FC2ブログ

行動すれば何かが

Category : 東京オリンピック2020
オリンピック 埼玉県都市ボランティアの事前説明会・基本研修がありましたので、さいたま市の埼玉会館でありましたので参加してきました。
大会本番までには一年半前ですが、ボランティア応募者への参加意識向上もあり早めの開催と思います。

都市ボランティアの事前説明会

当日の研修会で学んだ三大ポイントは、

①笑顔を忘れずに。②自分が楽しむ。③事前に埼玉県の良さを知る。 でした。

ボランティアとはいえ、迎える側の一員ですから確かにその通りです。
自分自身が楽しんで自然と笑顔になる事は、仕事や趣味でも生きるうえで何でも共通しますから。

そして 都道府県魅力度ランキングが下位の埼玉県民としても、地元を知り・愛して誇りを持ってお迎えする事も大事です。


本日のタイトルは『行動すれば何かが』とやや大層ですが、会場までの道中で二つの事がありました。

一つ目は会場までのアクセスは電車で、武蔵野線南浦和駅から京浜東北線に乗り換え浦和駅にて下車予定でした。
乗り換え駅の南浦和駅にて、京浜東北線の人身事故の為一時間ほどの運休が発生しました。

目的地まで一つ手前の駅ですから、スマホで検索すると距離で3㌔弱で徒歩で35分ほどで、途中下車して徒歩にて会場に向かう事にしました。
早めに到着予定にしていましたので、開始時刻前には受付を済ませ入場出来ました。

二つ目は武蔵野線の車中にて、途中乗車され隣の空いた座席に座られた男性から突然声を掛けられた事です。
お話をお聞きしていると、私よりも二回り上で今年米寿を迎える方との事。

ボランティア参加者の方の3割近くは、明らかに定年退職されたと思われる男性でした。
(説明会場の後方の席でしたから、後頭部や薄さや髪の色で分かりました。)
残りは当然女性が多く、こちらも主婦世代と思われる方が多数でした。

説明会が昼の部という事もあったので、若い世代よりも中高年世代が多かったと思います。

じっとして何もしていないより、何か行動しようとする方が多い事を改めて実感した一日でした。

オリンピックボランティア応募結果

Category : 東京オリンピック2020
遅ればせながら 新年あけましておめでとうございます。

個人的にちょっと嬉しいニュースがありましたので、ご報告致します。

2013年9月8日に2020年東京オリンピック・パラリンピック開催が決定した時点で、何らかの形で関わりたいと思っておりました。

昨年8月に オリンピック 埼玉県都市ボランティアにネット応募 しておりました。

埼玉県の都市ボランティア募集要項は


結果発表は12月末頃とのネット返信で、年末の先週に 埼玉県の都市ボランティア 選考結果 が郵送で届きました。

大会事務局の 埼玉県オリンピック・パラリンピック課ボランティア課 からの封筒は薄く、一瞬ダメかなぁと思いました。


開封してみますと。。。

埼玉県の都市ボランティア募集要項結果


結果は 都市ボランティアに採用決定の通知が入っておりました。

返す返すも、前回1964年に開催された東京オリンピックの56年後に、多少なりとも関われる事に喜びを感じております。

大会まで一年半前ですが、説明会と基本研修がさいたま市で今月の下旬に開催されますので、まずは受講して自分の出来る事を探していきたいと思います。


吉川市の市民マラソンである 【第24回 吉川なまずの里マラソン】が開催されます。

吉川なまずの里マラソンlogo


輪番で町会の役員をさせてもらった関係で、5年ほど沿道警備のボランティアを継続しております。
本年も3月31日(日)の大会にボランティア参加の要請が、町会役員経由にてありましたので受諾しました。

吉川なまずの里マラソンpamphlet_pdf_181203

申込締切は今月末まで電話・インターネットで受付しているようです。
吉川市のさくら通りの桜満開の時期と重なると思いますので、桜見物と兼ね参加でも応援でも何らかの形で関わるのも宜しいのではないでしょうか?

今の自分が出来る事で、県や地元への訪問が増え、地域活性化に多少なりとも貢献したいと思っております。

PAN は12歳 そして…

Category : キャバリア&わんこ
我が家のアイドル 息子であるキャバリアのPANも、今日30日で満12歳となりました。

PAN は12歳

今月撮影のお澄ましモードで御座います。


食いしん坊PANの為に家族がささやかなお祝いケーキを夕方に用意しているようですので、撮れたら追加でアップしたいと思います。
(PANには年一回のケーキで予想通りの大興奮、押さえていないとパチリ準備が出来ませんでした。)

PAN は12歳ケーキ


さて ネット上でしか交流していませんが、キャバリアの先輩犬2家族とは約10年アクセスをさせてもらっております。

☆彡 僕等陽気なキャバリア隊!!*゜゚・*田舎でワンわん゚・*:.。
☆彡 キャバリア メル&ルイ のんびり生活

2家族のキャバリアの先輩犬4頭(ぽぽ隊長とぷうさん&メル母さんとルイ君のブレンキャバ)を、これまたネット上でを天国への旅立ちを見送ってきました。

2家族のその時の悲しみと、乗り越えていつまでも4頭を想い続ける発信には、キャバ友先輩への畏敬の念を思っております。

人間より寿命が格段に短いワンコですから、PANにはずっと健康で楽しく過ごしてもらいたいと思っていますが、されど 人間同様に ワンコにもいつか介護が必要な時期がきます。


そんな事を思っていた最中に、図書館の家庭菜園の本の近くにあった、ワンコ関連の本で【タイトル】が目に入りました。

【犬の介護に役立つ本】 表紙モデルがブレンキャバでもあり直ぐに借り受けました。

犬の介護に役立つ本

現在 介護の仕事を勉強中の私にとっては、非常に参考になる人間の介護との共通点が多くありました。

その内容を確認しつつ、これからもPANとの楽しい日々が少しでも続けば良いと思っております。

東日本大震災復興支援

Category : 市井の人
ご無沙汰しておりました。

東北出身者として ご縁がありまして、東日本大震災復興支援についての講演とイベントをPRさせて頂きます。

講師は 高木慶子氏 演題は 「予期せぬ災害と心の支援」

髙木慶子氏ご講演①

 東日本大震災から8年目を迎えようとしています。被災地から、復興の機運が伝わってきます。
防潮堤・嵩上げ工事・避難路整備等々。しかし、被災された方々の辛く悲しい心の復興は見えにくいです。
その心の復興支援を続けていらっしゃる髙木慶子氏のご講演をしていただけることになりました。
 髙木氏は、阪神・淡路大震災や東日本大震災、JR福知山線の脱線事故等の被災者やご遺族の
方々に心の支援を続けられています。予期せぬ災害により、日常を破壊された方、愛する人を亡くされた方の悲しみ・苦しみに寄り添い、共に歩み、教育・研究・執筆・講演等をされています。
 加えて、復興支援の教育に携わり、心を癒す舞踏を研究されている舞踏家に協力していただき、フラダンスを見せていただきます。災害からの復興・命の尊さ・未来へ語り継ぐに願いを込めて、共に学びましょう。

開催日時・会場・連絡先とアクセス等は下記になります。

髙木慶子氏ご講演②

放送大学埼玉学習センター:さいたま市大宮区錦町682-2(大宮情報文化センター内)
JR大宮駅西口から徒歩5分

髙木慶子氏ご講演③

東日本大震災復興支援に関心のある方や、さいたま市近辺にお住まいの方はご参加下さい。


【追記】
陸前高田ハナミズキのみちの会 のフエイスブック にもアップされております。

陸前高田ハナミズキのみちの会 のフエイスブック

陸前高田『ハナミズキのみち』の会さんが写真2件を追加しました。

12月12日 16:48

つい先日まで小春日和で過ごしておりました陸前高田。
昨日の朝は、積雪に驚きました。
会のページをご覧の皆様にはお変わりございませんでしょうか。

今回は、いつも応援いただいております『さいたま放送大学』主催による講演会のお知らせです。

翌年2月9日(土)上智大学グリーフケア研究所特任所長の高木慶子先生による講演会が開催されます。
また、2月10日(日)はバリトン歌手の福井克明先生による講演会が開催されます。
2日間の内容として、陸前高田市へ一本松の日本画を寄贈された石原進先生の2部作3部作一本松画の展示、放送大学の皆様による震災への復興活動の展示や、「ハナミズキのみち」絵本を使った復興支援学習の様子を展示されます。

私ども会からも、参加することになっております。
お近くの皆様、どうぞご来場くださいますようお知らせいたします。


個人ごとですが、介護の仕事を継続して何とか三か月目に入りました。
時が来ましたら、ご報告したいと思います。 

サポカーに乗り換え

Category : 市井の人
現在の愛車は来年1月で満11年を超え、このままなら5回目の車検を迎える事になり、乗り換えを検討しました。

排気量は2.4lエンジンで長距離運転は楽なのですが、今後の生活を考えると燃費や運転し易さから、コンパクトカーを選択肢に入れました。

そして高齢者の交通事故が増えていますので、サポカーがより重要なポイントでした。

このセーフティ・サポートカー(サポカー)には全ての運転者を対象とした「サポカー」と、高齢者を対象とした「サポカーS」という2つの分類があります。(日本自動車会議所より)

■全運転者向け「サポカー」

全ての運転者向けの車両の愛称は「セーフティ・サポートカー」(サポカー)で、高齢運転者に限らず、全ての運転者の交通事故防止に貢献する「自動ブレーキ」を搭載した車が対象となります。
自動ブレーキシステムを搭載した車両を全ての運転者に対して「セーフティ・サポートカー」の愛称で普及啓発を行います。

■高齢者向け「サポカーS」

高齢運転者向けの車両の愛称は「セーフティ・サポートカーS」(サポカーS)となりました。
サポカーSには高齢者の安全運転をサポートする機能の対応状況により「サポカー ベーシック」「サポカー ベーシック+」「サポカー ワイド」という分類が行われる予定です。

icon_sscs_w.png  note_1807_ranking_color_001.jpg

購入した車は1.2lエンジンの「サポカーS」電気自動車になりました。

車体の色は安全面で目立つように、エンジ系のガーネッドレッドとしました。

慣らし運転もありまだ150㌔ほどしか走行していませんが、街乗りでの燃費は17㌔/lほどです。
今までより10㌔以上の改善になっています。

サポカー とはいえ運転するのは人間ですから、車の機能だけを頼らず安全運転を心掛けていきます。
プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいる元サラリーマンです。その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
Galaxy Feel SC-04J

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ