思っております。 

『1380㌔ 程よい疲れ 心地良し』

Category : 秋田・東北
今回の宮城・岩手~秋田の一人旅は夜8時過ぎに無事 自宅到着しました。

今朝の投稿のコンセプトは 恐れ多くも 【東北復興支援】

この四日間での走行距離は約1,380㌔。体は疲れましたが、気分は爽快,。精神的に大満足。


心境は『1380㌔ 程よい疲れ 心地良し』


入浴前に体重計に乗ってビックリ 『2年前に戻り 63㌔ ここ30年のベストに近い数値!!』

本当に驚きました。 だってお酒をずっと飲んでいたんです。

盛岡市の弟宅に到着した2日の夕食⇒3日夕食は三次会まで。⇒4日は昼からクラス会~夜は高校の同級会。

一般的な2~2時間半の飲み会を、たった三日間で6回もこなしたのですから、かなりのアルコール量を飲んでいます。

特に4日は多分 日本酒換算で 一升とは言いませんが、昼酒&夜酒で計八合以上のはず。

理由はおそらく 四日間のヘルシーな食事と、自称 カメラマン・料理人・見学人・ドライバー として動いた運動量の結果です。

今朝はヘルシーな食事と、作った物をご紹介します。


初日2日のランチは、福島県 南相馬鹿島SAで購入した まいたけおこわ。

0602南相馬鹿島SAまいたけおこわ

まいたけの素朴な味が活き、しかも包装は本物の竹の笹。 超お買い得商品です。

当初は南三陸町か気仙沼市の魚市場で海鮮丼系を予定していましたが。。。
三陸海岸の国道は想像以上の工事車輌多さと、坂道でトレーラー・ダンプ系がノロノロになる低速モード。
ランチを食べる時間が無くなり、まいたけおこわ が運転しながらのランチとなりました。


夜は素人料理人に変身し、作ったのは主に2つ。


まずは 三陸産の魚介類を使ったスペイン料理のパエリアです。

0602夕食弟宅でパエリアになりました。


オリーブオイル(パエリア)は当然使いましたが、

フランス産の白ワインビネガーやイタリア産のバルサミコ酢を持参していたからです。

0602料理人フランス産の白ワインビネガやイタリア産のバルサミコ酢を持参していた


パエリアは 南三陸町 志津川生鮮ロイヤルフィッシュさん から購入した、大型のホタテと贅沢にも刺身用タコがメインです。

気仙沼市の阿部長商店(後述)で購入させてもらった、たった200円の白身系めばる も入れました。



お次は ライト系フレンチのビシソワーズでした。バター(ビシソワーズ)は抑え目。

0602弟宅でビシソワーです。

義妹には、仕事疲れのなか 生クリームを購入しに行ってもらい、申し訳ないと思っています。


翌朝 秋田のお土産用にペットボトルに入れてしまいました。

南相馬鹿島SAセデッテかしまの 南相馬商店 で購入した、福島 南相馬市産の野菜と 南相馬市の松永牛乳さん の まつなが3.6牛乳をメイン材料にしました。

0602南相馬鹿島SAまつなが牛乳

弟宅の天然ハーブを飾り付けと香り付け用に借用。

0602弟宅の天然ハーブ。


翌 3日は朝から蕎麦打ち。

0604弟宅で朝に打った蕎麦

約10人前を一回で打ちました。 疲れました。

❶打たせてもらった弟宅用 二人前。
❷横手市の友人O様ご夫妻用 二人前。
❸湯沢市の高校の後輩 佐々木様用 二人前。
❹クラスの仲間用 四人前。


ランチは、女将さん(?)がとても親切だった 気仙沼市の阿部長商店 で購入した、刺身用のカワハギが余っていたのでカワハギの煮付け。

0603ランチ弟宅で刺身用カワハギの煮つけ


カワハギと稲庭うどんとの変なセット物です。

0603昼食稲庭うどんとカワハギの煮付け


夕食はご覧のように、古四王中学校17期生 還暦を祝う会 のホテルでの宴会料理。

0603夕食ホテルの宴会料理


翌朝は目の前で作って下さった、N村さんが記憶に残る フレンチトーストと、

0604朝食フレンチトースト


岩手県の郷土料理であるひっつみ汁。

0604朝食ひっつみ汁


ランチは秋田でのクラス会での前日に盛岡で打った蕎麦。

0604昼食自作の蕎麦


夜は横手市の 【松の蔵】で食べた お蕎麦。

0604夕食横手松の蔵での夕食


最終日5日の朝食は 兄が採り、義姉が作った、姫筍の煮物・天婦羅にわらびの郷土料理。

0605朝食兄が採ってくれ義姉が調理してくれた姫筍の天婦羅と煮物

アルコールの摂取カロリー以上に、食べ物はヘルシー系で、運動量が半端ない。



3日にホテルで素人カメラマン。

おそらく 機材片手に5㌔以上は歩き回りました。


4日は 午前の酒蔵見学(明日以降に投稿)と、同じくカメラマンで、8㌔以上は歩きました。


最後に。

東北復興応援の目的で、福島県と宮城県の食材を購入し、岩手県では地元の料理をご紹介しました。

2日間はあえてリンクを多くしました。 作成時間は2つの投稿で約6時間以上。


そんな事よりも、このブログが少しでも 故郷東北のお役に立てればとの想いです。


そして 私の故郷 秋田県湯沢市の稲川大舘地区は、震災の被害を受けておりません。

多くの自然がまだまだ残っています。

だから帰省すれば 田んぼと故郷の山を望む ことが出来ます。


熊本の地震も物凄い被害となりました。

地震国 日本。 

いつ 日本の何処かで発生するか分かりません。

よって 個人的に不幸をもたらす可能性が高い 原発には猛反対します!!!!!

そして、多少 税金が上がり 仮に電気代が上がっても構いません。

その代わり、まずは東電と原子力関係者の給料を見直して下さい。

国会議員や政府にお勤めの皆さんの給料もです。


今回 自民党安倍政権の人気取りか選挙対策で、消費税増税は先送りとなり、ますます景気の低迷が予想されます。

そうなるとまず被害に合うのが、年金生活者と中小企業にお勤めの方か自営業の皆さん。

日々の暮らしに困り、所得税や地方住民税の滞納も予測されます。

そうなると大量赤字国債発行の日本政府の赤字は増え、未来ある子供達の福祉や年金の予算は削られます。

日本国民全体でもっと討議すべきです。 18歳以上の若者も選挙権を得ましたから、投票は棄権することなくより政治に参加しましょう。

アンチ自民党のような終わりになりましたが、私は平和と放射能問題の無い日本と、日本の未来を背負う次世代や子供達を想い書いているだけです。

今朝も長い 自称 エッセー へのお付き合い有難う御座います。
プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ